<   2009年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

愛情と希望

「生きがいの創造」の著者である飯田史彦氏の「スピリチュアリティ・カウンセリング」を読んでおります。

人間関係の上で現れる原因不明の怒りについて、他からの霊的な影響によるもの、脳の機能障害によるもの、心的分離によるものなどを非常に分かりやすい例を用いて説明をしています。

またツインソウルや、ソウルメイトに関する内容もストーリー仕立てになっているので、ヒーリングに携わる方や、精神世界に強い関心がある方にはなかなか面白く読めるかもしれません。

私がこの本について触れようと思ったのは

「いずれにしても、真に人を救うのは、薬や奇跡やスピリチュアリティな力ではなく、『愛情』と『希望』です。相手に自分の純粋な愛情を差し上げながら、未来への希望を抱いていただけるように導くこと・・・それこそがスピリチュアリティ・カウンセリングの方法にほかならない」と述べられており、そのことに私自身が勇気と希望をもらったからです。

私自身はオーラが見えたり、人の守護霊や過去生が分かったりすることもありませんし、私が便宜上Rishと名づけている自分の中の心の声と直感を頼りにしていることを除けば、私自身はサイキックでもスピリチュアルでも何でもありません。

ですから、飯田氏のようなタイプの人の話を見聞きすると自分が「ヒーリング」とカテゴライズされている世界で仕事をしていることに今でも尚、若干の居心地の悪さを感じてしまうという面があります。

けれども、「人を救うのは(そのような)力ではなく、愛情と希望だ」と言ってくださるおかげで、私が出来ることはあると力強く思えるのです。

愛を注ぐプロであれるように、本物のプロになれるように
来年も自分と向き合い、人と向き合っていきたい。
そのようなことを思っております。

来年もどうぞよろしくお願いいたします♪
by m_alchemia | 2009-12-29 21:14 | 日々の想い

宇宙のシナリオ

本日のフラワーエッセンスクラスのシェアの時間に

「宇宙のシナリオに感謝します」と毎日言うといいですよというお話を伺いました。

その方曰く、これまで自分の描いたシナリオを意識してきたけれども、これからは宇宙のシナリオに従っていこうと思ったときからいろいろなシンクロが起こっていることに気がつけるようになった、ということでした。

宇宙のシナリオは時に自分の想定外のことであったりもして

ちょっと動揺してしまうこともありますが・・・(^^;)

「宇宙のシナリオに感謝します」というのは実際に声に出したり、心の中で唱えてみて実感したのですが、とても力強く、そしていい響きを持っているという感じがいたしました。

太陽に向かって唱えるとよりいいそうですよ♪ とのこと。 (^^)

言葉の力は大きいですね。

言葉といえば、先ほど見ていたフィギュアスケートで中野ゆかりさんがインタビューで、「荒川静香さんから緊張しているときは『自分はいま緊張しているから大丈夫』と言ってあげれば大丈夫といってもらった」とお話をされていて、ああナルホドと感動してしまいました。

「私は今緊張している。だから大丈夫♪」

これは目からウロコのような発想でしたが、なんて力強い言葉なんだろう思いました。

本当に言葉の力は大きいなぁと思います。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。今日のフィギュアスケートのSPは本当に感動的で、その余韻にたっぷりと浸って一日の残りを過ごしております。幸せです♪
by m_alchemia | 2009-12-26 22:02 | 日々の想い

やりたいこと?

クラスではよく「自分のやりたいことが見つけられない」ことが話題になります。やりたいことが見つからない場合はどうしたらいいのか?自分は高すぎる(低すぎる)目標設定をしているのではないか?やりたいことだと思ってとりかかったけれど、今がこれがやりたいことだかどうか分からなくなってしまった・・などです。

私はおかげさまでやりたいことをやらせていただいている、と思っています。本当に恵まれた環境に感謝しております。

けれども日々の一つ一つはやっぱり「やりたいこと」より「やらなくてはいけないこと」が9割くらいかしらと思いました。私は別に洗濯物を干したいと思っているわけではありませんし、市役所に行きたくてうずうずしているわけでもありません。睡魔と闘いながらクラスの準備をしていることもよくあります。

毎日のように「今日はコレとコレを片付けなくっちゃ!」と思って日々を過ごしているのです。

だから時々「やりたいことをする」ってどういうことなんだろう?と思います。
でも確かに私は「やりたいこと」をやっていると自分では思っているのですが。(^^)

私はいつからか「やりたいことの中に含まれるやりたくないことをどれだけ積極的に引き受けるか」ということが、やりたいことを見つける鍵だと信じるようになりました。

その意味では面倒くさがりの私の日常は、そのほとんどが「やりたいことの中のやりたくないこと」なのでしょうね。今日も法務局と青色申告会に足を運びながらそんなことを考えておりました。(^^;)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪ 
by m_alchemia | 2009-12-25 20:25 | 日々の想い

メリークリスマス♪

今日は朝から、郵便局と銀行と市役所と税務署と社会保険事務所を回ってきました。
暖かい一日であったことが本当にありがたかったです。(^^)

会社設立の登記申請は済んだものの、各種開始・廃止・変更届出が本当にたくさんあって1月に入ってもしばらくこの状態が続きそうです。(^^;)

司法書士や行政書士を通さずにすべて自分で動いているので、分からないことがいっぱい(!)ありますけれども、その分いろいろなことを教えていただいて世界が少しだけ広くなりました。

しかし年末の忙しい時期であるにも関わらず、どちらに伺っても親切丁寧に一つ一つを説明してくださり本当にありがたいことだと思います。役所は固いですが、役所の人が固いわけではありませんね。そんな当たり前のことも感じさせていただきました。

さて、税務署へは酒類取り扱いの免許取得のために出かけて参りました。フラワーエッセンスの販売が出来るように制度を整えようと思っているからなのですが、むむむ・・・会社設立より話がややこしかったです。(^^;)それでも担当の方は1時間も時間をとってこちらの質問に全部答えてくださいました。感謝しております。来年前半の大きな課題だなぁ。
しっかり勉強してまだ税務署に出かけてきます♪

今日はクリスマス・イブ。
夕飯はポトフを作り、そしてブロッコリーとサーモンが入ったキッシュを作りました。ワインとジュースも買って家族3人でパーティでした。(そしてクリスマスケーキは、なんと母が近所のお店の抽選で当ててくれました。すばらしいプレゼント♪)

幸せな一日に感謝。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-12-24 23:35 | 日々の想い

「変わらない」

少しずつですが、来年をどんな年にしていったらいいのかが見えてきました。

私の来年のキーワードは「変わらない」です。(^^)

この変動の時期にあってなんだかちょっと妙ですね。

来年は無事に法人化した「やすらぎの部屋」で気持ちを切り替えていこうと思っておりますし、桂の高校生ライフもスタートします。ラオスに学校も立つ予定で、私もFESのインテンシブセミナーに参加したり、占星術の講座に通うなどを新しく予定していたりとすでに大まかではありますが、にぎやかな青写真が出来上がっています。

そしてその変化の中にあって、変わらない自分を見つめていきたいと思っています。

変わるためではなく、変わらない自分であるために何をしたらいいのか?
私が私であるというのはどういうことなのか?

それがおそらく来年のテーマになるのかな、と思っています。
我ながら、なかなかいいテーマだと感じているのですが。。
さて、どんな一年になるでしょう?(^^)




*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-12-23 20:31 | 日々の想い

心の姿勢を整える

合気道を続けている友人に、合気道の目的って何かしらと問いかけたところ、人とのコミュニケーションだという答えが返ってきた。

力を入れずに技をかけるには、相手のことをよく見ていなければならない。相手の流れをよく見て、でも見るだけでは技はかけられない。そこに人との関わりの真髄があるのだという。

人との関わりを持つときに、相手の心を思わなければ自分を押し付けるだけになるし、重く疲れるものになってしまう。でも相手に従うだけでは正しいコミュニケーションをとることはできない。自分が思う形にしていくためには、とにかく相手を見ること、相手の心を尊重することが大事なのだとか。そのことが合気道を行っていることでわかるようになるのだという。

力をかけずに技をかけられるようになるということは、すなわち無理に力をかけない人間関係を結ぶコツを得るということにつながるのだそうだが、おそらく人間関係に限らず生き方全般に言えることだろう。

何を学んでも、真実はひとつなのね~、という彼女の言葉に納得。
by m_alchemia | 2009-12-21 19:14 | 日々の想い

インナーチャイルド

昨日出かけたコンサートの中で、イメージワークをやった。
クリスマス時期にふさわしく、イメージ中で私はサンタクロースになり、子供(インナーチャイルド)にプレゼントを渡し、その子供と一緒に写真をとるというもの。

そこにはどんな子供がいますか?
あなたはその子にどんなプレゼントをあげますか?
写真に写ったその子はどんな表情をしていますか?

・・・・

私が会った子供は笑顔の可愛い女の子。白黒のチェックで裾に黒いフリルが付いているのジャンパースカートをきて、白いフリルがついた靴下に黒のエナメルの靴。髪は2つに分けて結んでいて何しろ元気な女の子だった。

サンタクロースの私はその子に大きな大きなぬいぐるみをあげた。女の子の背丈の半分くらいの大きさで、白い羊のようなクマのぬいぐるみだ。

女の子はとても喜んでくれて、そしてぬいぐるみを抱いた女の子とサンタは一緒にピースサインで写真に収まった。

・・・・

これは本当に面白いイメージワークだった。それは私の中で子供の頃から勝手にタブーにしていたものだったからである。それは

*.大きいもの(置く場所がないから)
*.白いもの(すぐ汚れるから)
*.ぬいぐるみ(高価な割りに役に立たないから)

そして私は髪の量が多かったこともあっていつも短く、フリルがついたような服も着たことがない。もちろん母に髪を編んでもらったという経験もない。

そんな私はいつもプレゼントを頼むときは本か文房具か、姉妹で楽しめるゲームと決めていた。勝手に母を想ってのことだったろうと思う。(^^)

イメージの中では私が「選択しなかった」正反対の私が、それも結構幸せそうに遊んでいたので、なんだかとっても嬉しかったのである。そっちはそっちでうまくやってね、というような気分になれて幸せだった。

次に彼女に会うときはいつも何して遊んでいるのか、聞いてみようかな。(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-12-20 19:12 | 日々の想い

おうちごはんが最高♪

今日はめずらしく桂と二人で夕食を食べた。
桂が塾に行っていた時は私と彼(コオ)、私が外出をするときは桂と彼という組み合わせで食事をしているが、彼が夕食時に家にいないということがほとんどないので、こんな日は珍しい。

何食べようか?せっかくだからおいしいものにしようねといって、今日は二人でマッシュポテトとひき肉の重ね焼きを作った。ミートソースも乗せようか、チーズはこのくらい??と二人でキッチンに立って作る料理は楽しい。

私と彼(コオ)は結婚当初から二人でキッチンに立つことが多いからか、桂は男の子だが時間と気持ちに余裕があると一緒に家事を手伝ってくれる。

食事の片付けも任せると私よりもきれいに水まわりまで仕上げてくれるので、私は桂に「いつでもお嫁に行けるね~」と冗談めかして言う。

パンとサラダとオーブンから取り出した熱々の重ね焼き♪
好きな人と楽しい食事をするのは何よりの幸せだなぁ・・と今日もおいしくいただいた。感謝。(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-12-19 22:35

夢はさらに次の世代の夢を生む

以前もブログで紹介したことのある映画「いのちの山河・日本の青空Ⅱ」を
先週彼(コオ)と二人で観に行った。

ストーリーは岩手県の山間の、豪雪と病気と貧困という問題を抱えた小さな村で改革に乗り出した深谷村長を主人公にした実話である。

いい映画だった。
今の私の暮らしはこの人たちが心に描いていた夢の形なんだ。
というか、私そのものがこの人たちの夢の形なんだと思った。

彼らの描いた本当にすばらしい夢。
その夢の具現化である私は、その夢にふさわしくもっと堂々と
胸を張って生きていくべきだろうとも思った。

私はこんな風に自分の人生を自分だけのものではなく、
過去に生きた人のバトンを受け取った者として捉えたことはなかった。

エンディングロールで美しい歌声を披露している、ねねさんこと小松真美子さんは
たくさんの人にこの映画を観てほしいと言っているけれど、私も心から同感。(^^)

深谷村長の奥様が本当に素敵です♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-12-18 23:52

キッチンで

階下に住む義母からおいしいイカが売っていたからといって、イカをいただいた。塩辛にもできるって魚屋さんが言っていたという通り、おいしそうなイカだった。

台所でイカの皮を剥きながら、祖母のことを思い出していた。

祖母がつくる塩辛はおいしかった。祖母は塩辛だけではなくて、冬は白菜もつけていたし、大根を干してタクアンもつくっていた。

歳をとってからの祖母はリビングの椅子に座ってTVを見ている姿しか思い出せないし、ある時を境にいろいろなことをやらなくなったけれど、私が小学生の頃は祖母が浴衣や着物や半纏を作っていることもあった。お正月が近くなると、障子貼りをしたり、銀杏の殻をペンチで割るのを私も妹と一緒に手伝った。

私はそのどれもやったことがないなぁ。。。

母もまめな人で祖母とはまた違ったものを手作りして、昨日もふりかけを作ったからといって小分けにして持たせてくれた。私はただ祖母からも母からも手作りの恩恵を受けるばかりで遺伝子は受け継がれていないみたい。

祖母も母も家庭的ではあるが、決して家に引きこもっているタイプでもなかった。今の自分の様と引き比べると本当に尊敬する。ありがたいことだったなぁ。。

、、、とまあそんなことを考えながらイカの皮を剥き終わった。

今日はホウレンソウと一緒にバター醤油のソテーにして食べよう♪

ありがたいことに彼(コオ)も桂も私の手料理でさえあれば何でもいいという。たとえ湯豆腐でも。(^^;)
私はこうやっていつまでも家族に愛され、甘やかされて幸せな日々を送っていくんだな、きっと。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-12-17 18:58