<   2010年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

オーラに浸る

2月11日の奇蹟のお話会の中でゲストスピーカーの高田氏から
『成功したいのなら成功している人のオーラに浸ること。
お客さんにたくさん来てもらいたいのなら、
お客さんがたくさん集まるオーラを放っている場所にいって、
そのエネルギーに浸ること』というお話があった。

具体的にはマクドナルドとかユニクロといったような場所だ。
私の中ではディズニーランドなどもその中に入ると思っている。

私はマクドナルドもユニクロもディズニーランドもほとんど行かないけれども
ただ同じようなことを感じることはある。

その一つがベストセラー作家だ。
我が家では桂が東野圭吾にはまっていて、そのほとんどが家にある。
たまに桂に借りて東野圭吾の小説を読むとき、その勢いと人気の高さを
エネルギーとして感じる。まさに売れっ子作家のオーラを感じるのだ。

あるいは人気が高いというお店のケーキやお菓子をいただいたときなども
同じようなことを思う。

それは小説の中身やお菓子の味が自分の趣味や味覚に合っているのかと
いうのとは別のことがらだ。(あ、東野圭吾は面白いです♪)

人気のエネルギーを頂戴する、と考えるとまた違ったことが味わえる。
そういう意味ではユニクロも東野圭吾も私は結構好きなのである。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-02-27 15:59 | 日々の想い

台詞

10年ほど前に放映されていたNHKの朝の連続テレビ小説「あぐり」を
みていた方はいらっしゃるだろうか。私は普段、あの8:15からのドラマを
見る習慣はないのだけれど、どういうわけだか、「あぐり」だけは毎日かかさずみていた。

美容師、吉行あぐりさんの半生をつづったもので、おそらくその生き方と台詞が
とてもふるっていたからだろうと思う。

そのドラマの中で私がとても印象に残っている台詞がある。
思わずメモに書き残したほどだ。そしてそのメモは今も手元にある。

 「誰だって転ぶのよ。
  大切なことは、誰のせいで転んだとか、そういうことを言うんじゃなくて、
  転んだら転んだまま大空をみなさい。
  そして深呼吸をゆっくりするの。
  それから、これからどうするかを考えればいいのよ。
  起き上がるのは一番最後でいいのよ。」

実はこの台詞が脚本を書いた清水有生さんの、もっとも伝えたかった
メッセージだったということを今日知った。

やっぱり、そうだったんだ。そうだろうなぁ。。

10年も前にみたドラマなのに、あぐりのお母さんがあぐりを慰めるシーンが
脳裏によみがえる。

何ヶ月も続くドラマの中のたった一つ、渾身の台詞。

そして、それを覚えている自分が、なんだかすごく幸せな人間に感じた。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-02-24 22:35 | 日々の想い

意味はあとから見えることも・・

d0011725_21423894.jpg 先日タロットのリーディングを載せたので、その続きをもう一つ。

左から過去・現在・未来です。過去が12宙吊りの逆を向いています。私がクラスの準備に手をつけていない様子。それに対して下のカードはクラスで行う太陽のテーマに取り組んだ様子が現れています。


そして下の残り2枚です。3女帝と4皇帝が向き合っています。
私と彼(コオ)です。何かを二人で話し合いなさいとカードが言っているようにみえましたので、よし、話そうと。(^^)

ところが何を話したらいいのか、皆目検討がつきません。

とりあえずお茶をいれて。さてさて・・・(^^)

カードを眺めつつ、これは絶対に仕事に関することだぞ。なにかしら・・・?なんだろうなぁ・・・。
と二人でお茶を飲んでいたら、突然彼がそうだ!思い出した!!というのです。

私のクラスと彼のクラスの日程が重複して、同じ日の同じ時間に同じ部屋を使うことになってしまっていたとのこと。これはどちらかがクラスの日程を変更して参加者の方に連絡をしなくてはなりません。

さっそく二人で手帳を持ち出し、クラスの日程の調整に入りました。

タロットのカードでは3女帝と4皇帝の上には2枚の逆向きのカードがあります。
愚者と16神の家です。改めてカードを眺めると、お客様が「やすらぎの部屋」に向かうけれども建物に入れない状態になっています。そこでやっとカードの意味することが理解できました。

気がついてよかったです。タロットを展開していなければ、もっと直前になるまで気がつかなくてお客様に迷惑をかけたかもしれません。ほっと胸をなでおろしております。

そしてクラス日程の変更に快く応じてくださいました皆さま、ありがとうございました。
ヒーリングクラス・アドバンスクラスも来月から新しいクラスでスタートしますね。
「やすらぎの部屋」がいらしてくださる皆さまにとりまして心地よい場所となりますように、心がけてまいります。これからもどうぞよろしくお願いいたします♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2010-02-23 22:07

天使のメッセージ

今日は平成22年2月22日。2がたくさんの日です。

先日いただいたメールに数のぞろ目のことが書かれていたので、そういえば222というのはどう意味だったかしら・・と調べてみる気になりました。

ドリーン・バーチュー女史によると222というエンジェル・ナンバーは

  アイデアが現実になろうと育ち始めています。

  信じる心を持ってください。すべてはうまくいきます。
  この状況に関わっているすべての人にとっておのずと見事に解決がされていきます。

というような意味を持つそうです。

今日は少し時間があったので、その間に「私が本当に実現したいこと」について偶然にも考えておりました。そのことがいずれ実現できるように。すべてがうまくなされるように。

疑う心を持たずに、ただそのことを信じていこう♪と思いました。私にとっては見事なシンクロでした。(^^)

天使に感謝しています♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございます。
by m_alchemia | 2010-02-22 22:16 | 日々の想い

何をしようかな?

d0011725_15341850.jpg 週が明けたら暖かくなるとは聞いておりましたが、本当に今週は暖かくなりそうです。

昨日、洗濯物を干そうと思って窓を開けましたらふっと花の香りがいたしました。辺りを見回しても花は目に入りませんでしたが、梅でしょうか。春をじかに感じさせてくれる出来事には心が動かされます。

さて昨日はプロデュースイベントがあったので、私はお休みをいただきました。夕食が終わって一息ついた後、時間が空いたのでこれから寝るまでの間に何をしようかしらと考えました。

読みかけの本の続きを読んでもよいし、オリンピックの特集を見てもよいし、アンサンブルで弾けない箇所のギターの練習をしてもいいかなぁと。そしてその時にそうだ、たまにはタロットに聞いてみましょうと思い立ちました。

タロットになじみのない方には分かりにくいかもしれませんが、
上段左から過去・現在・未来です。そして下段に何をしたらいいのかが現れています。

過去と現在のカードが逆を向いています。そして未来のカードは正立です。

逆向きのカードは19太陽と10運命の輪でした。
その時に思い出しました。来週のフラワーエッセンスクラス中級クラスの準備がまだ最後まで終わっていなかったことを。ちなみに次回のテーマは「太陽」で、最終回は「10」回目にあたります。

というわけで、昨日の夜は結局クラスの準備をすることにいたしました。(^^)
タロットの下段は3女帝と1仕事師で、タロットも私に仕事をしなさいと勧めているように見えました。

こんな些細なことでもタロットは気持ちを整理してくれるので、とても便利でありがたいツールです。そうしないと、結局時間ばかり経ってしまってするべきことをしないうちに一日が終わってしまうからです。

今日はおかげさまで昨夜の間にクラスの準備をあらかた終えて、前向きな気持ちで過ごせています。未来の20の審判は一つのゴールでもあります。フラワーエッセンス中級クラスの最終回、いい形で一年を締めくくれるようにと思っています。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-02-21 16:01

人は人に出会って成長していく

やすらぎの部屋に久しぶりにいらしてくださる方を見て、ずいぶんいい雰囲気になられたなと思う人は、お会いしなかった間にいい人との出会いをしている人が多いように思います。

その出会いは恋人であったり、先生であったり、職場の環境であったりとさまざまです。

先日お会いした方はそれまでも何度も会社を辞めていて、それもいつも喧嘩別れをするような形で会社を飛び出しているような方でした。

それが今回も会社を辞めたのだけれども、皆さんにも迷惑をかけたし、大変お世話になりました、勉強をさせていただきましたと挨拶をして辞めてきたというお話でした。

そしてその理由が、自分が今あることを学んでいてその先生が素晴らしい人で、自分が今までのような辞め方をしたら、その先生と先生の教えている事柄の評判まで悪くなると思ったからだとおっしゃるのです。

素晴らしい先生に出会ったのだなぁと思いました。
こういう風に誰かのために自分を抑えることができるようになった人は、その後の人生が必ずいい方向に変わってくるだろうと思えました。

その人は今回職場を去る日に、スタッフの人が泣いてくれたと言っていました。そういう経験はもちろん初めてのことで、全員から嫌われていると思っていたのに、そうではなかったんだと。

その変化はいい先生、いい仲間に出会ったからこそなのだということが、お話を伺っていてとてもよく理解できました。

そういう出会いがあれば、人は自然に変わっていかれるのだということに改めて気づかせていただきました。

人って素晴らしいなぁと思います。

人間関係は難しいこともあるけれど、人との関わりの中だからこそ育まれるものがあるのだなぁと、その方のお話を伺っていて、なんだかあたたかい気持ちになりました。




*本日もお読みくださいまして、ありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-02-20 20:32 | 日々の想い

おにぎり

桂は中学3年生になってからお弁当はおにぎりしか持っていかない。
最大の理由は「弁当箱を洗うのが面倒」というものだ。我が家では自分のお弁当箱は自分で洗うということになっている。しかしそこまで面倒なら私が洗ってあげるとも言ったのだが、とにかくおにぎりだけでいいから、という。

もっとも中学校の昼食時間はもともと15分しかなく、加えて全員が席に着くのに時間がかかるために結局5分くらいしか食べる時間がないということで、だからおにぎり2つくらいでちょうどいいのだという理由もあるらしい。

もともと言い出したら聞かないタイプなので、おにぎりだけと言われればそれを作るしかないのだが、そのうち普通のお弁当を持っていくと言い出すかと思ったらとうとう卒業まで行ってしまいそうだ。おまけにおにぎりの中身は梅干と昆布だけでいいというので、母としてはそれでいいのか?と思いつつも、毎日お弁当のおかずに頭を悩ませることがないのはありがたいことこの上ない。

しかしこれ以上ないほどシンプルなお弁当なのに、それでもさらにうっかりと手を抜いてしまうことがあるので、自分でも驚いてしまう。

今日は桂から「おにぎりにのりが巻いてない!」と出掛けに言われた。もう間に合わないからそのまま行く!といって飛び出していったが、別のことを考えていて心がどこかにいっているとおにぎりすらまともに作れない。実はのりを巻き忘れたのはこれが2回目。昆布を入れ忘れたこともある。(^^;)

ゴメン!桂くん。

こんな親ってどうなんだろう??(^^;)
まったく、おにぎりぐらいちゃんと作ってあげようよ、おにぎりだけなんだからさぁ。。と自分にツッコミをいれている。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます♪
by m_alchemia | 2010-02-19 22:25 | 日々の想い

CAN

ある人に教えていただいた動画です。

CAN 世界一の父



人はそれぞれ無数のCANを持っているけれど

そのCANに働きかけるのは愛なのだと思いました。

愛そのものが奇蹟なんだなぁと思いました。



*本日もお読みくださってありがとうございます♪
by m_alchemia | 2010-02-17 21:18 | 日々の想い

寒い!

寒い日が続いています。
「・・・バンクーバーより寒いんですって」

「・・・今週が寒さのピークだそうですよ」

巷で耳にする「寒い」という言葉に敏感になっています。
そうかぁ・・来週には少し暖かくなるのかぁ。。よし、がんばろう。(何を?^^;)

昨日は厳しい小雨の中、幼稚園児の男の子が半袖半ズボンで元気に歩いていました。ワォ。

そういえば桂も小学4年生の時の一年間だけ半袖で過ごしていました。どうしてそんな気分になったのか、本人も思い出せないといいます。友達の中にもそんな子供は一人もいませんでした。

本人はちっとも寒そうではありませんでしたし、言っても聞かないのでそのままにしておりましたが、雪が降ってもTシャツ一枚で出かけるので、近所のお母さんがさすがに心配して上着を貸してくれたりしていたようです。(友達の家に行ったら、友達のお母さんから「上着を着ないと外に遊びに行かせない」と言われたと本人が帰宅してから教えてもらいました。本当にたくさんの人にお世話になってきました。感謝しています♪)

上着も長袖もいつでも着られるように用意はしてありましたけれども
結局365日、色あせたお気に入りTシャツ4枚だけをとっかえひっかえ着ておりました。

そんな話を親戚の叔父にしたことがありました。
「桂は一年中半袖で過ごしているんですよ」

感心してくれるのかと思ったら、激怒されました。(^^;)

「真冬も半袖で出かけるのか?室内は暖房が効いているから安心だと思ってるのか知らんが、地震にあったり事故にあったりしてすべての電気がストップすることもあるんだぞ。一晩外で過ごさんならんこともある。そんなことになったらあっという間に凍死するぞ。全く危機管理がなっとらん!お前は馬鹿かっ!!」

・・・・ごもっともです。(大汗)
親として猛反省をしたという非常にありがたい思い出です。

ところで桂は小学5年生の冬は普通の人と同じような生活に戻っておりました。
ホント、あの一年が今でも不思議です。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2010-02-16 11:19 | 日々の想い

タロットクラスのお知らせ

次期タロットクラスの開催について、お問い合わせをいくつかいただいております。
昨日クラスの日程をUPいたしました。2010年9月開講です。

マルセイユタロット基礎クラス
 ・イシス版マルセイユタロット(大アルカナ22枚)を使います。「魂の向上のための一冊の書物」と言われるタロットにはいったい何が書かれているのでしょう。カードの象徴を読み解きながら、同時にリーディングのテクニックも身につけていきます。

 木曜日クラスと土曜日クラスの2クラスです。(定員各5名・月1回13:00~17:00・全8回)



マルセイユタロット実践クラス
 ・基礎クラスではカードの説明に重点がおかれます。実践クラスではさまざまなテーマのリーディング実践を行い、発表・検証をしていきます。他の人のリーディングには自分では気づかない思わぬ発見があり、自分のリーディングの幅をぐっと広げてくれます。

(このクラスはタロット基礎クラス修了者の他、イシス学院のタロット初級コースを修了された方もご参加が可能です)

 木曜日クラスと日曜日クラスの2クラスです。(定員各5名・月1回13:00~17:00・全8回)

 
以下、タロットクラスの感想から。(^^)

 ☆予想を遥かに超えた面白さです ♪…というより、こんなふうな感じに面白いとは思いもしませんでした…という言いかたのほうがあっているかもしれません。…という「こんなふう」を上手く表現できませんが(^_^;)

 ☆カードが自分の仲間というか、本当に自分の物語の登場人物一人ひとりであり、またその時々の自分でもあり、または全員が私の味方であり、助言者・見守ってくれている存在だと感じます。楽しい講座を開催していただきましてありがとうございます。


タロットの世界は私も大好きな世界ゆえ、皆さまをご招待できますことを心より嬉しく思います。少し先のクラスですが、平日・休日共に1クラスずつを予定しておりますのでご興味のある方は是非ご検討くださいませ。ご参加をお待ちしております♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2010-02-15 17:04 | 日々の想い