<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「英国王のスピーチ」

何人かの知人に勧められて映画「英国王のスピーチ」を観に行きました。

良い作品だとは聞いていましたが、声を通して表現される言葉の持つ重みを
しみじみと感じました。

この「英国王」とは現在のエリザベス女王2世の父にあたる、ジョージ6世で、
ひどい吃音をもつジョージ6世が、風変りな言語療法士の助け得て障害を克服し、
第2次世界大戦開戦にあたり国内外の国民を勇気づける見事な戦争スピーチを
行っていく実話です。

ストーリーの中にはヒトラーの演説の場面も出てきますが、
力のあるスピーチというのは本当に多くの人の心を支えるし、
動かしていくものなのだと思いました。

映画「インディペンデンスデイ」に出てくる大統領の演説もカッコいいのですが、
今回はそれ以上にその内容に感動した、というのが、彼(コオ)と共通の感想です。

そして、よく、言葉の限界といいますか、感じていることをすべて言葉に表すのは
不可能だということを耳にする中で、私はいつの間にか「どうせ不可能なら・・・」というような
感じで発する言葉の重みを軽視してきたのではないだろうかと思い始めています。

いやいや、そんなことはない。
確かに限界はあるかもしれないけれど、私の場合は限界の遥か手前でやめているな、と。
もっと洗練された、もっと人の心に届く、そんな言葉や、話し方というものが
あるのではないかと、そんなことを思っています。

そしてジョージ6世に関して言えば、話せないからといって
職を変えることもできない。その与えられた運命の中で周囲の人に支えられながら
自身も国王として多くの国民を支えていく姿にいろいろなことを感じさせられました。

よく精神世界で言われるように「魂は全てを自分で設定して生まれてきた」のであれば
王になるために、あえて吃音になるということを設定して生まれてこなくてもよかったはず。

でも彼の魂は少なくともそれを選び、その苦悩と向き合った姿が現在でも英国の歴史に
刻まれる形で残っている・・・

いい映画でした。(^^)
ご紹介してくださいました皆さま、ありがとうございます♪
by m_alchemia | 2011-05-31 08:27 | 日々の想い

根拠のない自信

まだ5月というのに今年は早くも梅雨入りをしたということで、雨の毎日。本来は私なりの「晴耕雨読」といきたい季節なのですが、「雨読雨読・・・」な日々が続いております。ちょうど書棚を整理しようと思っていましたので、本を処分する前にもう一度と、いろいろな本を読みなおしています。

その一冊として「脳が変わる考え方」(茂木健一郎 著 PHP)を再読しました。

  脳の前頭葉には「楽観回路」というべきものがあり、できるだけ楽観的に脳を使っていないと
  脳の潜在能力が発揮できない。

著者はこの楽観視を「根拠のない自信」という言葉でも表現しています。

・・・・根拠のない自信は子どもたちはみんな持っています。赤ちゃんとして生まれてきて、最初にハイハイするときに、「私、ハイハイできるのかな」「今日はちょっと自信がないからやめておこう」などと、思ったでしょうか。

子どもというのは、素晴らしい能力をもっているのです。自分ができるかどうかなど気にしないで、飛び込んでいけるのです。 (引用P.76)

そういえば、桂を見ていると小さいころから(今でも)確かに「自分が本当にしたいことであれば、それが果たして自分にできるかどうかをあまり気にしていないように感じて、驚嘆したことがありました。

例えば見本を見ながら作るようなものでも、自分でも作れそうなものを探すというよりは、自分が作れたらいいなと思うものを選びます。

それが結果的にかなり上級者向き?と思うものになったりすることもあるのですが、本人は別に、闇雲に難しいものにチャレンジしたいとか、それを仕上げて周囲をアッと言わせたいとかそういうことを思っているわけではなさそうだという部分にいつも感心します。

そういう時、私は咄嗟に「それは大変そうよ。こっちの方がいいんじゃない?」と言いたくなってしまうのですが、それは暗に「あなたにはそれができる能力がない」というメッセージを含んでいるような気がして、その言葉を押しとどめで横で見守ってきたように思います。そして結果的に私はとても勇気をもらったように感じています。

人間というのは「できると分かっているもの」には対して面白みを感じない。「できないと分かっているもの」だと苦痛が大きくなってしまう。

だから「できない」と思ったことは極力やらないで、「できるかもしれない」と思えるものにとにかく夢中になってみるというのが一番ワクワクできるのではないかと思いました。(そのうちに「できない」と思っていたことも、もしかしたら「できるかもしれない」に変わってくるかもしれません)

茂木さんはそれを「偶有性」という言葉で表現しています。
ある程度予想はつくけれども、予想がつかないことも含まれる。このバランスがちょうどよいと脳はとても活性化する。予想がつきすぎるのも退屈だし、予想がつなかすぎるのもストレスがたまる。

インターネットに興味を感じるのもそのあたりにポイントがあると分析をしていました。
つまり「フラワーエッセンス」というキーワードを入れると、「フラワーエッセンス」に関する知りたい情報が見つかると同時に、意外な情報までヒットしてくる。その「偶有性」が脳に快楽を与えるということなのでしょう。

日常生活も「予想がつくもの」と「予想がつかないもの」の割合がいい塩梅になっていると、少なくとも脳は最大限のパフォーマンスをしてくれる。ということなのかと思いました。そして「できるかもしれない」と思うには「根拠のない自信=楽観」がキーワードということなのかと思います。

現実逃避としての楽観視には気をつけなくてはいけませんが、脳を最大限に生かすためにはとても大切なことなのだと勉強させていただきました。
by m_alchemia | 2011-05-29 09:29 | 日々の想い

夏色のサンダル

☆お知らせ☆

  2011年9月開講のフラワーエッセンス・Bachクラスの日程をUPいたしました。→ 
  お申し込みは6月19日(日)からとなります。皆さまのご参加をお待ちしております♪


フラワーエッセンス・Bachクラスのご案内 → 


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


先日いらしてくださったお客様がとても綺麗な夏色のサンダルを履いていらっしゃいました。

お店の信頼している店員さんから、勧められたものとか。
本当にお似合いで素敵でした♪

今年は特に強調されるエコと節電のための暑さ対策ですが、
人の目にも涼やかなものを身につけるというのは良いアイデアかもしれません。

クールビズもこの夏はさらに加速しそうですが
涼しげな身なりというのは決して自分のためだけではないのですね。

考えてみれば自分の表情も身なりも、
それを目にしているのは自分よりも周囲です。

あまり意識したことはありませんでしたけれども、
周囲の方が爽やかさを感じることにちょっと貢献できるような
そんな夏のファッション私も楽しみ、&爽やかな笑顔で夏を迎えたいなと
思いました。(^^)
by m_alchemia | 2011-05-26 18:33 | 日々の想い

天使のハーモニー・純正律

前回、ちょうどプロとアマチュアの演奏家の話を書きましたが、
プロのハープ演奏家の三宅美子さんより、コンサートのご案内をいただきました。
三宅さんはシルバーアーチでも無料のハープコンサートを開いてくださるなどしてくださっています。


「ハープとヴァイオリンの純正律音楽コンサート」

出演者:三宅美子(ハープ) 玉木宏樹(ヴァイオリン)
日時:5月28日(土)
会場:ラ リール (地下鉄丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩5分)
開場:13:30  開演:14:00
入場料:3500円

詳細はこちら → 

・・・それにしても三宅さんはいつもコンサート直前に案内を持ってきてくださるのです。(^^;)

現在の音楽は99%平均律で、純正律で演奏されるということはほとんどありません。
その純正律音楽が最近になって、不眠・不安・頭痛・耳鳴りなどに非常に効果があることが分かり見直されてきているとのことでした。

このコンサートの案内にも次のように書かれています。

「美しいハーモニーは人を癒す力を持っています。ストレスや鬱に悩む人たちが純正律音楽を聴いて癒されたとか、不眠症の方の症状が改善されたとか、認知症の人たちの徘徊や不穏行動が軽減されたというケースも報告され、医学の現場でも注目を浴びています」

純正律音楽の持つ、本来の美しい和音は人の心身を調律する力を持つのでしょうか。

この純正律音楽の日本の第一人者であるヴァイオリニストの玉木宏樹さんのサイトでは、
現在、震災に寄せて純正律音楽を無料ダウンロードできるようになっていました。

純正律音楽ってどんな音なのかしら・・・?と興味が湧いた方は是非視聴してみてください。
日々耳にしていると自然に体調が上向いているかもしれません。

玉木宏樹さんの純正律音楽無料ダウンロードはこちら。→ ☆
by m_alchemia | 2011-05-24 21:21 | 日々の想い

プロとアマチュア

今日は戸塚にあるケアプラザに呼んでいただいて、マンドリンアンサンブルの演奏に行ってまいりました。

「月の砂漠」「ふるさと」などの唱歌から、「東京ラプソディ」などかつての大ヒット曲まで、私にとっては懐かしいを遥かに通り越しているものもありますが(^^;)、利用者の皆さまとスタッフの皆さまと共に楽しい時間を過ごさせていただきました。

現在の私たちの指揮者はたとえ歌の伴奏や歌謡曲であろうとも、曲作りという点ではクラシックと同じように手を抜かない方なので、それは聴き手に十分に届いたでしょうし、演奏者もとても充実感を得ています。

今年のクリスマスの時期にも是非来てください♪と責任者の方からのオファーをいただき、演奏を喜んでいただけたことを肌で感じて帰ってまいりました。

ところで先日、その指揮者の方から「下手なプロよりうまいアマチュアのグループっていうのが世の中には結構あって、皆さんは十分にそのうまいアマチュアの部類に入りますよ」となんだか嬉しいことを言っていただいたのですが、その際に「ただ上手下手の違いはともかく、プロとアマチュアの決定的な違いっていうのがあるんですよ」と言われたことがあるのです。

その違いってなんですか?と尋ねると、本番で何か問題が起こっても平気な顔をしてなんとかやり抜いてしまえるがプロなんです。と言うことでした。

プロであればたとえ全員での練習の時間があまり取れなくても、うまく聴かせるコツを知っている。突然メンバーの誰かが来られなくなっても、突然予定と違う曲を演奏することになっても、平静を装ってなんとかしてしまうのがプロ。アマチュアは時間をかけてしっかり練習をして臨むけれど、本番のアクシデントで頭が真っ白になってしまいかねない。その違いなんですね、と。(^^)

プロとしてお金をいただくからには、という意味ではタロットリーディングなどでは私も同じことを考えたことがありましたので、とても印象に残っているお話でした。

アマチュアとしてでもプロとしてでも演奏経験がある人の話はなかなか面白いです。
by m_alchemia | 2011-05-21 20:35 | 日々の想い

生きる、ということ

作家の津島佑子さんが産経新聞の「被災地の皆さんへ」というコラムに文章を寄せているのを読みました。

約30年前に8歳の息子さんを亡くした際にお母さまから言われた一言が今もご自身を支えている、
と言います。

 どんな不運に見舞われても、不幸になっちゃいけないよ

津島さんの文章を引用します。

「この言葉を聞いたとき、私は奇妙なことに、ふと気が楽になったのでした。そうか、不運と不幸はちがうんだ。人間の力の及ばない不運はいくらでも起こりうる、だからといってその人間が必ず不幸だと決めつけることはできない、と。」

私たちは人生の中で少なからず「不運」というものに巡り合います。
これからもきっと会っていくでしょう。
けれどもこの文章を読んで、私は不幸にはならずに生きようと思いました。

彼(コオ)はこういうことは体験者の言葉だからこそ意味をもってくるんだね、と言います。
本当にそうだと思いました。

不運に見舞われた人たちを周囲が支えていくことと同時に、
不運にあって不幸にならずにいる人たちに、私たちもまた支えられていくんだと思います。

「どのような不運のなかにも、私たち人間にとって不思議な希望はひそんでいるらしい」

津島さん、ありがとうございました。
by m_alchemia | 2011-05-19 11:06 | 日々の想い

黒い羊

d0011725_738859.jpg


桂が私のPC宛にこんなものを送ってくれました。

 ・ ・ ・ ・

  学者がみんなでスコットランドを旅行していた。
  すると列車の窓から黒い羊が見えた。

  天文学者
  「これは驚いた。スコットランドの羊は黒いのか。」

  物理学者
  「いいや、正確には、スコットランドには黒い羊もいる、ということだ。」

  数学者
  「いやいや。厳密には、スコットランドには、少なくとも一匹の羊がいて、
  その羊の少なくとも片方の側面が黒い、ということだろ。」

  哲学者
  「羊とは何か? 黒いとはどういう状態か?
  そもそも、今、見ているこの現実は正しいのか?
  そのまえに、現実とは何か?正しいとは何か?
  などと考えている、私の考えはそもそも正しいのだろうか?」

  生物学者
  「あれは山羊だ」

 ・ ・ ・ ・ ・

学者というのは賢いのか。というより、地球人のやりとりって他の場所からみたら
こんな風に映っているのではないか、と思ってしまいました。(^^;)
by m_alchemia | 2011-05-17 07:48 | 日々の想い

季節を追いかける

d0011725_10245422.jpg


連休が明けて庭の植物たちの活動が著しくなりました。
我が家の庭ではシランやスズランが見ごろとなっています。
アジサイの花の蕾を数えながら、咲き終わったパンジーやチューリップのコンテナを片付け、同じく花の終わったツツジやユキヤナギを見ながら来年のために何をどのくらい剪定をしようかと義母と相談し、新芽を伸ばし始めたその他の庭木をながめて今後の成長をイメージしながら何をどこまで・・・と頭の中で計画をたてるワクワクした気持ち。

一方でそろそろベランダにバジルを植える時期になって、他に今年は何を植えようか・・・やっぱりプチトマトか、青ジソかなぁ・・・とも考えています。

一昨日、行きつけの八百屋に行って、もうそろそろ出回るのが終わりとなってきたイチゴを買ってきて、ジャムを作りました。今年もたくさんイチゴを食べました。ジャムはヨーグルトに入れて食べていますが、食べながら甘夏のジャムを何回くらい作れるかなぁなどと思っています。本当は今年、梅シロップも久しぶりに作りたいのだけれど、そこまで時間が取れるかどうか・・・。欲張りかなぁ。(^^;)

季節を追いかける作業というのは体は少し疲れるけれど、心がとても元気になります。
そして小さなことに気がつく力がとてもつくように思います。

毎日植物を見ていると、昨日との小さな違いにたくさん気づきます。
そして去年とは大きく違っていることにも気づきます。

そこでの小さな変化を発見する力は
仕事や人間関係や、自分の内面の変化に気がつくための力としっかりとつながっていると
思うのです。

私は植物たちと共に、小さな成長を日々続けていって
いつか大きく育ちたいなと思います。

植物と同じペースで、決して急がず、決してためらわず、決して成長をとめない。
そんな日々を暮らしていきたいなと思っています。

庭仕事ができるのは梅雨に入るまでのわずかな時間。
(冬は寒いし、夏は蚊の発生がひどいので私は春と秋の一時期以外は水まきしかしない。。。^^;)

普段朝食前の1,2時間はもっぱら仕事に宛てているのだけれど、
この1カ月ばかりは自然の生命力に存分に触れる忙しくも楽しい時間としていきたいなと思っています♪
by m_alchemia | 2011-05-14 10:54 | 日々の想い

SAVE SANRIKU OYSTERS (セーブ 三陸 オイスターズ)

彼(コオ)がこんな復興プロジェクトがあるよ、と今朝FMラジオから仕入れたという情報を
教えてくれました。

名前は「牡蠣復興支援プロジェクト」。

地震によって壊滅した三陸の牡蠣の復興を目的としたオーナー制度です。
一口10000円で、無事復興した際には(5年後になるかもしれないけれど)
牡蠣を20個送ります、という内容です。

詳細はこちら→ 

長期に渡る地震の被災地の復興支援は義援金、チャリティイベントの開催、物資の調達、現地ボランティア派遣などなどさまざまな形がありますが、こういった形の支援もあるのだなと、一つのアイデアとして関心を持ちました。

サイトにあるオーナーさんからの応援メッセージがあたたかいです。

牡蠣に目がない彼(コオ)は、5年後が楽しみだなぁ。忘れたころに牡蠣が届くなぁと嬉しそう。(^^)
私も心の中で復興にエールを送っています。
by m_alchemia | 2011-05-12 20:49 | 日々の想い

七転八起

d0011725_19472687.jpg


知人に福島県会津若松の起き上がり小法師(こぼうし)をいただきました。
高さ3センチメートルのなんとも可愛らしいものです。

小法師と一緒に解説が入っていました。少し引用してみます。

・・・・「起き上がり小法師」は会津若松の民芸品で400年以上の歴史があり、ころんでもころんでも起き上がることから「七転八起」の精神をもつ会津若松の象徴でもあります。

約400年前に会津藩主・蒲生氏郷公が藩士に小法師を作らせ、正月に売り出したのがはじまりと言われています。毎年正月の1月10日に「十日市」という初市が立ち、無病息災・家内安全の願いを込めて、家族の人数より一個多く購入する風習があります。・・・・

とのことでした。
小法師を買って神棚にそなえる。家族の人数より一つ多いのは、家族が増えますようにという願いをこめるためだそうです。

その云われなど、ものに込められたストーリを知ると、なんとなく親近感が湧いてきます。

ところで、今回あらためてウィキペディアで「起き上がり小法師」を調べたら、

「2006年2月、民主党が堀江メール問題に揺れ、前原誠司代表(当時)の進退問題にまで発展していた折、渡部恒三が「郷里の会津の名物を持ってきた」と、前原の他、鳩山由紀夫、菅直人、小沢一郎などに起き上がり小法師をプレゼントしたところ、前原がもらった起き上がり小法師だけが起きず、場が凍りついたというエピソードがある。その後に前原は代表を辞任した。」

・・・と、ありました。(^^;)

これをくださった人は東北の被災地を応援したいと思ったときに、「転んでもしっかり起き上がる」ようにとの願いを込めて、福島県の民芸品であるこの起き上がり小法師たくさん買って、周囲の方にプレゼントしていたのでした。

私がいただいた小法師は神棚にはそなえず、ベッドサイドのテーブルに置いてあります。
朝起きた時に目が合います。(^^)

さあ、今日もまた一日頑張りましょうかと私も小法師と一緒に元気に起き上がっています♪
by m_alchemia | 2011-05-11 20:05 | 日々の想い