夜の香

d0011725_21405999.jpg先週末に伊豆高原へ家族で出かけました。小室山公園のつつじは約10万本、行ったときはまだ半分ほどしか咲いていませんでしたが、GWには今年も満開になるでしょう。それはそれは綺麗を通り越して迫力満点です。

桂と二人で花を摘んで蜜を吸いました。「甘いね~!」蜜と共につつじの香りが鼻の奥までとどいてくすぐったい感じがしました。花と遊ぶ。この感覚がとても好きです。

先日赤坂オフィスからの帰りの夜道を歩いていますと、つつじの甘い香りが住宅地の間を濃厚に漂っていてなんとも幻想的な気持ちにさせられました。昼間も同じ道を通っていますのに、不思議なことです。

子供の頃、妹とふたりで夏の夜に窓を開けて草の匂いを嗅ぐことが大好きでした。部屋の窓から首を出して二人で思い切り鼻から息を吸うのです。あの時もやはり夜でなければ嗅ぐことができなかったものでした。

夜になると植物たちは香りが強くなるのでしょうか。それとも昼間の喧騒が去ったときに私たちの意識がそちらに向くのでしょうか。いずれにしましても、私の一日の終わりをねぎらってくれるかのような自然のやさしさを感じ、大地に抱かれているような幸せを感じるひとときなのです。
# by m_alchemia | 2005-04-26 22:05 | 日々の想い

シルバーアーチ

5月7日に「シルバーアーチ」というチャリティーイベントを行います。ヒーリングをする仲間でこのようなチャリティーを行うということは何年も前からの彼(コオ)の夢でした。自分が周囲からいただいてきたものを還元していきたい。それをどこでどのような形で、ということをいつも念頭に置きながらこの数年を過ごしていたように、そばで見ていたものとして思います。

このイベントではおもにヒーリングクラス、フラワーエッセンスクラスの卒業生の方が出展者として、あるいはサポートスタッフとして自ら名乗りを上げてくださいました。ボディーワークやカードリーディングやグッズの販売などそれぞれの方が得意とするものをご自分のアレンジで自由に考えてくださったこと。主催者が暢気すぎるので、その背中を押すようにしてしっかりと支えてくださることに本当に感謝をしています。

いつもいつもたくさんの方に支えられて、というのは今回も全く同じです。
本当にありがとうございます。

当日はお越しくださった方々とも一緒になって懐かしい文化祭のように気負わず楽しめたらと思います。私自身は当日フリーでお手伝いです。いろいろな方との出会いや再会を楽しみたいと思っておりますので、是非足を運んでくださいませ。心よりお待ちしております。

http://goin.to/silverarch
# by m_alchemia | 2005-04-25 20:54 | 日々の想い

美保のひとりごと

d0011725_209853.jpgスターオブベツレヘムやタンポポが一面に咲いている場面に遭遇して、何かとても懐かしい気持ちになった。この懐かしさはどこからくるのだろう・・そう思いながら私は20分近くもその場で花たちと対峙していた。そしてふと花に手を伸ばしたときに、子供の頃に買ってもらった赤ずきんの紙芝居の絵がよみがえってきたのである。

もう30年以上も昔の話だ。祖母に買ってもらった赤いソノシートのレコードがついているもので、音楽とともに物語が流れてくる。そして「キラリン~」と音がしたら用紙をめくるようになっていた。私はそのレコードを聴きながら一人で紙芝居をめくってはよく遊んでいた。

そのなかに赤ずきんちゃんがオオカミの提案にしたがって、おばあさんのお見舞いの花を摘みに森に入っていくという場面があり、そこで咲き乱れている白や黄色や赤の花の中に赤ずきんちゃんが座っている絵があったことを思い出したのだ。

私はスターオブベツレヘムに囲まれて、一瞬その「赤ずきんちゃん」になっていた。私はいつも紙芝居のその場面がくる度に自分も花たちに囲まれてその花を摘んでみたいと思っていたことを思い出したのである。

あの時赤ずきんちゃんが摘んでいた花たちは何の花だったのだろう?季節はいつだったのだろう?どんな香りがしていたのだろう?そしてかごいっぱいになるほどに花摘みができるその場所はどんなにか美しい場所だったことだろう。

赤ずきんちゃんが摘んだ花はスターオブベツレヘムのような花だったのだろうか。子供の頃から「花は摘んではいけません」と教わってきたから、私はちょっと赤ずきんちゃんがうらやましい。花に触れて摘んだ気持ちになってみた。赤ずきんちゃんの気持ちにも少し触れたようなような気持ちになった。
# by m_alchemia | 2005-04-23 20:48 | 日々の想い

スターオブベツレヘム

d0011725_0333713.jpg今日は昨日書いたような気持ちのよいお天気になりましたので、思い切って足をのばしてスターオブベツレヘムに会いに行ってまいりました。といいましても新宿御苑ではなく、茗荷谷にある小石川植物園です。みごとに満開。美しい花が咲き広がっていました。

小石川植物園は初めて行ったのですけれども、とてもくつろげるゆったりとした静かな場所でした。人もまばらでしたので、花たちともじっくり向き合って時を過ごすことができたのも本当に幸せなことでした。今日は八重桜とツツジが見ごろでしたが、もう少しすると藤が咲いて、緑に映える美しい色を見せてくれるでしょう。写真もたくさん撮ってまいりましたので、日を追って載せていきたいと思っております。よろしければ、また覗きにいらしてくださいませ。

気がつくと2時間ばかりも園の中を散策しておりました。思いのほか日差しが強かったので、紫外線対策も怠らないようにしなければ。周囲に見とれて自分の手入れを忘れたら後が大変ですもの。。
# by m_alchemia | 2005-04-22 01:06 | 日々の想い

聖なる形

d0011725_22543664.jpg家の玄関脇に群れて咲いているハナニラ(西洋アマナ)です。形はスターオブベツレヘムと大変似ています。(スターオブベツレヘムはオオアマナ)綺麗な6枚の花弁が見事な三角形を作っています。

6という数は調和を意味します。最小の完全数(その数自身を抜かした約数をすべて足すとその数自身になる)でもあります。つまり、6であるならば1+2+3=6となるということです。6は古代から6日間で神が世界を創造したとかその他いろいろな意味で非常に神聖で力強い数とされてきました。

本来ありのままというのはこんなにも綺麗に整っているものなのだな、と花たちの均整の取れた形を見ているといつも思います。

フラワーエッセンスにあるスターオブベツレヘムの方はあらゆる心身のショックを癒してくれる性質を持ちます。心身の痛みを取り除き、本来の整った形に戻してくれる役割をします。スターオブベツレヘムも今頃から5月初旬が開花時期です。日が陰ると花を閉じてしまうので、思い切りお天気のいい日に新宿御苑などに足を伸ばすと見ることができるはず。

私も毎年ハナニラを見ながらスターオブベツレヘムを想像しておりましたが、今年は何とか本物のスターオブベツレヘムにお目にかかりたいなぁ、と思っています。

さきほど、ネットでハナニラを調べていたら、「あまり手入れのされていない庭でよく見かける」と書いてあり、笑ってしまいました。まさにうちのことです。ちなみにハナニラ(ニラのようなにおいがするから)は英語ではスプリング・スターフラワーというそう。こちらの方がちょっと素敵な名前ですね。
# by m_alchemia | 2005-04-20 23:30 | 日々の想い