<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ゆく年

今年も残りわずかです。

今年は昨年の暮れに足を骨折して入院をした親戚を見舞うという
ところからの一年のスタートでした。

そして、それが一年の象徴であったかのように、
親や兄弟、親戚をよく見舞った一年だったなぁと思います。
それ以外にも、祖母の一周忌や、夫の祖母の三年忌など、
親族を迎えることも多かった一年でした。

今年がとりわけそういう出来事が多かったというよりも、
自分がそういう年代になったのだということでしょう。
もっと若かった頃には親戚が入院したからといって、
見舞いになど行きませんでしたから。

そういうことを大事にしたいという気持ちが強くなったのは、
今年の自分の大きな変化でした。

自分の周りにいる人たちとの関係をあたたかく、美しいものに
していこう・・
私にとっては40を過ぎるということはそういうことなんだなぁ・・としみじみ思います。
そして、それは思っていたよりも、素敵なことだなぁと感じてもおります。(^^)

来年は・・
己丑(つちのとうし)だと、箱根神社に説明が書かれていました。
土はじっくりゆっくり、牛も前には進みますけれども、決して早いスピードでは
ないですね。

私の中ではこの3ヶ月ほど、「とにかく基礎を」という言葉がずっと
響いております。

基礎を重視する。基本だけをしっかりやる。それ以外には目を向けなくていい。
そんなメッセージです。
志は高く、けれども実際にやることは「基礎」。

富士山の裾野のような、広くて、どっしりとした土台を次の一年の間、
意識していきたいと思っております。

今年もたくさんの皆さまにご縁をいたきましたことを
心から感謝しております。

世界の平安を心より祈って、新しい年を迎えたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
by m_alchemia | 2008-12-31 22:06 | 日々の想い

渦を巻く声

母が無事、退院してきました。ご心配をくださいました皆さま、ありがとうございます。
まずはご報告まで。(^^)

さてさて、
先日美容院で郷ひろみのインタビュー記事を読んだ。
この数年、私の中でちょっと気になっている人物。(^^)

40歳で(歌とダンスのレッスンのために)アメリカに渡ったのは
ある種の人生のかけだったというようなことが、書いてあった。

「ニューヨークでは何をしていたんですか?」という問いに対して、

「ホイットニー・ヒューストンなどのボイストレーニングをしていた、世界で3本の
指に入るボイストレーナーのレッスンを週に1度受けて、
残りの週6日はそれを録音したもので自主トレをしていました。
それを3年間、一日も欠かしませんでした。」ということだった。

それで、あるとき自分の声が渦をまいて出てくるのを感じたときに、
自分が出したかった声っていうのはこれだって実感しました。という。

それは本当にすごい。どんな声なんだろう。そういう声が出せたときって、
どんな感じがするのだろう。

15歳でデビューをし、3年は持たないと自分で実感し、
歌と踊りがうまくなるようにずっと努力をしてきたという
「郷ひろみ」という人物がよくわかるようなインタビューだった。

いつも自分と戦っているというのは口先だけではないのだろう、
この人は「郷ひろみ」をずっと創り続けてきた人なんだなぁと思う。
私が、TVその他で気になるのはそのためだったのだと、納得がいった。

クラスでその話を少ししたときに、
「ちょっと前から、郷ひろみっていい男になったよね」と
おっしゃる方がいて、ああ、そう思う人はやはり他にもいるのだな、と。

その人の生きる姿勢というのはどこかににじみ出るものなんだと
郷ひろみの若々しさとは違った「若さ」にちょっと感動。(^^)
by m_alchemia | 2008-12-27 22:18 | 日々の想い

フラワーエッセンスクラスレポート

大変遅くなりましたが、13期フラワーエッセンスクラス・クラスレポートを
(補講の方を除いて)すべてアップさせていただきました。

以下、一部のご紹介です。
(Sunさん)
・・・13年間連れ添った愛犬が亡くなりました。

繋がりを感じていて、溺愛していただけにかなりつらい時期でした。
けれど、ある時ふと感じる事が出来ました。
とても苦しくてたまらないけれど、これだけ苦しいのは、それだけ愛があったからだと。
自分の中にもきちんと愛する気持ちは存在してくれているのだと、
初めて身をもって感じることが出来ました。

今までの自分は辛い思いを受け止めることすらできず、ごまかしていた気がします。
けれど、例え傷つく事があったとしても、それは心があるからこそなんだと思えるようになり、
以前ほど傷つく事が怖くなくなった気がします。

☆自分に愛があるからこそ、辛い。けれども愛を信じられるからこそ、また
乗り越えられるものもあるのだと、私も思いました。ありがとうございます。(美保)

 ・ ・ ・
(Natsuさん)
・・(クラスで)発見した事☆私は口ぐせで『すいません』と良く使っていました。
自信や勇気の無さからの現れだったのだと思います。
やっていただいた事にたいしても『すいません』と言っていました。

ここの場面は『ありがとう』と置き換える、ポジティブ表現を心がけていける様にもなりました。
今もちょっと言ってしまう事がありますが(笑)

フラワーエッセンスに関わって一つ一つが自分自身の学びとなり、
様々なキズキになって行き最初の時とは思えない位に『今を楽しむ』事がわかって来ました。
最近!目がキラキラしているねと言われます。

☆もともとがおおらかで、チャーミングなNatsuさんですが、そのおかげでクラスの皆さんも
素敵なエネルギーをたくさんいただいたように思います。ありがとうございました。(美保)

 ・ ・ ・
(A.Tさん)
バッチフラワーの好きなところは、
「こんな悪い感情を持ってしまう自分でも、レメディーを飲めば良いんだ」
と思えるところです。

嫉妬とか、怒りとか、落ち込み、悲しみ、意地悪な気持ち、
いろんなネガティブな感情が涌いてきて、自分自身苦しいし、
そんな嫌な感情を取り除きたい、楽になりたいと思う、、、。

バッチフラワーに出会う以前なら、自分の気持ちを自分の意思で何とかしようと思って、
でもできなくて、やっぱり自分は駄目なんだ、と自己嫌悪におちいってました。

でも、どんな感情を持っても大丈夫。どんな感情も自然に涌いてきて良い。
苦しくなりすぎたらレメディーを飲めば良い。
そう思うだけで、すごく気持ちが楽になります。

☆バッチ博士もきっとそのように思って、フラワーエッセンスを世の中に
出したのだと思います。「寒くなったら、カーディガンを羽織るような気持ちで
不安になったらミムラスを。」それがバッチ博士のメッセージです。 
ありがとうございました。(美保)

・ ・ ・ ・
今年もたくさんの気づきと幸せをいただきました。
本当にありがとうございました。
尚、レポートにはこれまでの分も含め、
少しずつコメントをつけさせていただきたいと思います。
ずっとやりたかったことなので。。(^^)

素敵なレポートばかりなので、私だけが拝見するのはもったいなく、
是非皆さまに読んでいただけたらなぁと思います。

来年もクラスや個人セッションという形で皆さまとお会いできますことを
楽しみにしております。
by m_alchemia | 2008-12-26 21:22 | 日々の想い

メリー・クリスマス♪

昨日12月23日は私の中で、ひそかに楽しみにしていた日だった。

それは午前中10時までベットから出ないで過ごしたい!というもの。
実はそれを思ったのは9月ごろだったのが、平日はお弁当作りがあるし、
土日は日によっては平日よりも早いということもある。

それで、一体いつだったら10時まで寝ていられるかなぁ・・と思って
手帳をめくっていった結果が12月23日だったのである。

で、その当日。10時になんと妹から電話がかかってきた。
妹からの電話なんて年に数回もないのに。。
「おねえちゃん、まだ寝てんの?病気??」
「いや、まあ・・ね」(^^;)

自分の罪悪感は、ある種、奇跡としかいいようのないものを
引き寄せる。

妹からの電話は体調不良で入院をした母の様子を
見に行ってもらえるか?というものだったので、もちろんその後、
私は病院に行ってきたのだが、
10時まで寝かせてくれた妹に感謝しつつ、私自身は苦笑するしかない。

今日24日は父と母にそれぞれクリスマスプレゼントをもって
病院に行く。こんな機会はめったになく、その後一人で夕食を食べる
父からのリクエストで実家でおでんを作って帰ってきた。

生きていればいろんなことがあるけれども、
クリスマスくらいは、それなりに一人一人にとってあたたかいもので
あってほしいなぁと。(^^)
今年のクリスマスは後から振り返っても思い出深いものに
なるだろうと思う。

メリー・クリスマス♪
すべての人にたくさんの愛が届けられますように。
by m_alchemia | 2008-12-24 22:01 | 日々の想い

来年に向けて

今年の締めくくりに、生命の木についでもう1つ、
西洋占星術の個人鑑定を受けてまいりました。
初対面の方にお願いをしたのは、初めてのことです。

ご紹介をしてくださった方が、
「今の自分の星回りを鑑定してもらうと、なんだか整体にいって
体のゆがみをまっすぐに調整してもらったような気持ちよさがあります。
本当にプロだなぁって思います」

とおっしゃっていて、その言葉に心が動いて
今回お願いをしたのでした。

「整体に行ったような・・」というのはとても実感しました。
いい表現です。(^^)

私は何か自分が好きなことをしようとすると、いつも制限がかかって
思い切りできない感じがぬぐえないということが、
占星学上では牡羊の太陽と土星が同じ5室に入っている
(・・なんか表現が違っている気もしますが・・^^;)ことが原因だということは
以前から理解していたのです。

が、その件に関して、
「何かを性急にやろうとすると土星の力も強くはたらきますから、
やりたいことをあえてゆっくりしたペースでやるか、
もしくは2つやりたいところを最初から1つだけにしてしまうかしてしまえば、
そんなに土星の影響を感じずにいられると思いますよ。」

といっていただけて、力が抜けました。
ああ、自ら、あえて、土星の力を使ってしまえばいいのだと
気づけたことは本当に大きいと思いました。

星周りをみていただいていつも思うことは
自分の力だけでひらめいたり、思いついたりしたようにみえることが、
案外、星の配置そのままだったりすることが多くて、
見えないところでの力の作用が自分が思っている以上に
大きく働いているのだなぁということ。

いずれにしても、私は労働の部屋にも、知識の部屋にも星がなく、
「とにかく気の合う友人や仲間とご飯を食べながら、親交を深める人」という感じですね~

というのが、本当にその通りな日常なので、苦笑するしかないといった感じ。(^^;)
仲間と共にあり、仲間を支えることを自分の役割としてしている人とと
言っていただき、これからも、このままなんだ、私。という再認識の一日でした。

あらためて、私を支えてくださっている皆様に心からの感謝をしております。
by m_alchemia | 2008-12-19 21:21 | 日々の想い

生命の木

イシス学院(旧タロット大学)で10月~12月にカバラーの初級コースを受けていました。
無事、昨日で修了です。(^^)

この間、生命の木を50本立てるという宿題が出ておりました。それは簡単に言えば実現したいことを設定して、計画を立て、行動し、実現させる。それを50個行うというものです。

私の50本目の木は「カバラー講座の最終日までに50本の木を立てる!」
というものでしたので、2ヶ月で50個ともなると、当然ながら小さいものばかりです。

実現させたいことを見つけるのが大変で(^^;)その結果、今までなんとなく後回しになっていたこともずいぶん登場させました。

ひとつはメガネを約15年ぶりに作り変えたこと。とても見えづらいのに、なぜか視力検査では0.7とか1.0とか言われてしまう。

「そんなはずはないんです」
「では、これはどうですか?」
「上」
「では、これは?」
「右」
・・・やっぱり1.2まで見えていますよ。(^^)

そう笑顔で言われても、私はほとんど感覚で、
でもそれがほとんど間違えないから困ってしまう。

結局、検査をしてくださった方にも、診断をしてくださったお医者さまにも
眼鏡屋さんにも、絶対にメガネは必要ないと思いますよ~、もったいないですよ~
といわれながら、半ば強引に診断書を出してもらい、メガネを作り変えました。

新しいメガネを作ってもらって、最高に快適です♪
どうして、必要ないなんていうのかしら??というくらいよい感じです。(^^)

今までだったら、専門家にそろって「必要ない」と言われてまで
自分の意志を押し通すということはなかったように思います。
だからこそ、何年もメガネを作り変えずに来たのですから。。

50本の木を立てたから、意志が強くなったわけではありませんが
自分のパターンがかなり顕著になりました。
、というか、自分が如何に同じパターンで人生を送っているのかということが
よく分かりました。(^^;)

今年の締めくくりには最高です。
来年はもう少しこのパターンから抜け出したいなぁと思っているところです。
by m_alchemia | 2008-12-15 22:11 | 日々の想い

大切なこと

大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、
どれだけ心を込めたか、です。 by マザー・テレサ

昨日はTVでマザーテレサの特集をしていたとか。
クラスの方に教えていただきました。

フラワーエッセンスの世界でも
プラクティショナーがどれだけ心を込められたかで
エッセンスの効果に大きな違いがでるような気がいたします。

そうそう、大切なのは数字で計れるものだけではないのです。

と、思いきや、心の中から
「けれども、マザーテレサの偉大さはやはりたくさんの人に
 たくさんの愛を与えたことにあるのだよ」

そうですね。確かに。(^^;)

そのことを忘れないように、
自分を甘やかす方向に
都合よく解釈しないように自戒を込めて(^^;)

できるだけたくさんのことがらに
できる限りの心を込められるように
日々を送ってまいりたいと思っております。
by m_alchemia | 2008-12-11 17:15 | 日々の想い

13期クラスのレポートをアップしています

今期フラワーエッセンスクラスの最終回が今月行われております。
それに当たって、今回も皆さまからレポートを提出していただいております。

クラスへの感想や、印象的なエッセンスや、記憶に残るクラスでの話など
いろいろな思いを綴っていただいております。

今年は中級クラスをスタートし、FESの新しいシリーズである
レンジ・オブ・ライトの48本も手元に加わり、
私にとってもエッセンスを学ぶよい機会になりました。

また来年もさらに知識を深めて、皆さまと共有していかれたらと
思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

*中級クラスは2009年2月1日に募集を開始いたします。(日程をUPいたしました)
 初級・中級クラスともに再受講も可能です。
by m_alchemia | 2008-12-09 23:15 | 日々の想い

再び箱根

d0011725_23551020.jpg 箱根の紅葉です。本日行ってまいりました。
一週間に二度も箱根に行くのは初めてです。(^^;)

箱根港に張ってあった成川美術館のポスターに描かれていた牧進の特設展示の絵に魅せられました。
日本画を観るようになって、私は初めて絵に感動するようになった気がします。そのきっかけが堀文子の「ブルーポピー」だったのか、足立美術館にあった横山大観の「紅葉」だったのか、はたまた東山魁夷の青緑の色彩だったのか分からないのですけれど、いつまでも観ていたいという思いにかられる絵に出合うようになりました。


d0011725_23555276.jpg それは彫刻の森のピカソ館に行ったときに強く感じて、逆に「やっぱりあの絵を観にいきたい!」となってしまったわけです。

今度は彼(コオ)と車でドライブを。
先の記事で書いたことが来年を待たずに実現したわけです。(^^)

まるで日本画のような美しい箱根の晩秋でした。
by m_alchemia | 2008-12-03 00:13 | 日々の想い

紅葉

d0011725_1539930.jpg 11月の最後の週末に大学時代のサークルの友人たちと箱根に一泊旅行をしてまいりました。家族を離れての旅行は数年ぶりです。


卒業後ちょうど20年が経つと聞いてビックリしましたが(^^;)、けれどもこうして数年ぶりに会ってもお互いちっとも変わらない。変わっていないことの嬉しさというのは年齢を重ねないと味わえない楽しみなのだということも実感いたしました。幹事のYちゃん、ありがとう♪



d0011725_1539415.jpg普段、箱根は車で通るくらいですので、箱根フリーパスを買って、登山鉄道、路線バス、芦ノ湖フェリー、ロープウェイのすべてを制覇し(!)温泉につかった翌日には彫刻の森をゆったりと散策というのはかなり盛りだくさんな楽しい旅でした。

さて、実は昨年のこの時期にシルバーアーチに出展してくださった方のブログに「箱根に紅葉を見に行ってきました!綺麗でした~」というものがありまして、ああ、私も行ってみたいなぁ・・と。
そして翌年の手帳(つまり今年)の11月の最後の週末に「箱根の紅葉」と書いてあったのです。

その後、夫は仕事の予定が入り、一人で行くのも何かなと思い、そうこうしている間に私自身が記帳したことをすっかり忘れてしまい・・・そうして、気がついてみたら今回の幹事さんが、予定していた日程に、予定していた箱根の同窓会ツアーをちゃんと組んでいてくださったのです。

ああそうだった、私は一年前からこの日に箱根に来たかったのだったと、私は後から気がついて、なんだか嬉しくもとても不思議でありがたい気持ちになりました。

紅葉はほとんど終わりかけでしたけれども、それでもはっとするような美しい木々に出会えました。この次はもう少し早い時期に出かけてみようかとも思います。来年の手帳を開いて、鬼が笑いそうな予定でも立ててみましょうか。(^^)

*2009年1月開講のフラワーエッセンス初級クラスは土日クラスが満員となりました。火・水クラスはまだ空きがございます。ご参加をお待ちしております♪
by m_alchemia | 2008-12-01 16:03 | 日々の想い