<   2011年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

日常の中のタロット

d0011725_1813343.jpg

お知らせです。

 「 ヒーリングスペースBIOS主催 癒しフェスタ in 中野サンプラザ 」

 日時:   2011年4月29日(金祝)11時~16時 (入場無料)
 場所:   中野サンプラザ  7階  研修室10

 詳細はこちら→ 

 私もタロットブースで出店させていただきます。(^^)
 シルバーアーチと同じく1件(15分)1000円です。収益は義援金とさせていただきます。

 
昨年の4月29日も偶然ながら岩井富美子さんとは一緒に講演会をさせていただきました。 
あの時も皆さまと一緒に楽しい時間を過ごさせていただきましたが、今回もきっと充実した一日となることでしょう。心を込めて皆さまをお待ちしております。

 ・ ・ ・ ・

さて、先日のタロット実践クラスで、「美保さんは何故タロットのことをブログに書かないのですか?」と聞いて下さる方がありました。
そういえば、そうですね。あまり考えたことはありませんでしたが・・(^^;)

ということもあり、珍しく(!)タロットの話題です。

d0011725_1813216.jpg

地震から10日程の間に、何回かタロットを引かせていただく機会がありました。

避難をした方がいいのか、放射性物質からの予防をどの程度した方がいいのか、予定をキャンセルした方がいいのか、などです。


いただいた質問に対してよく出てきたカードは上のような逆向きのカードたちでした。私にはそれらのカードたちから、16.神の家・・・地震、衝撃、 20.審判・・・受け取っている情報の混乱 
15.悪魔・・・チェーンメール 6.恋人・・・巷で飛び交うさまざまな噂というような印象受けました。

いろいろな情報の中でたくさんの人が混乱し、パニックになっている感じが伝わってまいりました。


d0011725_181333100.jpg

それに対して正立で出てきたカードは左のようなものでした。






3枚に共通するのは感情に流されずに、冷静に判断することです。
特に左の5.教皇のカードでは政府の公式な発表が的を射ている、その情報が信頼を得られるものだということを表していると感じていました。

ですので、依頼を受けた皆さまには、政府その他の公式発表をまずは信頼して、冷静に判断をすること、みだりにネットなどの情報で不安にならないこと、チェーンメールに振り回されないことをお伝えしてきました。

そして何より、私自身がタロットを引かせていただいているうちに、ああこれは大丈夫なんだと安心出来てきました。今回は手元にタロットがあったことが本当にありがたかったです。

このように、タロットは未来を占うことを超えたいツールであり、心の鏡として、自分がそのときどのように考え、行動したらしいのかを示唆してくれるものです。自分と向き合うためのツールとして生かしていくと、自分を思ってもみなかった高みの境地にまで引きあげてくれることと思います。日常の中でこそ使ってほしいツールです。

癒しフェスタにも、是非のぞきにいらしてくださいませ。(^^)


*5月開講のタロットクラスは、現在基礎クラスは満席、タロット実践クラスは木曜日・日曜日ともに残席がございます。カモワンタロットを勉強された方、タロット大学、イシス学院で勉強をされた方、一応勉強したけれどもすっかり忘れてしまった方でも、もう一度きちんと使えるようになるためのクラスですので、よろしければ是非一緒に楽しみましょう♪ 

タロット実践クラスの詳細はこちら → 
by m_alchemia | 2011-03-31 18:56 | 日々の想い

「生きるための明るさを」

昨日のサッカーの試合、日本代表 vs Jリーグ選抜でカズがゴールを決めた瞬間、というのを彼(コオ)が熱く語ってくれました。(私は部屋にこもって仕事をしていたので直接はみていなくて、今日、そのゴールシーンを動画で観ました。)動画はこちら。→ ☆

そのカズの試合前のインタビュー記事を新聞で読みました。

 ・ ・ ・ ・ ・

プロのサッカー人として、観に来る観客がいなければ、その存在意義もない。被災地の様子をみていると「サッカーなんてなくてもいいもの」のように見える。食料、医療・・・優先順位をつけていけば、スポーツなんて一番に要らなくなりそうだ。それでも僕はサッカーは娯楽を超えたものである、と信じる。・・・

こんなことを言える立場ではないけれども、いま大事なのはこれから生きていくことだ。悲しみに打ちのめされるたび、乗り越えてきたのが僕たち人間の歴史のはずだ。とても明るく生きていける状況じゃない。でも何か明るい材料がないと、生きていけない。

暗さではなく、明るさを。
僕らはみなさんに負けぬよう、全力で、必死に、真剣にプレーすることを誓う。

 ・ ・ ・ ・ ・

カズのインタビュー記事の全文はこちら→ 

そして、その言葉通りの試合の中で決めた44歳のカズのゴールはどれほどの人たちを励ましたことでしょう。彼(コオ)も観ていて涙が出た、といいます。

カズ自身のことで言えば、彼も人生の中で「とても明るく生きていける状況じゃない」ということを何度も経験していて、けれどもサッカーを辞めずに今日まで続けてきた人だということ。

たとえばカズが現地に行って何かのボランティアに参加するということもできるかもしれない。でも、それよりもカズがサッカーの試合でゴールを決めてくれる、ということの方が何倍も何十倍も観ている人のエネルギーになるんだなと、そんなことを感じました。(動画のコメントの数がすごかった。)

私はカズのプレーをみて、この人はプロサッカー人の原点に戻ってサッカーをしているんだな、と思いました。
誠実さが心に響きました。

感動をありがとうございます♪
by m_alchemia | 2011-03-30 20:38 | 日々の想い

春爛漫

d0011725_20563944.jpg


昨日、東京で桜の開花宣言が出されました。湘南でも久しぶりの春らしい陽気でした。
(写真は今月初めに行った大井松田のハーブガーデンの河津桜です)

さて、先月のメールマガジン「フラワーヒーリング日記2」で募集いたしましたフラワーエッセンスのモニターさまお二人より、ご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

今回のエッセンスは「花粉症 2011」でした。

「我が家の前には山があります。そこから毎日 "モワッモワッ”と、花粉が飛び散る様子(よくCMで流されるあれです)が見えて木が憎らしく思えたり、またのどの痛みに悩まされるのかと泣きたくなったり、とにかく花粉に対する恐怖と抵抗、緊張感でピリピリしていたのですがエッセンスが届いてからは気持ちがリラックスしてきて木にありがとうと思えたり、花粉の時期は極力外にでないようにしていたのに今年は山登りにでかけたり、外で日光浴したりすることができました。

気持ちがリラックスして恐怖が減ったからか、オーラが強くなったのか症状がほとんど出ませんでした。」

「すぎの花粉で車やテラスが真っ黄色になるような場所にこの1ヶ月間居たのですが、花粉症はくしゃみと目のかゆみだけで、家で洗浄すればもう大丈夫! という程度でした。これまでは、ぜんそくのようだったので、大変助かっています。」

ご感想をくださいまして、ありがとうございました。
ちなみに今回のエッセンスの内容は「クラブアップル・ウォールナット・ヤロー・ピンクヤロー・
チャパラル・エケネイシャ・セントジョーンズワート」でした。

フラワーエッセンスやその他、いろいろなものを使いながら
少しでも楽な状態で春を過ごしていただけたらと願っております。


*花粉症対策のフラワーエッセンスは現在フラワーエッセンス遠隔リーディングセッションとして
 承っております。どうぞご利用ください。
by m_alchemia | 2011-03-29 21:08 | 日々の想い

花束

d0011725_21504157.jpg


今年の誕生日は、自分がこれから何を大事にどう生きていこうかを静かに考えてみる、
そんな一日として過ごしました。

決して今までが良くなかったわけではないけれど、
あらためて「再誕生」のつもりで残りの人生を生きたいし、
その最初の日としての今日としたいと思いました。

いつものように桂が花束を買ってきてくれ、
彼(コオ)がケーキを買ってきてくれ、
ロウソクをたてて(近年はずっと1本です。^^;)祝ってくれました。

ありがとう♪

色々な方からメールなどいただきました。ありがとうございます♪

何が幸せといったら、健康であって、お仕事があって、
家族や友人知人に囲まれているという以上のものはないなと思います。

心から感謝しています。
by m_alchemia | 2011-03-28 22:00 | 日々の想い

祈り

震災の死者と行方不明者の数が2万7000人を超えたとのニュースをみました。

2週間経ち、急ピッチの復旧が進むにつれ、身内を亡くされた方の悲しみが強く伝わってくるようになりました。
どんなに復旧が進んでも失ったものは決して帰ってくるわけではない。その深い悲しみがこれからも日を追うにつれて増してくるのだろうと思います。

それと同時に亡くなっていまだ弔われることなく土砂や冷たい水の中でさまよっている魂の数のなんと多いことでしょう。

悲しみと共に生き続ける人々を少しでも支えられるように、そして亡くなった多くの方々がきちんと光のもとに帰ることができるように、私はただ祈り続けるしかできない。

ということを、うまく文章にできなくてネットの中をいろいろとみていたら
ビートたけしさんの言葉に出会いました。

 ・ ・ ・ ・ ・

今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。
じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。それは死者への冒涜だよ。
人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。
本来「悲しみ」っていうのはすごく個人的なものだからね。被災地のインタビューを見たって、みんな最初に口をついて出てくるのは「妻が」「子供が」だろ。
一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、自分の子供や身内が一人死ぬことの方がずっと辛いし、深い傷になる。残酷な言い方をすれば、自分の大事な人が生きていれば、10万人死んでも100万人死んでもいいと思ってしまうのが人間なんだよ。
そう考えれば、震災被害の本当の「重み」がわかると思う。2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人たちがいて、その悲しみに今も耐えてるんだから。

 ・ ・ ・ ・ 

そう。本当にそうなのだ、と思いました。
読んでいるうちに、涙がこぼれてきました。
自分が言葉にできなかったことを言葉にしてもらえたことに感謝です。

そしてその悲しみの「重み」を最大限に想像して、祈り続けようと思います。
by m_alchemia | 2011-03-27 23:47 | 日々の想い

外側と内側の世界はつながっている

このところ震災とは全く別の出来事で自分の世界が大きく揺れている
というお話伺うことが多くありました。

そしてその皆さんの多くが「地震で被害に遭われている人には申し訳ないのだけれども、
突然に巡ってきた出来ごとのために自分のことでいっぱいです」とおっしゃいます。

身内の方が急に病気になられたり、急な転勤話や配置換え、仕事の激しいストレス、詐欺話、
信じられないような裏切り、降ってわいた離婚話・・・

日本という国にとって想定もしていなかったような大きさの地震が突然やってきたのと同じように
個人の世界にとってもまさに考えてもいなかったような出来事が降ってきて動揺している。

そうでなかったとしても、これまでの生き方、考え方を大きく変えざるを得なくなっている人も
多いことでしょう。

とても大きなエネルギーが何かを一掃していく。
自分の外でも、内でも同じような構図になっている。
そういう時期を私たちは迎えているのかもしれません。

であるとすれば、思うことが2つ。
現在の地震後の復旧の早さを考えれば、個人的な想定外の出来事からの立ち上がりも
必ず早い時期に、良い方向に向かっていくことと思います。

もうひとつは、自分がまさに個人的な「津波のような」出来ごとの中にあって、
それでもなお恐怖に打ち震えずに、冷静に、勇敢に立ち向かい、自分を再生していくことは、
結果的に日本の復興を早めることにつながっていくことでもあると思うのです。

外の世界と、内側の世界はつながっています。
自分の世界をしっかり生きるということは、周囲に大きな影響と、何より勇気をもたらしていくものと
感じています。
by m_alchemia | 2011-03-26 22:03 | 日々の想い

ヒマワリ

 ヒマワリが、放射能汚染された土壌の浄化に効果があるらしい、
ということを彼(コオ)から教えてもらいました。

 「植物には根っこから土壌の放射性物質を吸収するものもあるそうで、その中でもヒマワリが最も吸収の効率が良いのだという。土壌の放射性物質の除去までに30年以上はかかると言われる場所でも、わずか20日で95%以上を除去したという記録が残っている。」

これはロシアでの記録とのことですが、植物や自然の力とは本当になんと大きなものなのでしょう。

ヒマワリは放射性物質なんて全然怖がっていないらしい。。
わずか20日で95%。すごいなぁ。ヒマワリ。

私は植物のもつ力を理解ようとしてきたけれど、
実は全然分かっていなかったな、ということが良く分かりました。
私が想像していたよりもずっとずっと、植物の力と可能性は大きいのだというと。

サンフラワーのフラワーエッセンスを使うときに思い出しそうな話です♪
by m_alchemia | 2011-03-25 21:19 | 日々の想い

いろいろな情報が入ってくる中で


「最悪のシナリオという脅しに騙されないために」というタイトルで
田口ランディさんが、記事をまとめています。→ こちら

最悪のシナリオ、というものがよくわかっていないまま(私も最悪のシナリオが具体的にどういうものなのか、良く分かっていません)、その言葉だけが独り歩きをしている状況で、原子力の技術者である東北大学の北村正晴氏を中心に研究会をたちあげ、その内容を書いてあります。


尚、この記事の中にもある苫米地英人さんのブログ
「放射線と放射性物質の概念を混同して国民の不安をメディアは煽らないで欲しい」はこちら


目に見えないものだけに何をどこまで心配していいのか分からないものですが
不必要なパニックや、風評被害といった2次災害もできるだけ
少なくすることを考えていきたいと思います。
by m_alchemia | 2011-03-24 17:10 | 日々の想い

「自分の波動が自分の見る世界を作るのなら、私は愛を選ぶ」

今日、朝一番で驚いたニュース♪

「常磐道スピード復旧」 記事はこちら

記事の下に2つの写真が出ています。
こんなにひどい状態の道路(!)を10日で完全に修復させる、
この「結集された力」って本当にすごいと思いました。

朝からとても勇気と元気が出ました。(^^)

さて、以前クラスを受講してくださったちあきさんからメールをいただきました。
ご承諾をいただいたので、掲載させていただきますね。

 ・ ・ ・
よく、自分が楽しいことをすることが、周りにいい影響を与える、と言われますが、
(普通は)罪悪感があってなかなか出来ないと思います。
自分だけがいい思いをするのはよくない、という思い込みもあります。

分からなかったんです、感覚として。

「こんなに頑張っているのに、何で良くならないのか」
ってずっと疑問に思っていたのです。
「これじゃあ、だめだ、だからよくしなければ」
と思って、いろいろなことをしていました。
けれど、「これじゃあだめだ」と思ってやることは、結局同じ波動を受け取る
ことになって 「これじゃあだめだ」という世界を見ることになる、っていうことが
やっと分かったんです。

いくらいいことをしようと思っても、それが、恐れや不安から発してやっていることなら
結局、いいことをしても、満たされることはない、って分かったんです。

だから、たいしたことは出来なくていいから、自分が機嫌良く、楽しく、穏やかで、
喜びとつながることを大事にした方がいい、って気づいたんです。
もちろん、恐れ、不安、恨み辛み、の気持ちはあるけれど、それは、
それであって、忌み嫌うものではなく、ただ、「ある」ものとして、
眺めていればいい と思ったんです
(スピリチュアルな世界ではよく言われていることですが)。

今回の震災で、世界は一つだ、みんなつながっているんだ、っていうことを
人間は経験したかった、思い出したかったのかもしれない、と思いました。
そのときに、人は、愛でつながっているんだ、って思いました。

自分の波動が自分の見る世界を作るのなら、私は愛を選び、そして、
そういう世界を見るんだ、と決めました。

自分がそういう波動でいれば、私と関わる人も、同じように愛と光、
思いやりや優しさでつながれます。
それが、どれだけ大事なことであるか。
恐怖と不安からつながれば、そういう負のつながりが広がっていく。
だからこそ、自分が愛と光そのものでいる必要がある、と思いました。

自分自身が、喜び、楽しみ、栄え繁栄するエネルギーとつながっていることで、
それが周りに伝わっていく、世界は一つなのだから、そうしていることが、
周りにとってもいいことなんだ、と思いました。
私は、愛と光に生きる。と、何度も宣言しています(笑)。

計画停電などで、生活が今までとは違うので、
心を穏やかに、落ち着けるためにも、瞑想し、安らぎのエネルギーを
感じるように心がけています。
地震直後からしばらくは、レスキューレメディーとレッドクローバーの
エッセンスが、役だってくれました。
今は、私はとにかく地震に弱いので、そのときのショックを和らげるための
エッセンスと、計画停電でうまく家事をこなすことにプレッシャーと
ストレスを感じているので、オークやエルムを混ぜて使っています。
つくづくエッセンスがあって良かったと思っております。

  ・ ・ ・ ・ ・

私はちあきさんからこのメールをいただいたときに
別の方に返信メールを書いていました。

一時間くらいかけながら、その人にどんな言葉を選んだらいいのだろうかと考えて
考えて、考えて、ようやく書き終わった時に、ちあきさんからメールが届いたのでした。

まるで、ちあきさんから、その方へ応援メールが届いたかのような感じがしました。
ちあきさんが「愛を選択して、ひとつにつながる」と宣言したその愛が
その方にもつながって届くことを祈っています。

今日はたくさんの愛と、勇気と、元気をいただいた日でした。
ありがとうございました♪
by m_alchemia | 2011-03-23 22:10 | 日々の想い

家族と過ごす時間

先週末と今週末の計4日間、都内で行われるはずだった
パワーオブフラワーエッセンスのワークショップが延期となったことと、
昨日のやすらぎの部屋主催のワークショップが中止になったことと、
今月はFESのフラワーエッセンスクラスがもともとなかったこともあって
(2月が最終回、次期クラスは4月に始まります♪)

久しぶりに時間がゆっくり流れています。

先日顔を出したアトリエチャームさんのところにオラクルカードがたくさんあったので
そこで久しぶりにフェアリーカードを引いたら
「休暇」とありました。

ゆっくり本を読む、という気分でもありませんので
家族といる時間を大切にしています。

週末は義母とおはぎ(春はぼたもち?)を作り、家族でお墓参りに行きました。
いつもより少し丁寧に掃除をして、庭に水をまいて、冷蔵庫に少し多め入っている食材で
まめに食事の支度をしています。

そんなことをしながら、自分の内を振り返ったり
世の中のことを想ったり
4月以降の新しいクラスや企画について考えたり
フラワーエッセンスを発送したり
(今日は海外在住の日本人の方とのスカイプセッションを行っておりました)

・・・・・しています。

この充電期間は自分をかなり大きく変えていきそうです。
しっかりと意味のある「休暇」をとって4月を迎えたいと思っています。


☆ 4月開講のフラワーエッセンスFESクラスにキャンセルが出ております。(木・日クラス)
  今回自分や家族・知人がフラワーエッセンスによって精神的に支えられたという声が
  多く寄せられております。
  
  受講中はご本人の分はもちろん、ご家族・ペットの分のフラワーエッセンスも
  お持ち帰りいただけますので、この機会に是非お使いになってみてください。
  年1回の開講です。(再受講も可能です)ご参加お待ちしております♪
 

 フラワーエッセンスFESクラスの詳細はこちら
by m_alchemia | 2011-03-22 21:43 | 日々の想い