<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ミカエルさんのUST

今日はミカエルさんのユーストリームのライブ放送でした。
(次回は3月28日14:00~、観覧希望の方は2000円寄付をお願いいたします。先着5名様です♪)

今日のお話の最初は「お金」についてでした。

☆お金と相思相愛になる。・・・ お金を愛する。愛しているなら、見つめてあげよう。優しい言葉をかけてあげよう。 お金をくだらないものと交換し過ぎ。自分の「恋人」をくだらないものと交換しているようなもの。そんなことをしていると「恋人」であるお金に嫌われてもしかたがないですよ。というお話から始まりました。

どうやって収入を増やすのか?の前に使い方を考える方が大切。使い方をきちんとコントロールできない前に収入だけ増えると、気が大きくなって支出も増え、結局家計は苦しくなりますよ。・・・

ここから始まって、量子力学の粒と波のお話、目的とゴールのお話、人間の器の話、いつになく盛りだくさんでした。

毎月一回、たちどまって自分の「あり方」を振り返るというのはとても重要なことだと感じながら、私も毎回参加して楽しいお話を聞かせていただいています。

来月は春休みになるので、高校生スペシャルとか。

ミカエルさんに質問してみたい、話を聞いてみたい観覧希望の高校生がいらしたら是非♪

高校生でなくても、もちろん是非。(^^)

来月は桜が咲いているかしら。。。。?
by m_alchemia | 2012-02-29 20:29 | 日々の想い

生きている人の姿は美しい

いただいたメールへの返信をとっておきたくて、
ここに残しています。

 ・ ・ ・ ・

(誰でもできるような)簡単な仕事なのにそれすらも続けられないダメな自分、ということですがそんなふうにご自分を卑下してしまうこともないでしょう。
心や体が辛い時はどうしようもなく何もできないものです。

生きている、というのはそれ自体が結構なかなか大変なものです。
決して簡単なものではありません。
ご自身も、そして「簡単そうに生きている人」も皆が
それぞれにやはり大変なのだと思います。

つまらないことで盛り上がっているように見える人も
安っぽいことで簡単に嬉しがっているように見える人も
人生何が面白くて生きているんだろうというように見える人も
何かをごまかしながら生きているようにしか見えない人も
まぶしく見える人も・・

皆、きっとどこかに不安があって、それを感じたくなくて
生きているんだろうと思います。

でも、そんな風にであっても、それはそれで
結構幸せに生きていかれるというのも事実です。
私自身がそうだからです。^^

人間と言うのはそのくらいの強さは持っている生きものだと
私は思っております。

早くお元気になってくれることを
心から望んでおります。

長くなりました。
今日も、とっても寒いですが
どうぞあたたかくお過ごしくださいね。
by m_alchemia | 2012-02-28 11:57 | 日々の想い

思いと動作

今日は久しぶりに受け取った(湧いてきた?)メッセージです。

「始めるために片づけるのではなく、片づけるために片づけなさい。」

何かを始めるエネルギーと終わらせるエネルギーは質が違う。
だから何かを始めるために、今やっていることを終わらせようと思うと
気持ちの中に違和感が残る。

例えば、
遊びに行くために仕事をしてお金を稼ごうと思う。そこまではいい。
その後は「遊びに行こうと思って仕事をする」のではなく、
「仕事をしようと思って仕事をする」こと。

新しいことを始めるために、今やっていることを終わらせようと思う。そこまではいい。
その後は、「始めるために、今あるものを終わらせる」のではなく、
「終わらせるために今やっていることに集中する」こと。

「考えていること」と「やっていること」が一致している方が
シンプルに生きられる。

・・・というものでした。

私はゆっくり休むためにと思って、仕事を片づけたり
仕事をやるために、その前にと思って、家事に手をつけたりしていたので

いつもどこか、やっていることと
その時欲していることがズレている感じがして気持ちがスムーズにいかないで
いました。

ささいなことだけれど、こんなところでも自己一致って
大切なんだなと思った次第。

気持ちがすごく楽になりました。
複雑にして難易度を上げていたのは自分なんだなぁ、という気分です。
by m_alchemia | 2012-02-22 17:59 | 日々の想い

シンプルな小さな幸せがたくさんあったらいいな。

以前にも書いたのですけれど、今私は放送大学大学院の修士科目生(聴講生のようなもの。無試験で入れます)をやっているのですが、その学期末試験が先月ありまして、単位認定書が昨日送られてきました。

臨床心理面接特論と臨床心理学特論。Aと特Aでした。普通にやれば普通に取れる試験ですので、別段難しいことはなにもないのですが、目に見える形で達成度が分かるというのは単純に嬉しいものです。

それが今後の人生に役立ったらそれはそれで嬉しいですし、
役立たなくても達成感が得られたのでそのことだけでも十分に嬉しい。

昨日はそんな、シンプルに幸せな日でした。(^^)

今日は、いま彼(コオ)と美味しいパスタランチを食べて、戻ってきたところです。
今日もシンプルに幸せな日です。(^^)

美味しいランチは今の幸せだけれども
「あの頃、いろんな所においしいランチを食べに行ったね♪」というのは
いつか、いい思い出になって、未来の自分をきっと幸せにしてくれる。

今日一日の努力が未来の幸せに繋がっているようでありたいと思います。

今日一日の幸せが未来の幸せに繋がっているものであってほしいと願っています。


☆お知らせです☆

2012年5月開講のフラワーエッセンス・FESクラスは水曜日・土曜日・日曜日クラスが
満席となりました。火曜日クラス、およびBachクラスは空きがございます。

by m_alchemia | 2012-02-17 14:41 | 日々の想い

「私たちは幸せをタップリと味わうために生まれてきた」

HAPPIER 幸福も成功も手にするシークレット・メソッド」 (タル・ベン・シャハ― 著)
を読んでいます。

ポジティブ心理学について調べていて、たどり着きました。

ポジティブ心理学とは人の心を病や障害といった方向から人の心をとらえるのではなく、愛や感謝や幸福などの肯定的側面に焦点を当てて研究するというもので、1998年にアメリカ心理学会会長だったマーティン・セリグマンによって提唱された新しい心理学です。

(その詳細は『世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生』(マーティン・セリグマン著)に書かれています。)

すなわちポジティブ心理学は「幸せになる方法を研究する新しい学問」であり、これがアメリカで大きなブームを巻き起こしており、100以上の大学で正式な履修科目として教えられているといいます。

「HAPPIER」の著者であるシャハ―博士のおこなった「幸せになるための講座」は2006年にハーバード大でもっとも人気のあった講義となり、この本はそのダイジェストとなっています。

さて、その本の中で奇蹟のコースに出会いました。(^^)
こんな風にです。

  作家、マリアン・ウィイリアムソンが著書「愛への帰還ー光への道『奇蹟の学習コース』」
  (大内博訳 太陽出版)のなかで説明しています。

  私たちが内側でもっとも恐れているものは、何かをうまくできないことなどではなく、
  私たち自身の果てしない可能性です。

  私たちをもっとも怖がらせているのは、私たちの闇ではなく、私たちの光なのです。

  私たちは自分に言い聞かせています。

  「こんな自分が、光り輝く、華麗で、有能で、驚くべき人間になど、なれるはずがない」。

  しかし実際には、誰もが、そんな人間になれないはずがないのです。
(P.223)


私たちは幸せをタップリと味わうために生まれてきたのだと、シャハ―氏はいいます。

宗教と精神世界と心理学が一つにつながりつつある、そんな感じを受けています。
by m_alchemia | 2012-02-16 10:37 | 日々の想い

ピアノマニア

映画「ピアノマニア」を観てきました。

先日、美容院でたまたま読んでいた雑誌に「ピアノマニア」の映画評が掲載されていて
どうしても観たくなりました。

「世界の名だたるピアニストたちから絶大なる信頼を寄せられる現代最高峰の職人が過ごした“もっとも長い1年”の記録」というのが、この映画の紹介文なのですが、その究極の音色にこだわる姿勢と美しい音楽に、ただただ感動です。

よく「どうしたら執着をはずせるようになるのか」という難しい問いかけを
お客さまからいただくことがあります。

私はまずは「執着をはずそう」というこだわりから解放されることではないかと
そういう時、感じるのですが

この映画はどこまでも音にこだわる職人と芸術家たちのドキュメンタリー映画です。

執着もその方向性によっては感動と幸せを生みます。

人間は愛するものにどこまでもこだわっているとき、とても幸せを感じるものなのかもしれません。

今日はレディースデーと重なっていたこともあるのか、立ち見となりましたが
(でも私は結局、床に座って観ていましたが・・)、大満足でした♪

上映場所が限られていますが、チャンスがあったら是非。

おすすめの映画です。(^^)
by m_alchemia | 2012-02-15 20:11 | 日々の想い

「努力を注ぐだけの価値が自分にはある」

今日は電話セッションがあるのみなので、自宅にこもって本を読むことに。

今読んでいるのは「米国製エリートは本当にすごいのか?」(佐々木紀彦著)です。
タイトルと中身が合っていないというレビューも見つけましたが、
私はその合っていない部分も含めていろいろと学ぶことが多かったです。
(現在、再読中。)

さて、昨日の記事の中で

「本物のエキスパートになるための『10000時間の法則』。1日3時間ずつ10年取り組めば、その分野の仕事に精通し、誰もが認める専門性を身につけられる。」

という「サムスン式仕事の流儀」(ムン・ヒョンジン著)からの引用を載せましたが、

それについて、「問題なのは10年かけたら一つのことが身につけられるということが分かっていても、その10年かけて何かを身につけるだけの価値が自分にはないと、個々が信じていることなんだ」と彼(コオ)が言いました。

奇蹟のコース(第4章)にある文章を彼が教えてくれました。

「・・・問題はそれに専念できるかどうかではなくて、絶え間なく努力を注ぐに値するほどのものは、自分自身をも含んで誰もいないと信じていること。」

絶え間なく努力を注ぐだけの価値が自分にはある。

忘れてしまいそうになるけれど、大事なことですね。



☆お知らせ☆

フラワーエッセンス・FESクラス(2012年5月開講)の水曜日クラスは満席となりました。
土曜日クラス・日曜日クラスは残席1名です。

by m_alchemia | 2012-02-14 10:33 | 日々の想い

私は本当に人に恵まれていると感じた一日でした。多謝♪


昨日2月11日はお話会「本気の三人会」を無事開催させていただきました。
お忙しい中、お時間をつくってくださり
定員を超えるご参加をいただきましたこと、心より感謝しております。
ありがとうございました。

ヒーラー高田氏とやすらぎの部屋の二人が三人それぞれに
持ち時間の中でめいいっぱい話をしたので、
味付けの濃い料理をお腹いっぱい食べたような感じではあるかと思いますが
それぞれに楽しんでいただいて、参考になるものを使っていただけたら幸いと感じております。

私が昨日お話させていただいたのは

「嘘を言わない・愚痴を言わない・言い訳しない・見栄をはらない」

そして、「無理をしない・楽をしない」

という「ないないづくしの人生」を歩んでいくと、自然に人生は選択できるようになっている

という内容でした。

やりたいことが見つかっている時はそれに向かって進んで行けばいいですが

やりたいことが見つからない時は、そのことに悩んだりせずに

とにかく「ないないづくしの人生」を日々歩んでいれば、大丈夫。幸せになれます♪

・ ・ ・ ・

今回2年ぶりに大勢の皆さまの前でお話をする機会をいただきました。

何をお話しようかしら・・と考えて書きだしたトピックは20個。

そのうちの3個を原稿に落とし込んで、
実際には昨日はそのうちの2つをお話させていただきました。

いつか、どこかで機会をいただけたら
残りもお話してみたいと思っています。(^^)


☆ お知らせ ☆

本日2月12日(日)より、
第19期フラワーエッセンス・Bachクラス(5月開講)、第5期フラワーエッセンス・FESクラス(5月開講)の募集を開始いたしました。再受講も大歓迎です♪ お待ちしております。

by m_alchemia | 2012-02-12 10:07 | 日々の想い