<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夏越の祓

今日6月30日は夏越の祓(なごしのはらえ)の日です。
大晦日の年越しの祓と共に、大祓いの日。今年前半の厄を落として残りの半年を健康に過ごすための神事ですね。昨日の内に大祓いのための人形(ひとがた)を家族分、神社に納めてまいりました。

思い返すと今年の初詣で引いたおみくじには

  「暑い寒いと嘆くも無駄よ、苦情を言わずに、にこにこと」

  暑い、寒いと不平を言うのは、神様の御心にそむく無駄事です。
  暑さに耐え、寒さをしのぎ、これに順応し、これを克服する方法を講じて、
  黙々と、にこにこと、朗らかにやっていきましょう。

と書いてあります。
私はこのおみくじを持って帰ってきていて、この半年に何度見直したことでしょう。

自然が為す業というのは、所詮人間ではどうにもできないものと思います。人間が自然を克服し、コントロールできるものという気持ちがあればあるほど、自然の活動は想定できるものという信念が生まれ、そしてゆえにあらゆる自然災害は人災だというような極端な考えにも至るように思います。想定できるという考えがなければ、「想定外」という言葉も生まれません。

幕末の頃に起こった大地震に際して、津波の甚大なる被害を受けても黙々と復興をする人々や、江戸の大火で1万人規模の死者が出た際でも1週間後にはバラックのような建物が立ち、商人が商売を始めている様子を、当時日本を訪れていた外国人が驚嘆と共に記述を残しています。
☆黄文雄著 『日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか』(徳間書店)

自然の起こす現象に対してあれこれというのは、神様の御心にそむく無駄事である、というのが古くからの日本人の考え方なのだなと思います。

どんな状況の中にあってもにこにこと、とはいかなくても、せめて不平を言わず黙々と乗り越えていきたいですし、いけるはずだ!だって日本人のDNA持ってるもん!!というところでしょうか。(^^)

今年前半の穢れを綺麗に祓っていただいて、後半も気持ち良くすごさせていただきたいと思っております。
by m_alchemia | 2011-06-30 15:51 | 日々の想い

オリーブ

この間、家族と話をしていて久しぶりに落ち着かない嫌な気持ちになりました。

それで、ああ、なんでこんなに面倒なのかしら・・・などと思いながら
しばらく気持ちを持て余していました。

翌日になってもその感情が減っていかないので、さてどうしたものか?と思って
ふと思い立って自分のためにペンデュラムでエッセンスを選んでみましたら
オリーブが一本だけ選ばれました。

オリーブのエッセンスは肉体的な疲労に対するエッセンスです。

私は怒っているのかしら、苛立っているのかしら、落ち込んでいるのかしら、
徒労をを感じているのかしら、と思っていたのでこの結果は意外なものでした。

ふ~んオリーブねぇ、と思ってエッセンスを飲みながら今日に至っているのですが、

今朝になって「超訳 ニーチェの言葉」の中に

「自分をだめだと思ったり、人に対して憎しみを覚えたりしたときは、疲れている証拠だ。
そういうときはさっさと自分を休ませなければいけない」

と書いてあるのを見つけました。
(ちなみにこの「超訳 ニーチェの言葉」はかなりレビューでたたかれていますが、ニーチェと関係なく心を豊かにするための本として読めば非常に学べることの多い本です。そしてこの☆1つ~☆5つまでのレビューひとつひとつがかなりおもしろかったです。^^)

この本の中のニーチェは、特に一日の終わりのように疲れきっているときに反省なんかしてはいけない、
自分や他人の悪いところばかりが目について、ウツの原因になるというようなことをいいます。

いつもなら、なんとなく読み飛ばすところでしたが
オリーブを飲みながら、いやいや、本当に大事なことだねぇと思いました。

湘南は海開き(7月1日)もまだなのに、うだるような暑さです。

人に優しくなれなかったり、人と比べて落ち込んだりして
自分らしくないなぁという気持ちがするときは
まずしっかりと疲れをとることが大事だ、ということを学びました。

考えるのならそれからでも遅くはないし、その方がいい解決方法も見つかるかもしれません。

この夏も疲れを残さず、穏やかで前向きな自分でいたいなと思います。
by m_alchemia | 2011-06-29 14:37 | 日々の想い

まっすぐ歩く

井上裕之さんの「奇跡力」という本の中にデカルトの「方法序説」からの引用がありまして、それを引用させていただきます。(ちょっとややこしいですね・・・^^;)

「旅人はあちらに行き、こちらに行きしてぐるぐるさまよい歩いてはならないし、まして一か所にとどまってもいけない。いつも同じ方向に向かってできるだけまっすぐ歩き、たとえ最初おそらくただ偶然にこの方角を選ぼうと決めたとしても、たいした理由もなしにその方向を変えてはならない。というのは、このやり方で望むところへ正確には行き着かなくても、とにかく最後にはどこかへ行き着くだろうし、その方が森の中にいるよりは多分ましだろうからだ」

デカルトの時代はどうだったのか分かりませんが、現代の日本では、もしかしたら山で道に迷ったらできるだけ動かずに救助を待った方がよいということになっているのかもしれません。

ただ人生における「道」においては、旅人である私たちはじっとしていても誰も助けには来てくれないだろうし、その点でデカルトの上記の言葉は心に響くものがあります。

とにかくまっすぐ歩き続ければ、どこかには出る。

私はそれこそたいした理由もなしに、縁あって出会った「フラワーエッセンス」の道をまっすぐに歩いてきました。自分の当初の予定では自分の母と同じような専業主婦でいるはずのところを、フラワーエッセンス・錬金術・タロット・自然療法・・という言葉を頼りにまっすぐまっすぐ歩いてきたら、想像もしていなかった所に出たという感じがしています。そしてそれは楽しく幸せな場所でした。

この先もこのまままっすぐ進んでいくと、どこにたどり着くのか見当もつきませんが、でも行けるところまでまっすぐ行ってみようかと思っています。

足腰、鍛えないとね。(^^)
by m_alchemia | 2011-06-26 21:09

顔を洗うことは心を洗うこと

この間、洗顔はとにかく時間をかけてやさしくゆっくり丁寧にするだけでとても綺麗になるんですよということを、本で読みました。

書いてあったことはだいたいこんなことです。

顔を洗うのは、心を洗うのと同じ。
だから一日の心の汚れをとるつもりで、優しく顔を洗うと、心もリラックスしますよ。
急いで洗って、パンパンってたたいたりしても細胞がきゅっと縮まってリラックスできないんです。やさしくゆっくり洗ってあげるだけで驚くほどシミもしわも目立たなくなります。年齢は関係ありません!

それで、ちょっと真に受けて一生懸命やさしくやさしく顔を洗っています。(^^)

洗顔でもお料理でも、仕事でも、急いでパンパンって仕上げていくのは威勢はいいけれど、
それだけでは大切な何かが欠けてしまうのかもしれませんね。

今日も一日ヨロシクね♪ とか、今日も一日ごくろうさま♪ と一声かけて、毎日優しく顔と心を洗っていくと、若返っていくでしょうか。。

44歳という自分の年齢を考えることが多くなってきたなぁと思う、今日この頃です。
by m_alchemia | 2011-06-23 21:10 | 日々の想い

スプレンディッド・マリポサリリー

夏至です。このところ雨模様の日が多かったので、暑いとはいえ、夏至の日にお天気に恵まれるというのはやはり、嬉しいものです。でも、まだ真夏も迎えていないのに、今日を境に日が少しずつ短くなるというのが本当に不思議・・・。

今日はクラスに来て下さったIさんが「美保さんは(FESレンジオブライトシリーズの)
スプレンディッド・マリポサリリーを使ってどんな感じがしましたか?」と聞いてくださいました。

ん~、これがなかなか難しい。(^^;)効果は感じているのだけれども、とにかくレンジオブライトのシリーズは、その効果を言葉で表現するのが難しい。でもそのことはプラクティショナーのIさんもとてもよく理解してくださいました。

一言で言うと、「私にはとても合っているエッセンスでした。」(・・・全然答えになっていない^^;)

そしてもう少し付け加えると、「優しいままでいい」という感じがしたということでしょうか。

ちなみに、スプレンディッド・マリポサリリーは「世界の母」というテーマをもったフラワーエッセンスです。

優しさって簡単なようで結構難しくって、

優しくし過ぎるのは相手にとってもよくないとか、依存を生むとか、お人よしすぎるのではないかとか、中途半端に優しくしてそれで最後まで責任が取れるのか、とか、いろんな考えが出てくるのです。あるいは人から忠告をいただくこともあります。「そこまでする必要ないと思うよ」というふうに。

そうすると忠告してくれた人への思いもあって、今度はその優しさに線引きをしようとして、人に冷たくなってしまったり、でも冷たくなりきれなくて余計に変なことになってしまったり。。

ああ、優しさを表現するって結構面倒なものなんだなぁと思ったこともありました。

人に優しく対応しても、その人が感謝してくれるとは限らないし。
それで、ああなんだか疲れちゃったなぁと思ったり。

だからどこまで人に優しくていいのか、ちょっと分からなくなっていたこともあるのだと思う。

けれどもスプレンディッドマリポサリリーを使ったら、

「どこまでも優しいままでいい」という感じがしました。

自分で言うのもなんですが、私はすごく優しい人なんです。(・・・とかなり勇気を持って言ってみる)
そうは思われないかもしれないけれど、実は本当に優しい人だということを私自身は知っていて、そしてそのままでいいと言われた感じがしたんです。

その時私は「世界の母(スプレンディッドマリポサリリー」に抱き締めてもらったのかもしれません。

その点で私は私なりの優しさの表現に対してぶれることがなくなりました。

そんなエッセンスでしたねぇ。

・・・とIさんにはうまく言えなかったので、ちょっとだけ書いてみました。(^^)
by m_alchemia | 2011-06-22 18:17 | 日々の想い

コンビネーションのご感想をいただきました♪

先月(5月)に発行したメールマガジン「フラワーヒーリング日記・2」でご紹介したフラワーエッセンスのモニター様よりいくつかご感想をいただいております。
ご感想をくださいました皆さまありがとうございました♪

先月はベストコンディションのためのフラワーエッセンスと称して「セルフヒール・モーニンググローリー・ジニア・ダンデライオン」のコンビネーションのご紹介でした。

 ・ ・ ・ ・ ・
(M様より)

2週間で飲みきりました。毎日飲みたくてしかたない存在でした。2歳の子供も飲みたがりましたので少し与えました。

飲んでからすぐ、ダイエットに目覚めました。 運動が苦手な私が体を動かすという方法で、毎日
30分体を動かしています。
成果はでてないのですが、毎日続けられているというのがすごいなと思います。

そして、体を動かし汗をかくのが気持ちよいと感じられるようになりました。全身運動をしているせいか、肩こりもいまのところつらくありません。これで、体重が減ったら、なおうれしい毎日を過ごせるのになと思います。でもやせて喜んでいるイメージがすっごく湧き上がっているのでなんか本当にやせそうな気がします。

今までダイエットなんてやる気がなかったのに、目覚めたのが不思議です。このコンビネーションの作用でしょうか♪


(T様より)

初めて飲んだとき、気分がぱっと明るくなったように感じました。主に、いつも効率よく動きたいときなどにフラワーエッセンスを飲んでいますが、やはり途中で挫折して休憩することもなく、動けているように感じています。

 ・ ・ ・ ・ ・

その他にも、体がスムーズに動く、気持ちが上向いているといったご感想もいただいております。

フラワーエッセンスが過去のショックやトラウマを癒すとか、不安を取り除くといったマイナスの状態に使用するだけでなく、現在の良い状態をもっと良い状態にしていくためのサポートして使われる機会が増えていることを実感しています。

ひとり一人がもっと自由に、もっと伸びやかになるためにフラワーエッセンスを上手に使って、皆で楽しく幸せになっていけたら素敵だなぁと思っています。

第18期フラワーエッセンス・Bachクラスの募集を開始いたしました。2011年9月スタートです。Bachのクラスではありますが、お持ち帰りいただけるエッセンスのコンビネーションボトルはFESのエッセンスも自由に組み合わせていただいております。

皆でワイワイとエッセンスのお話をしながら、各自の興味あるエッセンスを自由に選んで持ち帰っていただいております。皆さまと充実したクラスの時間を過ごせますことを楽しみにしております。
ご参加をお待ちしております♪(^^)
by m_alchemia | 2011-06-20 21:03 | 日々の想い

滋味

この3ヵ月ほどの間に自分の中で大きな変化が起きています。

通常、あまり出来事と心境の変化など、何かと何かを単純に結び付けるような考え方は好まないのですが、それでも3月の震災を境に自分が何かを「飛び越えた」感があるのは否めません。

その最も大きいことの一つは「時間効率」です。
どういうわけか、効率的・合理的にものごとを進めることが本当にできなくなってしまいました。

分からない事柄もこれまではインターネットである程度調べれば自分の中でおさまりが
ついていたのですけれど、今はネットで調べた上で実際に原本にあたって見たり、
図を本を見ながら自分でも同じように描いてみたり、、、まぁ時間がかかることこの上ない。(^^;)

本もこれまでは一度読んで、次の新しいものを・・という感じだったのですが
最近は以前読んだ本の読みなおしに精を出しています。
それもいちいち付箋を貼って、読み終わったらそれをノートに書きだして、という具合なので
なかなか先に進まず(それでも一週間に3,4冊は読んでいますが)・・・

なんだか全然違う自分になってしまったみたいで不思議です。

昨日は以前観た「天使にラブソングを」のDVDを借りてきて家族で観て
夜は佐伯泰英氏の時代小説を読みなおしていました。

そしてさらには新しいものに触れた時より、以前のものに再度触れたり、時間をかけて
じっくり調べたりしている時の方が、新しい発見があったり、その時の充実感が大きかったり
してその方が楽しくなってしまいました。

私はもしかしたら「今あるもので満足する」ということの意味がよく分かっていなかったのかもしれません。「今あるもので満足する」というのは「今あるもので我慢する」ということではないんだなぁ、と感じています。今あるものの中にはまだまだ自分が発見できていない部分がたくさん潜んでいて、それを引き出してくる楽しさがそこにはあるんだなぁという気持ちです。

同じものでも、何度も繰り返し触れていたり、時間を少しだけ余分にかけると
その奥からどんどん泉のように湧いてくる「滋味」がある。

一日にこなしたい日常の仕事量も、以前はうまくこなして、できれば3つ、4つ、 5つ・・という感じでしたが今はせいぜい2つに留めたいし、それを丁寧に味わいたいという気持ちの方がずっと強くなりました。ですからどちらかというと、最近は2つにするにはどうすればいいのか、という工夫の方を考えています。

地震には関係なく、年齢的な移行なのかなぁ。。。体力がなくなったのかなぁ。。。(^^;)
まあ、それもあるのかもしれませんが、心が豊かになった気分で嬉しいです。(^^)
by m_alchemia | 2011-06-17 11:23 | 日々の想い

強気でいきる

久しぶりに風邪をひいた、という記事で前回止まっておりますが・・・(^^;)
元気に動き回っております。

仕事の合間を見計らって。鵠沼かぼちゃを買って実家に持っていったり、
(これはすごくおいしい!この時期にしかありませんので、
鵠沼にいらした際には是非八百屋さんに寄って行ってください。ちょっと重いですが。。)

庭木の剪定に精を出したり、久しぶりに友人に会いに出かけてきたりと
相変わらずな日々を過ごしています。

ところで先日ある方から仕事の依頼が全くなくなって焦っているというメールをいただきました。
そういうお話がいくつか続いたものですから、
(震災以後、すごく忙しくなっているというお話も多く伺うようになっています)

それについて考えながらお風呂に入っていましたら
「不景気な時ほど強気でいること。弱気になったらいけない」という言葉が湧いてきました。

それをそのままメールで返信したわけではなかったのですが、その後
本棚にあったアイリーン・キャディの「心の扉を開く」という本を開きましたら
同じように「弱気にならないで」という言葉が目にとまりました。

印象的なメッセージでしたので引用させていただきます。

 ・ ・ ・ ・ 

いつもあなたの前には、梯子の次の段があなたの挑戦を待っています。
弱気になることなく、つねに最上段をめざして昇りつづけなさい。
人生は変化であり、成長なのです。

(中略)

もしあなたのなかにたえず変化が起こっていないとすればきっとどこかに問題が
あるのですから、その正体をつきとめて、手を打たなければなりません。

変化に逆らおうとはしないで、変化を受け入れ、変化と共に流れなさい。
それは必ずしも快適とはいえないかもしれませんが、
少しぐらいの不快感は喜んで受け入れなさい。

やがて輝くばかりの新しい種子が、あなたの中で芽をふき、成長して
あなたを光と愛とインスピレーションに満ちた、
まったく新しい人間にかえてくれるでしょう。

 ・ ・ ・ ・ ・ 

庭で植物と対峙していると、毎日変化しています。
決してとまることがありません。

強気で、本気で、変化を受け入れることなんだ、と思いました。

日本も強気で、本気で変化を受け入れていこうとすれば・・・
「必ずしも快適とはいえないかもしれない」けれど
その先があるという感じまで、しました。(^^)

その方を通じて、私も大切なメッセージをいただきました。
ありがとうございます♪

その方も大きな変化の時期をしっかり乗り切っていかれることと信じています。
心の中で応援しています♪
by m_alchemia | 2011-06-14 22:13 | 日々の想い

鬼の撹乱

d0011725_20363114.jpg


沖縄では早くも梅雨が明けたと聞き、今年はいろいろなことが例年と違ってきていることを実感。
おそらく体の方も今までとは違った環境に戸惑っているように感じていて
体調を崩していらっしゃる方も多いのではないかしらと思っております。

先日すごく珍しいことに熱を出しました。
朝は普通に起きたのですが、10時過ぎに寒気がして
正午には熱が39度近くまで上がってしまいました。何年ぶりのことでしょう。

これから電話セッションがあるんだけれど、さてどうしたものか・・と思いながら
ホメオパシーのレメディを口に含んで横になっていましたら
2時間後には37度台まで熱が下がったので、そのまま電話セッションをお受けして
セッション後には36度台まで下がっていました。

はあ、ビックリしました。(^^;)

夕食は家族にも手伝ってもらいながら普通に作って、普通に美味しくいただいて。

そんなに熱を出すなんて珍しいね、と家族に言われたので
そうね~、いやぁ、やっぱり私も人の子なのね~♪ (^^) と言ったら

いや、人の子は普通39度も熱が出たらそんなにすぐに回復はしないでしょ、と言われました。

・・・? これは鬼の撹乱ということ?? 人ではなくて鬼???

もちろん翌日は普通に起きて、普通に食べて、元気にクラスをさせていただきました。
ありがたいことです♪

ちなみにお世話になったホメオパシーは、家庭用キットの中から
ペンデュラムで選んだアコナイトとベラドンナを1粒ずつです。
ホメオパシーは家族で本当にお世話になっています。

皆さまもどうぞお体にはお気をつけてお過ごしください。
by m_alchemia | 2011-06-09 21:01 | 日々の想い

比率

d0011725_201235.jpg


今月のフラワーエッセンス・Bachクラスでは錬金術をテーマにお話をしております。

人間は宇宙(マクロコスモス)の縮図としてのミクロコスモスであり、それらは互いに影響しあっているというのが、フラワーエッセンス療法を考えていく上での大切な見方になります。

そのクラスの中で、これからまた大地震がやってくる?というネット上に流れている噂に対して、「スピリチュアル的に見れば、これは地球がバランスを取り戻そうとして起こしているものであるし、それに対しては1%の人の意識が変わると世の中全体が変わると言われている」というお話が参加者の方から出ました。

その話が真実であるかどうかは脇におくとして、お話を伺っているうちに、錬金術にならって、宇宙の法則である比率をそのまま縮図である自分の中に当てはめるとするならば、「世の中の1%の人の意識が変わると世界が変わるのなら、自分の生活習慣の1%が変わると自分を取りまく周囲が変わる」ということになるのだなと気がつきました。

そしてクラスにお越しくださった他の参加者の方からは「自分の生活を1%変えることなら私でもできるかもしれない」という意見もいただきました。

地震ということをとれば節電をするということもそうでしょう。家族との絆を今までよりも少し大切にするということもよいかもしれません。自然との触れあいを大切にするというのも素敵です。

ひとりひとりがいろいろなアイデアで自分の1%を変えていくと、何かが大きく変わっていくと思ったら、なんだか行けそうな気がしてきました。(何がっていうのがうまくいえないんですが・・・^^;)

クラスは毎回、どのクラスも私にとりまして、とても刺激があり、
また奥深いものを与えてくれる場となっております。

この日もあらためてそのように思った次第です。ありがとうございました♪ (^^)


  第18期フラワーエッセンス・Bachクラスは2011年9月よりスタートいたします。
  募集は6月19日(日)9:00a.mより行います。
  各クラス4名となっております。
  皆さまのご参加をお待ちしております♪

  クラスの日程はこちら → ☆

by m_alchemia | 2011-06-07 20:38 | 日々の想い