<   2009年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ダライ・ラマ法王来日法話

数年前からチベットの子供の里親をさせていただいておりますが、その事務局となっているチベット教育サポート基金よりご案内をいただき、ダライ・ラマ法王の東京法話を拝聴しに両国国技館へ行ってまいりました。

チケットを一枚お願いしたものの、手元にチケットが届かないので、これは送信したメールがうまくいかなかったのだとあきらめていたところ、嬉しいことに昨日チケットが送られて来ました。(^^)

手作業で急ピッチのご準備をされたようで、
そのご苦労を思うと本当にありがたいことだと思います。

ダライ・ラマ法王の法話を直接うかがう機会はこれが初めてでした。

「途中の内容が少し難しかったね」という声が周囲から聞こえてもまいりましたが、
日頃やや難解な(^^;)「奇跡のコース」の文章を目にしている身としては、法話の内容が「奇跡のコース」、あるいはバッチ博士のメッセージと同じである上に、それを書物ではなく、生身の人間が語るという形で教えを聴くことができたことは本当に幸せなことと思います。

印象に残ったことは、心を開いて、ものごとに対して常に懐疑的でありなさい。ということでした。ある側面から盲信するのではなく、きちんと自分の知恵で分析し、本当に正しいと知ることができたことだけを自分のものにしなさいということでした。

直感を信じるのもいいが、それだと行きすぎてしまうこともある。やはり目の前にあることをきちんと見て分析することが大事ですというお話でした。ダライ・ラマのお話はその意味では宗教というよりも一つの哲学ともいえると思います。

そして質疑応答の際に、「自分は最近このような仏教の教えに触れることになったのだが、自分や自分の友人のような日本の若い世代に対して一言メッセージをいただきたい」というリクエストに対して、

法王は「私は今の日本の若い人がどんなことを抱えているのか知らないので何もいうことができない。そしてあなたの友人が何について悩んでいるのかはあなたの方が知っているだろうから、是非あなたが何か言ってあげてほしい」とのみ答えていらっしゃいました。

その返答が私にとりましてはとても新鮮で、同時に法王のお人柄が伺え、また法王が私たち一人一人に何を望んでいるのかが伺える気がしました。

法王のメッセージは

慈悲の心を持つこと。他人に対して思いやりの心を持つこと。他人に思いやりの心を持つには、まず自分を大切にすること。

自分のことを好きになるには幸せな状況にできるだけいること。何故なら人は幸せな状況にいる時は自分のことを好きになれるから。

苦しみから逃げずに、苦しみを味わい、学ぶこと。それによって人の苦しみを理解でき、思いやりの心を育むことができる。

そして正しい智恵を持とうと常に努力をすること。その智恵があれば利他の心、すなわち慈悲の心に目覚めることができる。

空(くう)を体験として生きるということが法話の中に何度も出てきました。
法王がおっしゃる通り、その意味を何度もじっくりと考えたいと思います。


*明日11月1日(日)は東京講演が同じく両国国技館で開催されます。
「地球の未来への対話」ー仏教と科学の共鳴と題して、法王と科学者の方の対談となるそうです。

11月3日は四国、11月5日は沖縄で特別講演があるとのことでした。当日席も余裕があるようです。
詳細はこちら

「少々難解だった」重要なテーマについては、また後日書き綴ってみようかと思っております。
by m_alchemia | 2009-10-31 21:12 | 日々の想い

復帰?

かつて所属していたマンドリンアンサンブルの定期演奏会を観にいった際、やっぱりアンサンブルはいいなぁとしみじみ思いました。

アンサンブルは決して一人ではできないものです。それはセッションやクラスも同じですけれども、私はそのようにどなたかと共に一つのものを創りあげることに大きな喜びを感じる人間なのでしょう。

いいなぁ・・アンサンブル。定演は一年かけて仕上げるのでむずかしいかもしれないけれど、老人ホームの慰問演奏やクリスマスコンサートのような小さなコンサートでまた弾いてみたいなぁ。

そして、もしアンサンブルに復帰することがあったらカッチーニのアベマリアを皆で弾きたいなぁ。。

そんなことを思っていましたら、メンバーの方から12月に藤沢の教会で行なわれる恒例のクリスマスコンサートにピンチヒッターとして参加してもらえないかというメールをいただきました。

さらに今回のクリスマスコンサートの演奏予定リストの中に、なんとカッチーニのアベマリアがあったのです!

ということで、突然ですが今回2年ぶりにアンサンブルに復帰をすることになりました。

シルバーアーチが終わったら、ギターの埃をはらって練習に励みます。

コンサートのお知らせはまた後日。G線上のアリアやクリスマスソングなどなど。
無料ですのでお時間がある方は是非。(^^)
by m_alchemia | 2009-10-30 22:59 | 日々の想い

実りの秋

予定していた外出が一つ延期になり、めずらしく午前中は家の中の掃除をしました。少し早いかしらと思いながら新調したコタツ布団を出すためにリビングの大掃除です。暑くもなく、寒くもなく私には体が一番楽な季節です。

窓を全開にして掃除をしていると、風の音、鳥のさえずり、ときどき聞こえる道を歩く人の声や犬の吠える声が聞こえます。そんな音があわただしかった自分をゆっくりとした元のペースに戻してくれます。なんだかヒーリングミュージックみたい。(^^)

私にとっては(TVやラジオなどを除く)普段の生活音を含めたナチュラルな音がCDなどでかかる音楽よりも一番リラックスできるようです。

午後からは病院にお見舞いに行きましたが、駅からのまっすぐに伸びる銀杏並木がなんて綺麗なんでしょう♪黄金色に色づいて雨上がりの中で本当にきらきらと光っているように見えました。

人の姿を追うと、マスクをして急ぎ足で通り過ぎる人も多いですけれど、自然の営みは不景気もインフルエンザもまるで関係ないといった風情で豊かさを見せてくれます。

そんな豊かさの波動を、今年も自然からたっぷりと貰いたい実りの秋です。
もちろんおいしい食べ物もたくさんいただいて。(^^)

思いがけず上質な休暇となりました。心から感謝♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-10-29 17:35 | 日々の想い

思考の癖

昨夜になって唐突に「明日授業参観と懇談会があるよ」と言われ、今日は中学校へ。

フラワーエッセンス中級クラスを午前中に終えて自宅に戻ったところで注文していた物が午後に届くことを思い出しました。

さてさて、困ったな。どうしよう・・・・
宅配の人には申し訳ないが中学校へ行ってしまおうか、それとも桂には学校に行くといってしまったけれども、学校には行かずに家で荷物を待っていようか。

と、一瞬思いましたが、いや待てよと。 (^^;)

私はこれから昼食を食べて、20分後に家をでる予定なのだから、宅配の人が今から20分の間に来てくれればいいのだし、そうなるということにしましょう、と思うことにしました。

そして予定していた通りに昼食を食べていると、5分後に佐川急便さんが大きな荷物を届けてくださいました。ありがとうございます。(^^)

というわけで、私は無事に荷物を受け取り中学校に向かったわけです。

道すがら考えたことは、たぶん私にはつい「出来事を問題視したがる」傾向があって、あわてなくても良いことまで「まあ大変!」と思いたい自分がいるということでした。まるで「なんのハプニングもない人生なんてつまらない!」とでも思っているかのようです。

でも今日自分が願ったとおりになった現実を体験して、やはり人生はスムーズな方がいいなと思いました。もちろんうまく状況が流れない場合もあるでしょうが、うまく流れる「かもしれない」という想定を無視しないようにしようということです。

自分の小さな思い癖はその都度こまめに処理していきたいものです。

*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-10-28 23:33 | 日々の想い

心地よい余韻

フラメンコの発表会が無事に終わりました。
見にいらしてくださいました方、ありがとうございました。心から感謝しております。(^^)

普段とは違う美保さんを見られてと・・(^^;)
先日の整体の先生に、人生に2つの柱を持つことを望んでいらっしゃるようですねと言われたましたが、たぶんそうなのだと思います。

フラメンコ仲間が、やすらぎの部屋の私を見たらきっととても新鮮な気持ちがするでしょう。今日はそういう2つの世界を同じくらいの割合で生きたいと願う自分がとても好きだなぁと感じる一日でした。

アクシデントもなく、無事に終わったことも嬉しく
課題が幾つか見つかったことも嬉しい発表会でした。

来週の今日はシルバーアーチです。明日には気持ちを切り替えてまた新しい一週間を楽しみに過ごそうと思っております。たくさんの皆さまにお会いできますことを心から願っております。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます♪
by m_alchemia | 2009-10-27 22:58 | 日々の想い

原点

昨日のフラワーエッセンスクラスで、「最近原点に戻って、というお話をされる方がとても多いように思います」というお話をさせていただいた。

やすらぎの部屋も10年目を迎えて一度原点に立ち返るという必要を感じているところではあるが、他の方も「私がそもそもやりたかったことは・・・」とか「原点に立ち返ってサロンの名前を変更しました」とかいろいろなお話を聞く。

そう思っていたら、今日のフラメンコのレッスンの最中に先生が「今回の発表会は原点に戻ってセビジャーナスをきちんと踊ること!」とおっしゃった。

セビジャーナスはフィエスタ(お祭り)の踊りで、入門クラスはどこのフラメンコスタジオでもこの曲から練習をするという基本中の基本だ。

フラメンコスタジオも今年で10年になるらしい。はぁ、ここでも原点に戻ってと言われたなぁ。。

原点。もっとも私にとっては決して仕事面だけでの原点を感じているわけではない。今一番大きく感じているのは今年で桂の義務教育が終わるということだ。桂が生まれてからの15年というもの、やはりどうしても家の中が桂を育てることが中心となり、地域やPTAに関わることも多かった。

ゆえに今、彼との本来のパートナーシップという大事な原点に立ち戻れる時でもあると感じている。

今までそれでよしとしてきたことをいろいろと見直してみたいときである。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます。
by m_alchemia | 2009-10-26 20:08 | 日々の想い

体の声を聴く人

先日の整体を受けたときに、整体の先生が触れる手がとても優しくて温かいもので、体がふわっと緩むのが分かりました。(大分以前にもこんな風に触れてもらったことがあるなぁ。誰だったかしら?・・・と思い出したのが、先日奇跡のお話会のゲストスピーカーであったハマサイ氏によるヒーリングでした。懐かしい。^^)

私以上に私の体を大事に扱おうとしてくださっているのだ、という思いが湧きあがってきました。

自分の体が「やっと思いを理解してくれる人に出会った」と感じているようでした。それだけでなんだか体が勝手に安心して癒されていくのです。

「過去にとても乱暴に、というかまるで物か何かのように体を扱われたという経験を幾度かしてきて、そのことで体がへそを曲げている」と言われました。

そうなのだと思います。そのへそを曲げていた私の体の前に久しぶりに整体の先生という「話の分かる」人が現れて喜んでいるように思えました。

たとえば医療に携わる人がこんな温かくて優しい手を持っていたら、触れてもらった人はそれだけで癒されていくのではないかと思います。お医者さまや看護士さん、介護士さんなどがこうした手でケアをしてあげられたらどんなに素晴らしいことでしょう。その方の治癒力は格段に上がっていくように思いました。本当に大きな気づきでした。

何はともあれ、まずは自分がこのくらい大事に自分の体をいたわってあげるということが大事なのですね。ようやく自分に優しくするということはどういうことなのか分かりかけてきました。(^^)

昨日は好転反応か、痛みが出たので早くに横になりました。
自分の体と、もう一度きちんと向き合ってみようと思います。


*本日もお読みくださりありがとうございました。オフィスではこの秋初めてストーブを出しました。皆さまお風邪を召しませんように。
by m_alchemia | 2009-10-25 21:11 | 日々の想い

慣れていることにしっかりと準備を

桂が中学校内申のための最後の定期テストを前に頑張って勉強を始めている。

彼からいろいろと話を聞き、かつ自分のことをふりかえって思うことは苦手なものと得意なものにそれぞれどうやって取り組むのかということだ。

苦手なものには取り組まないといけない。でも取り組んでも苦手なので思う成果は上がらない。

かといって得意なものは直前でも何とかなると思って後回しにして結局詰めが甘くなる。

ということは、要するに「得意なものに対してもどれだけ事前にきちんと準備ができるか」ということが成果の大きな分かれ目になるのかしらと思った。

そういうことは私自身の日常の仕事においても同じことだと思った。

得意な事柄の準備を怠らないこと。

本日いらしてくださった方が「準備8割ですから」とおっしゃった。仕事の出来は準備で8割が決まるということだ。さらに得意なことに関しては、何をどのくらい準備すればいいのかが直感的にもよく分かるものだ。それに対して苦手なものは、準備の仕方やエネルギーのかけ方がそもそもよく分かっていないということがあるので、まったくお門違いな準備になってしまうこともある。

結局仕事の出来具合というのはできることにどれだけ真摯な態度で取り組むかということにかかってくる。得意な部分に甘えず、慣れたことだからなんとかなるだろうと思わずに、納得がいくまできっちりと準備をするというように、ものごとに向き合えるかということなんだなと改めて思ったが、この点は反省しきりである。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
当面は来週のフラメンコの発表会にむけてと、それが終わった後はシルバーアーチの準備に手を抜くことなく力を注いでいきたいと思っています。(^^)
by m_alchemia | 2009-10-24 20:44 | 日々の想い

何においても正しい場所というものがある

本日、野口整体をベースにした整体を受けてまいりました。
体に溜め込まれている感情が体を硬くするのですよ、とのこと。

突然の思いもよらぬ出来事が人生の中でいくつもあって、そのショックが今でも体に張り付いているといわれました。(怖がりだからねぇ。私・・・^^)

納得のできない感情もたくさん体に張り付いているとも言われました。(すごく頑固だからなぁ。私・・・^^;)

それらを少しずつはずしてあげると体はもっと自然に動くようになりますし、ものごとの流れを信頼して肩の力を抜いて生きていくこともできるようになりますよ、とも言われました。

ありがたいことです。

もう一つ、「背中のここに力を入れられるようになると、肩に力を入れなくてすむようになるんです。美保さんはここに力を入れているでしょ」と背中を2箇所押されました。その差は10センチくらいです。

それはフラメンコの先生にも姿勢が違うといってよく指摘されることと同じだと気がつきました!!

「たぶん生まれて一度もここに力を入れたことないと思いますよ。この姿勢に慣れてくると、もっと生きるのが楽になるはずですよ。心の状態は体に反映しますが、体を治すことで心の状態を元に戻すこともできますから」といわれて、ちょっと先が楽しみになっています。

努力する場所が違えばどんなに努力をしても意味をなさないように、体においても力の入れどころ、というものがあることを知って新鮮な気持ちでおります。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます。
by m_alchemia | 2009-10-23 22:51 | 日々の想い

人生の応援団

我武者羅(がむしゃら)應援團というものがあると知りました。

公式ブログはこちら

誰かの人生を一生懸命、がむしゃらに応援していて、それを仕事にしているという人たちの集まりです。

団長の武藤さんは高校時代に入団した応援団を一週間で逃げ出してしまったことがずっと気になっていて、25歳の時に応援団をやろうと決意したという方です。その当時、技術もコネクションもなく、誰も本気で話を聞いてくれず、しかしグーグルに「応援団 作りたい」というキーワードで検索をしたところから、人とのつながりができはじめて現在の形にまでしたという人です。

公式ブログの右下に結成秘話の動画があります。それを見ていたらどういうわけだが泣けてきました。
どうして泣けるんだかわからないのですが、なんだかすごく泣けるのです。

この人たちから心を込めてがむしゃらに人生にエールを送ってもらった人が、
感動して涙がこぼれるということがなんとなく分かる気がします。

人の人生を我武者羅に応援する彼らの姿は決してスマートな生き方ではないのだけれども、すごく人を感動させ人の心を掴んで放さないようなところがあるように思いました。

私の人生も応援していただいたような気持ちです。(^^)



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-10-22 21:00 | 日々の想い