<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

フラワーエッセンスクラスが新しくなります♪

現在、フラワーエッセンスクラスは(Ⅰ)バッチフラワーエッセンス、(Ⅱ)FESフラワーエッセンスで構成をされておりますが、2011年開講のクラスよりどちらからの受講も可能になります。

尚、それに伴いまして講座名も 
フラワーエッセンスクラス(Ⅰ)→フラワーエッセンス・Bachクラス
フラワーエッセンスクラス(Ⅱ)→フラワーエッセンス・FESクラス

に名称を変更いたします。

FESの第1期講座を開講した当初から、バッチのフラワーエッセンスはすでに学んできているので、(Ⅱ)のFESのフラワーエッセンスの講座のみを受講したいというお問い合わせをいただいてまいりました。

これまでは(Ⅱ)クラス・FESに関しましては旧来の中級クラスにあたっておりましたので、こちらのクラスにご参加いただくために(Ⅰ)クラスの受講からお願いをしておりましたが、今年私もFESインテンシブセミナーに参加をいたしましたことで、ようやく最後の準備が整ったように感じております。

各講座の内容は基本的に大きく変わることはありませんが、どちらからでも受講できる形になることをきっかけにこれまで以上に深みのある充実した内容にしていこうと思っております。

FESクラスを最初に受講した方が、「やっぱりバッチのクラスも受けたいな」と思っていただけるような充実度の高いクラスを今まで以上に目指して、すでに頭の中ではいろいろな計画が始まっております。(^^)・・・というか、私自身がこのバッチのクラス(FESのクラスももちろん!)が大好きなんですね。その大好きで、愛をたくさん込めているクラスで色々な方にお会いしたいなと、そんな風に思っております。

今月のFESクラスはメタフローラ・水星のテーマでした。
学ぶこと、変化をしていくこと。私はフラワーエッセンスクラスの変化を通じて、自分も進化していきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします♪


第17期フラワーエッセンス・Bachクラスの日程はこちら。→募集開始は2010年11月1日です。

第4期フラワーエッセンス・FESクラスは2011年4月開講予定です。近日中に日程をUP致します。

by m_alchemia | 2010-09-30 07:32 | 日々の想い

第7回定期演奏会

午前中のクラスを終えた後、今日は午後からマンドリンアンサンブルの練習がありました。
定演前の土曜日練習は今日が最後になり、本番まで残り3回の練習となりました。

入場は無料ですので、お近くにお住まいの方で、たまには生演奏を聴いてみるのもいいかしらと思われる方はどうぞお気軽にいらしてくださいませ♪ 
ただ今本腰を入れて、練習に励んでおります。(^^)

以下、チラシより。


  湘南マンドリンアンサンブル  第7回定期演奏会のご案内

  日時:2010年10月16日 (土)  開場 13:30  開演 14:00

  会場:藤沢市民会館 小ホール   入場無料♪


  *曲目

    一部  ミヌエット
         ハンガリーファンタジー
         ネリーアルバム
         マンドリンの群れ

    二部  柳川抄
         シンコぺイテッド・クロック
         ワルツィング・キャット
         ブルータンゴ
         G線上のアリア
         時の踊り

  
 なかなかの出来栄えだと思っています。今日はこれから弦の張り替えです。(^^)



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-09-25 20:58 | 日々の想い

シンプルに生きるのは才能だ、と思う

9月20日(月・祝)にヒーラー高田氏にとって実に8年ぶりの第3期クエルヒーラー養成講座が終了いたしました。参加者44名の方々からの感動の感想が大げさではなく、続々と届いております。

皆さまがご参加くださったおかげで開催することができた講座ですので、本当に心から感謝しております。ありがとうございました。

私も9年ぶりにお話をきいたわけですけれども、核というか高田氏の信念は微動だにしていないというのが実感でした。9年間の間に臨床を積み重ねてきた分だけ講座の内容は充実度が増していて、今回受講された方の「参加できてラッキーでした」というお気持ちが講座中も熱いエネルギーとなって伝わってくるような(ワークの実践を繰り返して本当に会場が熱くなりました・・・)時間となりました。

高田氏に私がこれまでも何度となく言われてきたことは

「複雑にするのは簡単。だからあえてシンプルであり続けるようにする。考え方もやり方もシンプルであればあるほどいいですよ」

ということです。高田氏はどこからどう切り取っても、面白いくらいにシンプルな人なのです。一緒に話していると、私が如何に複雑で重たく生きているのかが感じられて、もっと軽くいこうという気持ちにさせてくれます。

シンプルだけれど絶対に手を抜かないで、とことんやる。というのが高田氏のスタイルらしく、先日も最近「貝」にはまっているというので、いつからですか?と聞いたら、この2週間くらい、といいます。

それで貝のお刺身の盛り合わせを一緒に食べたのですけれど、高田氏は「いやぁ、貝ってほんとにうまいよね~」と言ってすごくおいしそうに食べるんです。この人は本当に今、貝にはまっていて、きっと毎日貝を食べていて、そして絶対に飽きるまで食べるんだろうなぁと。(^^)

そのくらいすごくシンプルで飽きるまでとことんエネルギーを注ぐ。
彼のヒーリングはとてもシンプルだけれど、予約表の枠はぎっしりです。ヒーリングは飽きたら辞めると講座中にも言っていましたが(・・・でも飽きないんですよね、とも言っていました)、そうなったときは本当に飽きた時だと思いますし、それまでは尋常ではないエネルギーをそこに込めていく人だと思って、そういう高田氏を私は心から尊敬しています。

その具体的な方法をクエルヒーラー養成講座の中で伝えていただいたように感じています。なので、きっとヒーラーを目指していない方でも(そういう方も多くいらっしゃいましたが)、人生における大きなヒントを得ていただいたのではないかしらと思っております。

第4期クエルヒーラー養成講座は・・・・今回の参加者の方が「食える」ようになったら開催するのだそう。(^^)

第3期クエルヒーラー養成講座に参加をされて「三大設定士」になられた皆さま、今後のご活躍を心より楽しみにしております。

そして他の皆さまも次の養成講座が開催されるよう、今回の参加者の方々が「クエルヒーラー」になれることを是非応援してあげてください♪



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-09-22 11:35 | 日々の想い

根を張る

本を読んでいたら、植物は地上に出ている部分の2倍以上の根を持つ、と書いてありました。
知ってはいましたけれど、すっかり忘れていました。

そうだった、そうだった。。。という感じです。(^^)

宇宙は一つの「形」を持ち、すべてはその「形」の相似形だとするならば、
つまりこういうことになります。


   「目に見える部分」の2倍以上の「目に見えない部分」がある。

   「自分が認識している真実」の2倍以上の「認識していない真実」がある。

植物の根っこを太陽の下でを見ることがあっても、その根が地中でどんなふうに息づいているのかを見ることは不可能です。でもその見えない部分にある根が目に見える地上の部分を支えています。

知っていると思っていることの2倍以上の知らないことがある。
相手にも、自分が知らない事情が、こちらが想像している以上にある。
自分の能力だって自分が認識しているよりも、ずっとずっとたくさんある・・・かもしれない。(^^;)


私が認識している世界の2倍以上の認識していない世界が存在している。
そう思ったら、私はもっと謙虚になれるだろうし、もっといろいろなことを赦せるだろうと思いました。謙虚になって、いろいろなことを赦していって、そして私は私の根っこをもっとしっかりと張ることだけを考えていきたいなぁとそんな風に思います。

いや、思っていたのですけれど、すっかり忘れていました。(^^;)
時間をかけてじっくりと、しっかりと土台を作ることをなによりも大事にしていきたいと思っております。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
明日は第3期クエルヒーラー養成講座です。どんな講座になるのか、私もとても楽しみにしております♪
by m_alchemia | 2010-09-19 21:28 | 日々の想い

体に聞いてみよう♪

野口整体をお願いしました。このところ月一度、定期的にみていただきながら、体の使い方や頭の使い方を教えていただいています。

・・・毎日はとても充実していて、元気に過ごしていますが、やりたいことと、やらなければならいこと、やった方がいいこと。、緊急のことと、急いではいないこと。締め切りがあるものと、そうでないもの。自分だけのものと、他人が関わるもの。・・・・そんないろいろな案件が頭の中からあふれそうになっています。

というようなお話をしていたら「出来事は頭の中に入れておかずに、お腹の中に入れておきなさい」と言われました。頭で受け取らずに、腹で受け取る。腹にしまう。そうするともっと安定してきて、人生はもっと面白くなっていきますよ、とおっしゃいます。

・・・じゃあ、頭では何をするんですか?

「頭はPCのデスクトップみたいなものですから。必要なものを取り出してきてそこで作業をするんです。その取り出しのために使います」

・・・ああ、ナルホド。 (深く納得)

私の頭のデスクトップはいろんなものが出しっぱなしになっていて、だから忙しい気分になってしまうのだと思いました。実際、私のPCはデスクトップにいろいろなものが保存してあって、それをしばしば彼(コオ)に注意されて、きちんとファイルを作って整理をしなさいと言われるのですが・・・要するに私の頭の中がそういう状態なのだということです。ハードディスクにたくさん入っていても、実際にシンプルに作業をこなすことは可能だということでしょう。

私は今日、Hさんに「私は毎日の生活がこれ以上予定を詰め込まないでほしいと(私の内面の声が)言っているのか、大丈夫だからそれをスマートにこなせるようになってほしいと言っているのか自分では判断がつかないので、私の体に聞いてもらえないか」と頼んでいました。

結局ハードディスク(お腹)の方はまだまだ余裕がありますから、案件が今以上になっても大丈夫、体の方はそのつもりで準備を整えているようですよ、ということでしたので、今後は案件はデスクトップ(頭)に置きっぱなしにせずにきちんとしまうようにイメージしていこうと思います。

用があるときはファイルを開いて、取り出して、作業をする。いらないものは即消去する。これを自分の頭の中でもやる必要があるということですね。

しかし自分のPCのデスクトップの散らかり具合と、自分の思考の散らかり具合がリンクしているとは考えてもみませんでした。(^^;)

色々な方とお話をすることで学べることは本当に多いと思います。面白い体験をさせていただきました。Hさんに感謝。(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございます♪



美保(Mio)
by m_alchemia | 2010-09-15 16:52 | 日々の想い

父がちょっとした入院をして手術をしたので、フラワーエッセンスのクラスの後にお見舞いにいきました。前々から予定していた2日間の入院で明日には退院というものですが、どんなに小さくても手術は手術。やはりそれなりに大変なのだなということを思って帰宅をしました。

父は昨日はとても暑かったので病室で眠れず、涼しいところを探して病院の入口付近の待合用の椅子で横になっていたら守衛さんに怒られた、といいます。(^^;)
如何にも私の父らしいというか、こういう性格は70歳を過ぎても変わらないんだなぁ・・・。(苦笑)

手の甲の骨を削るという手術だったのですが、手術後で横になっていて身動きがとれず、麻酔も切れて痛みもあるでしょうに、我慢できないほどじゃないと言って、不機嫌になることもなく、いつも自宅にいるのと同じように普通に話をしていました。

こんな病院だが手術室はすごくきれいだったぞ、とか、民主党の代表選の結果はどうだった?とか、そんな姿をみていると、私の方は「きっとたいしたことないのね」と思ってしまいそうなほどですが実はそういうものでもないのだろうと思います。

父は母が入院をするようなときも、娘たちが人生におけるちょっと大変な時期があっても、いつもそのように普通であってくれる。それが本当にありがたいことだと思います。

父は今でも退職した会社に乞われて週に数日出向いているようですが、それは父にしかできない仕事があるということもあるのでしょうが、人間性も十分に買われているのだろうと思います。

自他共に厳しくもあり、責任感もあり、でも守衛さんに怒られてしまうようなそんな性格の父から、その明るさと、平常心と、忍耐力と、洞察力のかけらでも受け継いでいたらいいなぁと思うのです・・・娘として。(^^)



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-09-14 21:13 | 日々の想い

今年もシルバーアーチ開催します♪

やすらぎの部屋主催のチャリティイベント「シルバーアーチ」も第11回となりました。
皆さまのお越しをお待ちしております♪

日時:2010年10月30日(土)

11:00~17:00 入場無料

場所:KKR 江の島 ニュー向洋 大会議室 (小田急線・片瀬江の島駅より徒歩10分)

やすらぎの部屋のクラス生が中心となって行っているヒーリングイベントです。
ヒーリング、リーディング、ヒーリンググッズの販売などを行っております。

そして今回も休憩室で無料ライブがあります。(^^)

12:00~ るみさんのフラダンス ・・・アロマセラピストからフラダンサーに転身したという経緯を持つ人は珍しいのではないかと思います。明るくてあたたかで、心からフラを愛している姿はきっと幸せな気持ちにさせてくれることと思います。

14:00~ 麻実さんのクリスタルボウル演奏・・・第10回シルバーアーチでも大好評でした。クリスタルボウルの音色は心の深い部分からリラックスさせてくれます。麻実さんの音色は本当に美しいです。彼女の心の現れなのだろうなと思います。

16:00~赤荻先生の武術講座・・・この講座も前回のシルバーアーチで実はひそかに人気がありました。すごく楽しくて、いろんな発見があって、参加してよかったという声をいくつも伺いました。お人柄がにじみ出ている素敵な講座です。(^^)


そして各ブースの詳細はHPのシルバーアーチのページを是非覗いてみてくださいませ。

前回から出展者の皆さまの写真を掲載させていただいているのですが、皆本当に素敵な表情で写っています。私は毎回思うのですが、こういうメンバーでシルバーアーチを開催できるということがなんて幸せなことなんでしょう♪ と。本当に嬉しいです。(^^)ボランティアスタッフの強力なサポートのもと、今回も充実したあたたかなイベントにしていきたいと思っております。

そしていらしていただく皆さまとともに秋の一日を素敵なものにしていきたいと願っておりますので、お時間のある方は是非足を運んでくださいませ。

皆さまにお目にかかれますこと、心よりお待ちしております。


*今回もお読みくださいましてありがとうございます。
 今回のシルバーアーチでも私はタロットリーディングのブースを開きます。彼(コオ)も変わらずコーヒー屋さんで出店です。お久しぶりの方も是非いらしてくださいね。(^^)
by m_alchemia | 2010-09-11 17:27 | 日々の想い

空と大地の間で

このところブログの更新が遅れがちになっています。いらしてくださる皆さまには心から感謝しております。いつもありがとうございます♪

さて、前回の「私は何故緊張が少なくなったのか?」についてですが
思い返すと心的変化の境はFESのインテンシブセミナーにあったようです。

カリフォルニアで行われたインテンシブセミナーでのもっとも大きな体験は自然に抱かれるということを実感したということでした。

ただ自然の中に身を置くということではなく、自分が自然界の子供であり、同時に自分は自然を守る母ともなりうるという関係を知りました。熱い思いがこみあげてくるような、マドローンの木々たちがせまりくるような不思議な感覚にとらわれました。

空に象徴される「父」の原型、大地に象徴される「母」の原型に私は一瞬ではあったと思うのですが、確かにダイレクトにつながったのだと思うのです。そこからくる安心感でした。

私はどうあっても常に空と大地に挟まれ見守られている。いつでも「父」と「母」との間にあって、だから大丈夫なんだと。どんなことがあっても空と大地がなくなることはないだろう、と。見捨てられることはないのだ、と。

そんなことが瞬間のうちに私の中を通り抜けた時間がありました。セミナーの最終日です。

それ以降、私は時間に対しての感覚が少し変わったように思います。どんなに急いでも24時間経たないと明日は来ない。どんなに努力しても一日を24時間以上にすることはできない。3か月かかるものはそれなりに、1年かかるものはやはり1年かかる。急いでも学びのスピードは変わらない。成長のスピードも早まらない。

その中で私は楽観的な積極性をもって、ただ毎日を行ける所まで行ってみればいいのだと思うようになりました。そして不思議なことですが、そう思えるようになったら朝6時前に気持ち良く目が覚めるようになりましたし、太陽や風や揺れ動く木々と共に、以前にも増して一日を元気に過ごすようになりました。

「父」と「母」の子供である私。インナーチャイルドを癒す、ということはこんなパワフルで自由な自分をもたらしてくれるのかと今頃になって、6月のインテンシブセミナーの感動がさらに増しております。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-09-08 17:43 | 日々の想い

私の中で何かが起こっている

この夏、私の中でいつの間にか変化したことがある。
それは嫌な緊張感が格段に減っている、ということだ。

マンドリンアンサンブルの定演曲の中にちょっとしたギターソロの部分がある。
私は本番といった場面では、それはもうウンザリするほど緊張して手が冷たくなって震えるたちなので、こういう全体に影響を及ぼしてしまうものを、たとえわずかでも引き受けるのは本当に気が重くなる。しかし、パートトップがこれを担うのが通常なのでいつもやむなく弾いているわけだが、この夏に入ってからは少し感じが違う。

大丈夫。本番では絶対に間違えないから!と本気で思っている自分がいて、物言いたげな指揮者に対しても「大丈夫です。本番では問題なく弾けますから^^」と、呑気に答えている。

冷静に考えれば、練習でも今まで一度も間違えないで弾けたことがない(!)。どこからそんな根拠ない自信が出てくるんだろうなぁ。。そのことが自分でもなんだか可笑しくなってしまって、本番で間違えても、まあ、たいしたことないし・・くらいに開き直って楽しんでいる。

フラメンコのレッスンでも同じことが自分の中で起こっている。
11月の発表会で踊る曲の中に「ソレア イ ソレアポルブレリア」という上級者向けの演目があり、何故かそれを踊ることになってしまった。別に自分が抜擢されたわけではなくて、自分が普段通っているクラスでたまたまそれを踊るという話になってしまったのだ。

私以外の残りの2人は経験が長いのだが、問題は私で、さすがにリハーサルが近づいている最近になって先生も不安になってきているのではないだろうか。川上さん大丈夫?と、めったにレッスン中に個人名を出さない先生から、名指しで心配されている。(^^;)

いつもだったら、自分が足を引っ張っている。申し訳ない。自信がない。どうしよう。というパターンに陥っていく・・・・はずなのだけれども、今年は不思議なことに様子が違う。

先生、大丈夫ですよ~♪ 問題ありません。(^^)

何いっちゃってるんだろうな、私。全然大丈夫な状態じゃないよね。という感じなのだけれども、本当に何とかなると信じている自分がいる。


で、いつからこんな風になったのか。ということに関してはまた次回♪



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-09-03 08:10 | 日々の想い

それぞれの夏

d0011725_1023567.jpg 9月になりました。やはり、暦が替わると幾分でも涼しくなるものですね♪ 、、、、と思いたい。(^^;)

ん~、暑い。残暑というのはこんなにも厳しいものだったのか、と思うほどこの時期の暑さは体に堪えます。

写真のカフェテーブルは桂がこの夏、アトリエで制作してきた作品です。デザインに数時間を要したという久しぶりの自信作で、もちろん安定もよいし、きちんと使えます。
(写真が下手で傾いてみえますが・・・ごめん。桂くん^^;)


今度はこのテーブルに合わせた椅子を作りたいのだとか。楽しみです♪

桂の夏はこのテーブルと、PCと向き合ってのプログラミングの勉強(本人いわく、すごく面白いのだといいます。プログラミングの基礎の本を買ってきて真剣に格闘していました)と、村上春樹のエッセイ&小説で8割を占めていたように思います。彼の読書のスピードは相当なもので、たぶんこの夏の間に村上春樹をほぼ制覇したのではないだろうかという感じでした。

プログラミングがいい例ですが、私が知らない、あるいは理解できない世界に自分の子供が飛び込んでいって、それに真剣に取り組んでいるのをみるのは、頼もしくもあり、とても楽しいです。私という枠をどんどん超えていってしまうのは、当然ですが子供の興味がある会話に乗れなくなったり、子供からすれば母親と一緒にいても退屈だ、つまらないと思うことが増えていくことでもあるのですが、私はその変化をとても喜ばしいこととして感じていました。

どんどん世界を広げて、本当に私がついていけなくなるくらいにまで世界を広げて、親という存在に遠慮せずに自由に自分を創造し、表現していってほしいなぁと願っています。

過去4年分の夏を取り換えす!(4年間の夏期講習は本当に苦痛だったらしい・・)と本人が言っていた通り、思う存分好きなことをやった夏休みだったように見えます。

今日は学校で夏休み明けの試験なのだそう。また学校生活に戻っていますが、いい秋に向かっていってほしいと願っています。


*本日もお読みくださいまして、ありがとうございます♪
by m_alchemia | 2010-09-02 10:53 | 日々の想い