<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

行動としての祈り

昨日はBIOSの岩井富美子さん主催の癒しフェスタが大盛況の内に終了となりました。私も1ブースをいただいてタロットリーディングをさせていただき、懐かしいお顔を拝見したり、普段お目にかかることのない方とタロットを挟んでお話ができたりと大変充実した時間を過ごさせていただきました。岩井さんを始めスタッフの皆さまにも本当にお世話になりました。ありがとうございます。

さて、昨夜はイギリスのロイヤルウェディング。その荘厳な様子と、国民の熱狂ぶりにイギリスという国の歴史と伝統を感じさせてもらいました。共和制の国には決してみることできない空気というのは確かにあり、開かれた王室としてこれからも存続していってほしいとTVを見ながら感じておりました。

一方日本では天皇皇后両陛下をはじめ、皇室の方々が被災地を巡っていらっしゃいます。阪神大震災の時、三宅島噴火の時、いつでも被災地を訪れて励まし続けていかれる。そのようににして実際に両陛下に会われた人のコメントをみると年代に関わらず、いただいたお言葉を支えに復興を遂げてきたことがわかります。

私は両陛下をとても慕っている日本人の一人ではありますけれども、両陛下の言葉と御姿が何故それほどに被災した人々の心を支え続けることができるのかとも常に考えてきました。それは歴代の総理大臣はじめ、いろいろな方が被災地を訪れて「頑張ってください」と言うのとは全然違う。

両陛下の視察およびお見舞いは常に自らが考えられての真剣勝負だと書かれている同行者の記事がありました。これが形式として行われているわけではないこと、常に被災地のために祈り続けていることが直に触れた人には伝わるからだと思いました。

皇居では3月15日からずっと、現在にいたるまで自主計画停電を天皇陛下のご要望により続けられています。皇居はもちろん東京23区は計画停電実施の区域外でしたが、実施初日から第1グループの時間帯に合わせて行われてきています。その時間であれば食事もロウソクの下でとり、暖房も入れず、来賓を迎えるにあたってもすべて電気をつけずに行っているとのこと。この生活は今月に入って計画停電は実質的に不実施とされてからも続けれられています。

ゆえに食事作りも不自由するだろうから簡単なものでかまわないと担当者に指示を出されたという記事も以前に読みました。「常に国民と共にある」という揺るぎない信念の下での決断と行動の素早さ、周囲に対するご配慮に、また私自身の勝手を省みて全く当然ながら、足元にも及ばないなぁと感じたものです。

私たちが日々の生活の中で震災を忘れることがあっても、両陛下は決して忘れることはないし、真摯な思いで死者を悼み、被災地のために復興を祈っているというのが、現地で今の状況に直面している全ての人々に届くのだろうと思います。言葉なんていらないからお金が欲しいと言っていた人まで涙となるとききますから、その両陛下の思いの前には人として頭が下がります。

その皇居の自主計画停電が今日(4月30日)で一旦打ち切られると知りました。ここ数年かなり体調を崩されているご様子の天皇陛下ですが、被災地をめぐる日程は来月以降も続くとのこと。お体をお大事になさってほしいと思います。

皇室(王室)の役割について、昨日のロイヤルウェディングの中継の中で、若者の王室離れが続いており、王室がなくてもいいという考えが広まってきているがこれを機会に王室存続の支持率が上がってくれればいいというコメントがされていました。

私もこれまでしばしば「皇室なんて税金の無駄、何千年続いていようが別になくなってもいい」という意見を何度か聞かされてきましたが、私はそうは思わない。

皇室の最も大切な役割は日本と日本人と世界のために日々祈り続けること。儀式を行い続けることで、その目に見えない皇室の行いによってこの日本という国はこれまでいろいろな出来事があっても続いてきたのだと思っているからです。

両陛下が皇居の自主停電を今日まで続けてきたことはたまたま報道されましたが、別にそのご自身の行為を国民に知ってもらいたいとは全く考えておられない。すべては国民とひとつであるためにただ「行動」という形で祈り続けていらっしゃる。

たとえ総理大臣が情けなくても(・・・・なんとかならないのだろうか)、そういう皇室を私たちは戴いているということに、一人の日本人として誇りを感じながら、
昨日の美しい王室の結婚式を見ていました。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-30 07:36 | 日々の想い

明日は癒しフェスタです♪

いよいよゴールデンウィークですね。
明日4月29日はヒーリングスペースBIOSさん主催の公開イベント 癒しフェスタ が開催されます。

時間: 11時~16時 (入場無料)
場所: 中野サンプラザ 7階・研修室10 (中野駅北口 徒歩1分)

カードリーディング、占星術、チャネリングなどの癒し関連のワークを
お手ごろな価格で気軽に体験できるイベントです。

私もタロットリーディングで出店をさせていただきますが、
私のリーディングをお受けにならずとも(!)是非いろいろな方に
お目にかかれたら嬉しいなと思っております。
お時間がある方は入場無料ですのでイベントを覗きにいらしてくださいませ。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-28 21:11 | 日々の想い

思考の浄化

このところとても眠くなるのが早くなりました。昨日は夜8時くらいから読書を始めて、
9時には起きていられなくなって眠ってしまいました。
眠る時は「こんな時間に寝たら夜中に目が覚めてしまうのではないかしら」と
思いましたけれども、朝6時15分の目覚ましが鳴るまで起きることはありませんでした。ビックリ。

眠くて仕方がない、というお話はクラスでもセッションでもこのところよく伺います。
これまでもよく耳にしておりましたけれども、地震以後の一番の違いは
「・・・だから最近は早めに寝るようにしています」という部分でしょうか。
以前は「なんとかして起きていられるようになるにはどうしたらいいですか?」というお話が多かった
のですが節電も兼ねられるし(^^;)、どのみち無理をしても自然現象には逆らえないという
感じになっているようにも思います。

ところで睡眠をたっぷり取っている分、メッセージ性のある夢をみることも多くなりました。
この1か月の間に髪をゴシゴシ洗ってシャワーで流しているという夢を数回みました。
いずれの時もCMでみるようなもっこりとした泡で髪を洗っていて、
それを時間をかけて洗い流しています。

それで洗髪をする度にその夢のことを思い出すのですが、今日になってようやく、
「頭を洗っているということは、自分の考えを浄化している」ということ
なのでなないかと思い至りました。

彼(コオ)に何気なく話すと、今月のヒーリングクラスのテーマは
「思考の浄化だよ」ということでした。やっぱりね。(^^)

自分の古い信念を綺麗に洗いながして、新しい自分を生きる時が来ていると感じました。
変化の時ですね。
by m_alchemia | 2011-04-26 10:46 | 日々の想い

ベストコンディション

4月に入り新年度となって仕事の内容や生活のスタイルが変化をし、その疲れがボディーブローのように効いてきている方も多いようで、そんな疲労感に対するフラワーエッセンスをお選びすることも多くなりました。

そのうち慣れる、という部分もあるかと思いますが
生活全体を見直してコンディションを保つための微調整を行うこともとても大切です。

「自分に合った仕事をするのではなく、仕事(状況)に最適な自分の状態を作る」ということです。

子供が小学校に入学した、仕事の時間が長くなった、勤務地が変わったなど何かが変わった場合は、これまでと同じような生活ではベストなコンディションは保てないものです。

先日のライブ放送の中のミカエルさんのお話にも、自分のいいコンディションを保つためには何を食べたらいいのか、何時間眠るのがいいのか色々試しながら記録を残し、ベストなものを選択していくとありました。私自身も紙には記録を残さないものの、何時に何をどれだけ食べるとどうなるのかは常にチェックしていますし、翌日が仕事の日、オフの日、ベストな状態でいるのはどういう環境でどのくらい眠ったらよいのかを常に考えて決めていますので、ああ、ミカエルさんも同じだなんだなと思いました。

そうやって最高の状態でお客さまをお迎えしたい。そのためには睡眠不足などもってのほか。どんなにやりたいことがあっても次の機会に回すようにしています・・・といいたいところですが、日々誘惑との葛藤があるというのが実情です。(それはもちろん「私にとっては」睡眠時間は大きな影響を与えるということで、すべての方に当てはまるとは考えておりません。^^)

ちなみに私が思うベストな状態とは体が温かくて軽いこと、思考がクリアなこと、心が穏やかなことです。

これは食べるものや睡眠の質で大きく変わってくるというミカエルさんの意見に同感です。

そして仕事の部署が変わったり、職務が変わったり、役職が加わったりするなどすれば、このコンディションの取り方もガラリと変わるはずで全体を見直していく必要があると感じています。

自分が期待されている結果を出すためにはベストコンディションをどう維持するのか。サッカーのカズや、野球のダルビッシュなどのその様子をインタビューなどでみていると、その徹底ぶりに感心しますが学ぶところも多くあります。

プロのスポーツ選手でなくとも全て「仕事」と言われるものは(主婦業ももちろん!)肉体労働です。疲労を感じている場合は周囲に遠慮せずに睡眠を多くとったり、あるいは少し体を動かしてみたり、ゆっくりお風呂に使ってみたり、一人になる時間をとってみたりして積極的に調整をしてみることはとても大切。

最高のコンディションを整えることは仕事の内、と自分自身にいいきかせたいところです。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-22 17:45 | 日々の想い

意識して心を鎮める時間をつくる

昨日のブログに「小学生にこれが書けて、大人にできないということがあるんだろうか・・」と書きました。
書きながら思っていたことは、夢には2種類あるということです。

すなわち、「こうなりたい自分」と「こうありたい自分」。

将来こんなふうになりたい、という夢は小学生には書きやすいけれども、大人には難しい面もあると思います。けれども、こうありたい自分というものはいつもしっかりと持ち続けたいものだと考えていました。

そして今日読んでいた本の著者は、その「こうなりたい自分」と「こうありたい自分」という夢のうまくバランスをとって持っている人だなと思いました。

本のタイトルは「心を整える。-勝利を手繰り寄せるための56の習慣」 著者:長谷部 誠。27歳。サッカー日本代表キャプテンですね。(^^)

「人はよく、ハセは運がいいねと言います。そう言われれば僕はそうだね、と答えます。でも本音は違います。」

「僕にとっての『心』は車で言うところのエンジンであり、ピアノで言うところの弦であり、テニスで言うところのガットなのです。・・・メンタルを強くするというよりも、調整する、調律すると言った方が適している感覚。車のエンジンに油をさし、ピアノの弦を調律する、そしてテニスのガットを調整する。そんな感覚を心に対して持っているのです。」

「常に安定した心を備えることによって、どんな試合でも一定以上のパフォーマンスができるし、自分を見失わなくてすみます」

心は鍛えるものではなく、整えるもの。自分に勝てないものが、ピッチで勝てるわけがない。というメッセージが彼の日常を通して伝わってきます。

彼は寝る前に「心を鎮める30分」を毎日必ずとり、音楽やお香やアロマオイルなどを使って丁寧に心を調整することをしているとありました。心が荒んでいくと、自分の問題点や解決策を考えずにやみくもに練習したり、集中力を欠いて怪我を誘発してしまったりするから、と。

振り返って、自分は仕事をするためにどれだけベストコンディションで臨む意識を持てているかなとも考えます。

私はサッカーの試合はあまり熱心に見る方ではありませんが、プレー中に見せる彼の柔らかな目と落ち着いて真剣な表情をみていると、ああこの人は常に全体をみることのできる人で、精神面でぶれない基礎を持っている人だなぁと思います。

強烈な個性で組織を引っ張るリーダーではない。けれども、それが彼がキャプテンに抜擢される理由らしいということを知り、求められるリーダーの姿にもいろいろな側面がある、という意味でも学ぶところがありました。

27歳の真面目さと清々しさと情熱を感じさせてくれる一冊です。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-20 18:02 | 日々の想い

将来の夢

今日はある人の小学校6年生の時の作文をそのまま掲載させていただきます。

 ・ ・ ・ ・ ・ 

 『将来の自分』

 二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
 三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
 四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
 六年後…高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。
 八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。
 これを目標にしてがんばります。

 マスターズ優勝はぼくの夢です。 それも二回勝ちたいです。
 みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
 でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

 みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。
 ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、
 「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

 来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

 今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。
 高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
 その試合で世界から注目される選手になりたいです。

 ぼくは勝てない試合には今は出ません。
 ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、
 世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

  ・ ・ ・ ・ ・ 
 
もちろんですが、石川遼くんの作文です。

小学生にこの作文が書けて、大人にこれが書けないということがあるんだろうか、というようなことを考えていました。「世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。」という部分が素敵。
どこまでも頑張っていってほしいです。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-19 17:21 | 日々の想い

汝、画れり。

d0011725_16554339.jpg


不思議なもので、この2日間で3回も論語の同じ文章に出会いました。
シンクロの見本のようです。(^^)

その言葉とは

「子曰く、力足らざる者は中道にして廃(はい)す。今(いま)女(なんじ)は画(かぎ)れり」

でした。

意味は・・・

孔子の弟子である冉求(ぜんきゅう)が、「先生の教えを学ぶのはとても楽しいのですが、
自分の力不足でどうもついて行けそうにありません」と述べたのに対して

孔子が「力の足りないひとは進めるだけ進んでそこでやめればいいのです。
しかし、あなたはいま、自分で自分に限りをつけましたね。そこが大きな問題なのです」

と、答えたというものです。

どうしてこの言葉がシンクロしたのだろうか、と考えています。
いろいろと思案した結果として、私は何かに「全力で取り組むこと」が怖いのだと思いました。

全力で取り組んで出来なかった時の自分を観たくない。
本気でやってもこんな程度、という自分を知るのが嫌なのだと思います。

全力で取り組んで成功すれば最高に幸せなのですが
全力で取り組んで失敗した時の自分はもう最高に惨めだなぁという感じ。
・・・そんなイタイ自分は味わいたくない、というのでしょうか。

適当に力を抜いていれば、本気でやらなかったからだと言い訳も出来る。
本気でやればきっともっと行けたにちがいないと自分に夢を持たせることもできる。

だから自分を画(かぎ)る。
そうやって自分を守っているつもりになっていることを、あなたは分かっていますか?

・・・と、言われているんだな、きっと。(^^;)

今回の地震、そして津波によって、1000年に一度しか見られない
自然界の本気の怖さをみたような気がします。

すべては呼応しているという意味では、
一人一人の中にもそれだけの大きな力が眠っているということになります。
自分の中に想定外の自分の力が眠っている、ということです。

自分を画(かぎ)らなかったら何ができるか。

「力の足りない人は進めるだけ進んでそこでやめればいいのです。
しかしあなたは今、自分で自分に限りをつけましたね。そこが大きな問題なのです」

進めるだけ進んでそこでやめてもいいつもりでやろうとしているのか。
最初から自分を画(かぎ)ってしまった中でやろうとしてはいないだろうか。

進めるだけ進んで未完に終わるリスクをとるか。
初めから画(かぎ)った中での完璧を求めるか。

う~む。まあ、答えは見えているのですけれども。
正直、痛いところを突かれています。(^^;)
by m_alchemia | 2011-04-16 16:38 | 日々の想い

やすらぎの部屋TV

d0011725_15364963.jpg


先日(4月13日)のやすらぎの部屋TV:ミカエルさんとの対談は平日の昼間にも関わらず
90人以上の方にご視聴いただきました。ありがとうございます。

何時間やるのかは決まっていませんでしたが(^^;)、結果的に1部120分、2部100分の
長時間にわたる楽しい、けれども中身の濃い内容となりました。快く引き受けてくださった
ミカエルさんにも心から感謝しております。

第1部は録画で観ていただくことができます。(^^) → 

第1部のテーマは私たちが今回の地震から何を学ぶか、今後どういう生き方を選択していく
必要があるかというお話を中心に、ソウルメイトと出会うためにはどうしたらいいのか?と
いうお話まで多岐に渡っていて興味深かったです。

第2部はさらにそこから進展して、神について、アセンションについてのミカエルさんからの
メッセージも含まれています。

しかし、高田大輔氏もミカエルさんも、本当に出し惜しみがないというか、それぞれが今
伝えられることをすべて伝えている(今日、高田氏に会いましたけれども、『持ちネタ全部
出した』と言っていました。^^)のを感じます。その姿にもちょっと感動しました♪

また1部、2部は合わせて音声ファイルとしてダウンロード販売もしております。(4月末日まで)

詳細はこちらです。→ 

やすらぎの部屋TVをきっかけに新しいつながりが生まれているのを感じ、とても嬉しく
感じております。次は何をやるのでしょうね・・・楽しみにしていてくださいませ♪
by m_alchemia | 2011-04-15 15:59 | 日々の想い

d0011725_20324388.jpg
先日の火曜日にお休みをいただいて鎌倉山に行きました。

鵠沼も庭に桜を植えているところが多いので、毎日お花見気分で歩いておりますが・・

面白いなと思うのは、鵠沼と鎌倉では庭植えている花や周辺に咲いている花に若干の違いがあることです。

土が違うのか、お花屋さんで扱っている花の種類が違うのか、そんなことでも面白いことだなと思いました。




今年桜を観て、桜を撮って気付いたことは、私は実は一度も桜の花に儚さなどは感じていたことはなかったということでした。で、ちょっとビックリしました。(^^)

でもどこかで「桜とははかないもの」というふうに表現するべきだと無意識に世の中の常識(かもしれない)考えを選択していたし、実際そのように表現したこともあった自分に思い至りました。

私は子供の頃からいつも桜に華やかさと、力強さを感じてきたし、下がり気味に伸びる枝ぶりをカッコいいと思って見てきたし、春の柔らかな光と、のどかな里山の風景を想い浮かべては癒されてきました。

薄いピンク色の花弁がひらひらと舞う姿に純真無垢な桜の魂を感じてきました。

私は見た通り、感じた通りに、自分に向けて表現することを大事にするべきなんじゃないかと。そのことにOKを出そうとそんなことを今さらながらに思っています。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-14 21:01 | 日々の想い

お知らせです♪

本日はお知らせが2つです♪

☆ やすらぎの部屋TV ライブ放送 :明日4月13日 14時~
  
   ゲスト :    ミカエルさん 
   対談テーマ : 【いまだから必要な選択】


 
 以下、彼(コオ)よりのご案内です。

 先日放送して大好評だった(視聴者数1040名!)
 高田大輔氏とのライブ放送に引き続き、
 4月13日(水)14時より平成の陰陽師・ミカエルさんをゲストにお招き
 して今回はスタジオ公開生放送を行ないます。

 対談テーマ…【いまだから必要な選択】

 いま私たちは時代の転換点に立ち会っています。私たちの選択は
 今後の世界に大きな影響を与えていくことになるでしょう。いま選択
 に際して何が大切なのか?をミカエルさんとみなさんとともに考えて
 いきたいと思います。

 やすらぎの部屋TVはこちら → 

 尚、今回は公開放送の部分とプラスアルファで行なう予定のマニアック
 な対談を音声ファイルとしてダウンロード販売する予定です。
 こちらもお楽しみに。


☆ イシス版マルセイユ・タロット78枚が販売されます。

これまでイシス版マルセイユ・タロットは大アルカナ22枚のみ市販されていましたが
4月18日よりイシス学院にて大小アルカナ78枚のセットが販売されます。
(税込3150円、6月30日まで送料無料ということです) 詳細はこちら → 

これに伴い、5月開講のタロット基礎クラス、実践クラス共に
小アルカナも含んだ内容になりますので、よりタロットの世界を感じていただくことが
できるようになり、私自身もとても楽しみにしております。(^^)

現在基礎クラスは満席ですが、実践クラスは木曜日・土曜日クラスともに
残席1名ずつございますので小アルカナも実践的に使えるようになりたいという方は
是非いらしてくださいませ♪
by m_alchemia | 2011-04-12 10:14 | 日々の想い