<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あの日あの時

昨日はギター教室のことをなんだか恨みがましく言うような感じになってしまったが、実際にはある出会いがあったことによってあの半年間はとても大きなものとなった。

その出会いとはギターである。

年に数回、その教室にはギター屋さんが数種類のギターを持ってきて自由に弾かせてくれた。いずれもプロが使うような高価な代物だが、パイン材のドイツ製のギターは音がかっちりとしていてバロックを弾くと綺麗だろうなぁとか思いながら触ったり・・・(^^)。

私は半年しかその教室にいなかったので、その機会はたった一度であったが、そこで出会ったホセ・オリベというギターの甘い音色に一瞬で魅せられてしまい、そのギターが今私の手元にあるギターである。滅多に衝動買いなどしない私には人生そうない体験だった。

当時私はYAMAHAの5万円のクラシックギターを弾いていたが、それも大学4年間の練習の成果かかなり音がなるようになっていて、先生からは10万円でも売れるかも(!)といわれるぐらいの音色になっていたのだけれど、それを簡単に手放そうと思ったくらいの出会いだった。

ぽ~ん、とはじいただけで心地よい。もう大満足。(^^)そのせいもあって、私はますます難しい曲にチャレンジすることがなくなった。それよりも簡単かつ綺麗な曲でギターを響かせることを楽しみたいと思うようになったからだ。

それからほぼ20年たつのだが、私が今でもギターとの縁が続いているのは、手元にこのギターがあるからだ。かつての大学のサークル仲間がほとんどギターから離れてしまったことを考えれば、私に生涯に渡るであろうギターという彩を添えるきっかけを与えてくれたのは、あの半年間のギター教室であり、ホセオリベのギターだった。

出会いというのはどこで起こるのか本当に分からないけれど
振り返ってみたときに分かるその意味はじつに大きいなぁと思う。

今日出合った人、できごと、一言が未来の私をどこかで作っている、ということ。
そう思うと一つ一つがとても愛しく感じられてくる。


*本日もお読みくださってありがとうございます♪ 部屋の大掃除が無事終わり、快適な環境で4月を迎えられそうです。(^^)
by m_alchemia | 2009-03-31 15:33 | 日々の想い

20年前に戻って

コオがヘミシンクのCDを買った。クラシックギターの名曲が収められているアルバムだ。その最初の曲はアラビア風奇想曲で、かなり雰囲気のある素敵な曲だ。

私は大学でギターサークルに入っているときにこの曲を弾いた。大学3年の部内発表会のことである。本番は緊張でガチガチになっており、情けないほどの音しか出せなかったが、普段の練習ではまあ一応曲として聴けるレベルには仕上がった。

実はこの曲にはもう一つ別の思い出がある。それは大学を卒業してから基礎をやり直したくなって新堀ギター教室のドアをたたいたときだった。数回のレッスンを経た後に先生に尋ねられた。

大学のギター部には指導者がいたの?

いいえ。

大学に入る前にギターを弾いたことは?

いいえ。

今まで弾いた曲の中で一番難しかった曲は何?

3年の時に弾いたアラビア風奇想曲です。

・・・その時に、先生がえっ、といって少し間をおいてからあれはいい曲ですねと続けたのだが、一瞬返答に困るような顔をされたのが妙に心に残った。

その後数ヶ月して先生のリサイタルが小さな喫茶店で開かれて、たくさんの名曲を弾いてくださったのだが、その最後を飾ったのがアラビア風奇想曲だったのである。

私はその時に、ああこの曲はかなり高度な曲なのだということを知った。それを私が指導者もいないサークルで、先輩にギターの持ち方から教えてもらいながら弾いたと聴いて、先生からすればかなり意表をつかれたものだったに違いない。

けれども私は、というか私たちは曲のレベルなんてある意味おかまいなしで、皆弾きたい曲を弾いていた。そして実際かなり難易度の高い曲を普通に練習していたように思う。そんななんでもありの楽しいサークルだった。

それより困ったことに、私はそれ以来アラビア風奇想曲レベルの曲に手を出せなくなってしまった。スペイン舞曲第5番やオリエンタルやカバティーナなど大好きな曲はたくさんあるのだが、どこかで「今の私のレベルにあった曲を弾いた方がいいのじゃあないのか」と余計な思考がはいるようになってしまった。実際、教室では初心者レベルの宿題をずっと出されていた。ということは、私のレベルはまだそこだといわれているようなものだったからだ。

教室は仕事が忙しくなったために、半年ほどで辞めたのだけれども、そのことは今も尚心のどこかに引っかかっている。私の中で何かがストップしたあの瞬間に戻ってそこからもう一度やりなおしたい、つまり好きな曲に遠慮なくチャレンジする気持ちをもう一度思い出したいとアラビア風奇想曲はそんな郷愁を感じさせる一曲なのである。
by m_alchemia | 2009-03-30 18:27 | 日々の想い

今日の余韻

d0011725_2120164.jpg 夜、相変わらずいつものくせで「明日の予定は・・」とやっている自分がいる。
Rishは「明日の予定を立てる必要はない」という。

「分かってる。でも朝にその日の予定を立てないのだったら、前の日くらい次の日の予定を立ててもいいじゃない。」そういいながら、私はいったいいつからこんなに段取り好きになったのか?と考えていた。

少なくとも子供の頃は当日の朝に時間割を確認して教科書を詰め込んで駆け出していたはずだが・・・

「眠る前に必要なことは明日のことを考えることではなく、その日一日をきちんと終えることだ。今日は一日どんなことをしたのか。どんなことを感じた一日だったのか。愛が足りなかったことは何なのか。急ぎすぎてしまった部分はどこなのか。終えるということは始めるのと同じくらい大切なものだよ。」

春はとくに何かを始めたくなる季節ではなるけれども、眠る前は少しだけ立ち止まってみてもいいのかもしれない。まだ明日は始まっていないのだから。


*本日もお読みくださってありがとうございます。妹にもらったフラワーアレンジメントの花たちはなんだかまぁるくて可愛らしいです。(^^)
by m_alchemia | 2009-03-29 21:33 | 日々の想い

チャンスをつかむ人

d0011725_20374346.jpg 彼(コオ)から誕生日の花束をもらう。アラフォー(around 40)からまた一つ遠ざかる。(苦笑)

誕生日くらい一日の良いスタートを切ろうと思い、よく本に書かれているように「一日の最初に一日の予定を立てよう」と思ったところでRishから待ったがかかる。

「一日の予定を立てる必要はない」

「どうして?朝一番にきちんと予定を確認すれば、落ち着いた一日を過ごせるってよく言うじゃない。」

「一日の予定を立てるのではなく、一日のための準備をするのだ。準備なくいきなり本編に突入をするから、いざというときにあわてるのであって、失敗の原因はほぼすべて準備不足にあるのだよ」

確かに私は予定を立てたり、段取りを確認することが昔から好きで、それによって準備をした気になっていることは多い。今日は午後からセッションの予約をいただいていたので、予定を立てる代わりに外出の準備を朝のうちに整えた。(結局ひとつ忘れ物をしてしまったのだけれど・・^^;)考えてみればその方が精神的にもゆとりがもてるし、急に早めに出かけることになってもあわてることはないだろう。

「予定はたとえ立てたとしても急用が入ればすべてが終わりだ。しかし、常に先をみて準備のできる者は動じることなくふるまうことができる。チャンスは予定を立てる者にやってくるのではない。準備をしている者に与えられるのだよ。予定を頭にたたきこむことと準備をすることを混同してはならない。チャンスを掴む姿勢を身につけることだ。」

私はもしかして、たくさんのチャンスを逃してきたのかもしれないなぁ、と思った。
せっかくの誕生日メッセージ。大切にしたい。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます。花束は水色、ガブリエルカラーだよ、とのこと。毎年忘れず花束をくれるパートナーに感謝です♪(^^)
by m_alchemia | 2009-03-28 20:55 | 日々の想い

子供の可愛さと、子育ての大変さ

今日は妹の家に遊びに行きました。4月1日から妹も職場復帰をするため、月一回ペースで遊びにいっていた楽しみも、一旦終わりになります。

家の大掃除の処分品のおもちゃを持参。
桂は男の子ですが、綺麗なものが大好きだったので、カラフルな積み木や折り紙やモールや毛糸や、ビーズなど女の子が楽しめそうなものをたくさん使って遊んできました。姪のみきちゃんは一歳の誕生日を過ぎたばかりなので使うにはまだまだ早いと思いましたが、我が家の荷物を減らすのを手伝ってもらうために袋に詰めて持って行きました。(^^)

それにしても子供は本当に可愛いですが、それと子育ては全く別物です。
「子供が可愛い=子育ては楽しい」という図式は決して成り立ちません。
そのことは妹も言っていましたけれども、この図式に自分をはめ込むことができずに罪悪感を感じていらっしゃる方は本当に多いと思います。

子供は可愛いけれど、子育てはどうしても好きにはなれないと感じるのは自然なことだろうと思います。それほど大変なことだからです。というより、好きだの嫌いだのと言っていられない大変さです。

子供が小さいうちはすべてが制限されます。
時間だけではなく、行きたいところにもいかれないし、TVだって見たい番組をゆっくりみることはできません。服装も子供と一緒に過ごしやすい服に限られてしまいますし、食べるものもどうしても子供中心のメニューや味付けになります。

桂が小さかった頃、公園で一緒だったママ仲間はいろいろなことをしたがっていました。それは旅行や仕事といったものではありません。
ある人は電車に乗りたいと言っていました。いつも二人の子供がいるので実家に行くときは車、近所は自転車。もう1年以上も電車に乗っていないなぁ、と。
別の人はストッキングにパンプスを履きたいと言っていました。ファミレス以外のレストランに行きたいという人もいました。夜泣きがひどいお子さんをもつお母さんは、昨日の夜もずっと車に子供を乗せて走らせていたとよく話していました。その頃の私の望みは一人でトイレに入ることと、一人で枕を使って眠りたいということでした。

それらをみるだけでも、子育てというものがどれだけの制限の中にあることなのかが分かりますし、子供を育てる楽しみの方がそれらの制限を上回る人というのはごくわずかであろうことも理解できようというものです。

妹が職場復帰をするということは、そのことでいろいろと大変なこともあるだろうと思いますが、保育園という子育てを手伝ってくれる場所を得ることで楽になることがあることを願っています。
そして同時に専業主婦として子育てに専念をされている方には是非気持ちを楽に持って、上手に気分転換をなさっていただきたいと心から願っています。

私は妹の気分転換の役に立ったらいいな、との思いで月に1度遊びにいくことに決めていましたが、同時にたくさんの喜びをもらいました。忙しいのに悪いと言ってくれていましたけれど、赤ちゃんという命のかたまりにふれるということは本当になんて素敵なことなんでしょう。その時間を心から楽しませてもらいました。ですから、子育てというものは可能な限り(ひとりの人ではなく)、いろいろな人の手を借りて乗り越えていかれたらよいのではないかと思うのです。手を貸したつもりが私のように反対にたくさんのものをいただくということも多いように思うからです。

とにかく私はそんな恵まれた環境にあることにとても感謝しております。
エネルギーをたくさんもらって、また明日から生まれ変わった気持ちで頑張りたいと思います♪(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-03-27 23:48 | 日々の想い

部屋の気を保つ

大掃除に限らず、日ごろの掃除に関してどこから手をつけようかと思うとき
Rishは「一番奥の部屋の一番奥から」とか「右の部屋の右端から」という言い方をする。

要するにすべてということなのだけれど、急いでいるときは一番隅から掃除をしていては終わらないじゃない!などと思ってしまう。私としては目に付くところをピックアップして手際よく掃除をしたいのだ。だって時間がないのだから。

「それでは掃除の意味がないとは言わないが、半減する。掃除は埃がたまってエネルギーが落ちている部分を元に戻し、気が淀んでいるところに新しい風を入れるようにすることが大切だ。そのためには時間がないからこそ、部屋の隅から掃除をする必要がある。それもいい加減ではだめだ。エネルギーが循環できていることを確かめられるところまでしなければ。」

このいい加減はだめだというのがくせもので、ことさらに時間がかかる。整理するだけではだめで、古くてエネルギーが下がっているものは処分をし、同じものが2つある場合は1つにする。埃もやはりエネルギーを下げるのですべてとり払い、しみや汚れは綺麗に磨いてできる限りもとの状態に戻すこと。曲がっているものはまっすぐに直し、順序があるものはきちんと順序どおりに並べること。

こんな調子なので、右端からと言われても、右端だけで終わることはざらだ。

けれど面白いもので、部屋の隅やクローゼットの中など、普段視界に入らないのに掃除をすると部屋が明るくそして軽くなる。帰宅した彼が「あれ?掃除した?」というのもそんなときだ。

しかし、こんな調子で本当に家の中が全部きちんと片付くの~??

それに関してはRishは無言だ。片付くかどうかではなく、片付けるのだ。私が。。。(^^;)


*本日もお読みくださってありがとうございます♪ 今日は横浜その他で雪が降ったとか。桜は蕾をふくらませたまま、しばしスタンバイのままのようですね。
by m_alchemia | 2009-03-26 23:23 | 日々の想い

THE 大掃除 !

今日は終業式。明日から春休みだ。
ふと思い立って数日前から大掃除を始めた。
「コオが嫌がりそうなことを思いついちゃったんだけど・・・」という問いかけに、「何?すでにかなり嫌だけど。。」と言われる。私の思いつきは大抵突拍子もないことなので。(^^;)

思い立ったのは家の仕事部屋と子供部屋をそっくり入れ替えることだ。
案の定、彼には「はい??」と言われたが、現在、家の中心にあたる部屋を仕事部屋として使っているのだが、これは家の中心に仕事を置いているということになってどうにも落ち着かないということに気がついた。そのため、一番奥の桂の部屋を仕事用に使って、代わりに家の中心の部屋を桂に使わせよう、その方が家がもっと落ち着くだろうという話をして気持ちよく理解してもらった。

PCの配線などすべて彼に頼まないとならないし、、カーペットも新調し、ベッドなどの大物家具の移動も含むので家族を巻き込んでの大仕事となる。

しかし思いついたのはいいのだが、どこから手をつけていいのかわかならい。まるでちょっとした引越しだ。とりあえず、桂と一緒に不要の問題集やプリント類、小学校時代に使っていたおもちゃや集めたもの、着られなくなって服などを処分するところから始めた。すでにかなりの処分品の山である。

できれば始業式までには間に合わせたいと思っているが、しばらくは大量の処分品の山と共に暮らすことになりそう。新年度は公私共により充実、パワーアップして望みたいと思っている。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます。寒くなりました。お風邪など召しませんようご自愛くださいませ。
by m_alchemia | 2009-03-25 23:07 | 日々の想い

美しく戦うということ

WBCの決勝戦。

昨日、今日と夜の特別版を見ていて思ったのは日本の野球は綺麗だなぁ、ということだった。あまり熱心な野球ファンではないので、これまでも国際試合などほとんど見ることもなかったが、キューバ戦、アメリカ戦、韓国戦と観ていて日本の野球の美しさに気づいた。

球の投げるしぐさや捕球の姿勢などの一つ一つが無駄がなくてしなやかで、こういう基本的な動作の美しさというのは甲子園などでもよく見られるけれども、それは日本野球こそが持っているものなのだということを知った。そしてそれはNYタイムズが伝えたというベテラン・スカウトの感想にも現れている。

「日本の試合前の守備練習にはうなる。そこで選手が捕球するゴロの数は大リーグ選手の1週間分より多い。日本選手の基礎の確かさがこれで分かった。・・・コーチのノックのうまさ。ノックするコーチと捕球する内野手の動きがシンフォニーの演奏のように正確に連動し、野球の美しさとはまさしくこれ、と舌をまいた」(産経新聞)

まさに「野球道」ともいえるその美しさは、強さに直結する美しさであったことが本当に嬉しかった。素晴らしい試合を見せてくれた侍ジャパンに心からお礼を述べたい気持ちです♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-03-24 23:07 | 日々の想い

かまくら銀幕上映会

今日は昨年ロードショーを見逃した映画「奇跡のシンフォニー」を観に行きました。行った先は鎌倉芸術館小ホールで行われている「かまくら銀幕上映会」です。月に一度の開催で、これまでに話題になった上質の映画を拾い上げてくれることと、前売り1000円、当日券1400円で見られることが気に入っています。鵠沼からは近いので彼(コオ)とのデートにはちょうどいいのです。(^^)

4月は「ブーリン家の姉妹」、5月は「マルタの刺繍」という具合。
「マルタ・・・」は以前銀座のシネスイッチで観ましたが、おばあさんが昔あきらめた夢であったランジェリーショップを実現させるというストーリーで、なかなか素敵なあたたかい気持ちになれる映画でした。

次は7月上映の「ヤング@ハート」を二人で観に行く予定。OFFの充実も生活の中ではとても大事にしています。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
今日は10分早く家を出るはずが、時間ギリギリになってしまいました。WBCの試合で5点をいれたビッグイニングに重なってしまったもので。。^^;)というのは言い訳ですけれども、まあ、このくらい力を抜いていた方がよいかな、という感じでおります。彼は歯医者の予約を延期してTV観戦をしておりました。明日は決勝戦ですね♪
by m_alchemia | 2009-03-23 23:26 | 日々の想い

10分早く行動する

何故10分?という疑問は私にもあった。

1つには10分早く行動を始めることで、気持ちに余裕が持てること。

1つには10分であれば、そこに言い訳がきかないこと。(15分だと事前に工夫をしないと難しいのだが、10分であれば気持ちだけでなんとかなるということが分かった。^^)

そしてさらにもう1点として、10分あれば何かを思いついたときにそれができるという点だ。例えば大事な話をする前に10分あれば、気持ちを落ち着けたり、話をまとめることができる。朝出かける前に10分あれば一日の予定を確認できる。仕事に10分の余裕があれば、何かアイデアを思いついたことを書きとめておいたり、必要な情報をその場でネットで調べておいたりすることもできる。これが5分では時間が足りずに後回しになってしまうということがおきるし、5分で仕上げるにはかなりあわただしいことになってしまう。

そういう意味でこの10分というのは非常に取り組みやすく、かつ有効な時間なのではないかと思う。

それが今日一日10分を前倒しにすることを実践してみての感想です♪(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。魔法の10分の効果はしばらく続けてみてまたご報告できることがあれば、と思っています。
by m_alchemia | 2009-03-22 23:56 | 日々の想い