びわ。

d0011725_17225435.jpg


仕事場に向かう途中に大きなビワの木があって、柔らかなオレンジ色の実をたわわにつけています。私はビワが大好きで、そして「びわ」という歌が好きです。


びわは優しい  木の実だから
だっこしあって うれている
うすい虹ある  ろばさんの
お耳みたいな  葉のかげに


ビワの木を眺めつつ、心のなかで歌をうたいながら機嫌よく歩いていましたら、その見知らぬお家の方が少しお持ちになりますかと袋いっぱいのビワを枝ごと取ってくださいました。

思わぬことで驚きましたが、自分でも気づかぬうちにビワを食べたがっている顔になっていたのかもしれません。とても嬉しくて、ありがたく頂戴して自宅に持ち帰り、私と同じくビワが好物の義母と分け合いました。

義母は小さい頃によく木になっていたビワをとって食べたといいます。その頃の楽しかった思い出が蘇るのか、お店でパックに入っているビワもおいしいけれど、こんな風に自然になったような小さいビワが好きといって喜んでいました。

いただいたビワはとても甘くて爽やかな味でした。今日も幸せな一日です。


by m_alchemia | 2018-06-05 17:24 | 日々のこと