<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「たっぷり」の心地よさ

私はオラクルカードなどを使ってのカードリーディングをしているとき、無意識に期待しているフレーズがあるということに気づいた。

それは「あなたはもっとできるから、もっと頑張りなさい」というものである。

それで、念のため子供に頼んで言ってもらうことにした。
「私に向かって、『もっとできるからもっと頑張れ』って言ってみてくれる?」
「次は『そんなに頑張らなくていいよ』って言ってみてくれる?」

頑張らなくていい、と言われると体にとても嫌な感覚が残ることが分かった。

へぇ、私もっと頑張りたいと思っているんだ。
ダメだしをされて、だから頑張れというのは嫌なのだけれど、自分の限界をかけて
思う存分やってみたい気持ちがきっとどこかにあるのだと思う。

しかし何を頑張りたいんだろう、私。

そう思ってもう少し考えていたら、正確には私は何かを「たっぷり」やりたい欲求が強いのだというところにたどり着いた。

私の中には「たっぷり」の中に豊かさを感じるものがあるのだろうと思う。
「たっぷり」寝たり、「たっぷり」話をしたり、「たっぷり」踊ったり、「たっぷり」本を読んだり、「たっぷり」庭の掃除をしたり・・・

う~む、これは自我の声なのか。。わからないなぁ。(苦笑)

同じことなのに「たくさん」というのは体にとても嫌な感覚が残る。
「たくさん」仕事をしたり、「たくさん」寝たり、「たくさん」・・・・は私をあせらせ、私を重たくする。
「たくさん」のことを一日(一ヶ月)にぎゅっと詰め込んでも、私は豊かさを感じられないのかもしれない。

言葉の力って面白いな、と思う。

*お待たせいたしました。11期フラワーエッセンスクラス卒業生レポートをアップいたしました。お送りくださいました皆さまありがとうございます♪
by m_alchemia | 2008-05-30 14:28 | 日々の想い

元気いっぱい1年生!

小学校から元気な歌声が聞こえている。
まだこの時期は学校の行き帰りの子供たちもエネルギーに満ち溢れ、まぶしいくらいだ。

仲のよさそうな1年生3人組の男の子たち。
「先生が一列になって歩きなさいって言ってたよ」
「あっ、そうか」といいながら、縦に3人並んで楽しそうに帰っている。
小学1年生という自覚を一生懸命持とうとしている誇りとうれしさなんだろうか。(^^)

この間、彼(コオ)がああやってなんとかの術!!とかいっている頃はいいよなぁ・・と言っていた。

「小さい頃、術とかかけていた?」

「そりゃそうだよ。俺なんか、魔球なげてたもん」(笑)

そうか、男の子の世界は術や魔球の世界なんだなぁ。
女の子はおおよそ、おままごとだろうか。

桂が保育園に行っていた頃、ままごとの世界は家庭の中がよく見えると先生がおっしゃっていた。
「お母さん役の女の子が、お父さん役の男の子に『会社に行くときに、そこのゴミを出していってね♪』と言ったりするんですよ。」(苦笑)
聞いていて冷や汗ものだった。。。(^^;)

桂たちは術というより、もっぱらふりかけのおまけのポケモンたちを使ってそのワールドを楽しんでいた。ポケモンハウスを自分たちで作って遊ぶ。その想像力と創造力はどこまでも広がっていき、それそれは楽しかった。

こういう思い出はそのときにしか作れない。
今、桂は中学に入って毎日のように「疲れた」「眠い」「だるい」を連発して学校と塾と家を行ったり来たりしているが、それがいつか懐かしい思い出として振り返ることができるような人生になったらいいなぁと思う。

そして私はまた今の自分をあの頃は本当によく頑張っていたなぁ(^^)とそのときを誇らしく思えるような、そんな生き方を「今日」できたらいいなぁと元気いっぱいの1年生たちを見ていて思うのだ。
by m_alchemia | 2008-05-22 09:09 | 日々の想い

掃除が好き♪

暑くもなく寒くもないそんな気持ちよい季節になると、掃除好きになる。
暇さえあれば掃除がしていたい。
その暇が、そんなにないので、結果としてあまり掃除はしていない。。。(^^;)

私は半年ほど前から心の中の声に「掃除をしなさい」と言われ続けてきた。
そんなことは今さらいわれなくても何十年も前から言われてる、と母の顔が思い浮かぶ。

何かをしようと思っても「まず掃除」という声に妨げられる。

最近で一番あせったのはフラワーエッセンスクラスの中級クラスのテキストの
最終的な練り上げをするときだった。

4月スタートのクラスなのに、4月に入っても自分の中から準備を始めるOKがでない。
「まず掃除。」
そんなことしてたら、間に合わなくなっちゃうよ!!

でも掃除、なのだ。
本当にあせったが、結局GOサインが出たのはクラスの1週間前になってからだった。
日々の掃除によって心が落ち着いていたのと、気をそらされている暇がなかったこともあってあっという間に仕上がった。

その時に、ああ何かをする前に心身と身辺を整えるということがこんなに大切なのだということ、こんなにも時間をかける必要があるのだということを思い知らされた。

本当にドキドキな体験だった。

そしてその後。。。

私は「掃除」に関して大きな勘違いをしていたことに気がついた。

私は何かをする前にまず掃除をしてからやりなさいと言われていると思っていた。
だから早く掃除を終わらせなくちゃと思っていた、そうしないと始められないからだ。

そうではなく、私は「掃除だけをしていればいい」のだということだったのだ。

人の中には神性が宿っている。その周りに汚れ(乱れ、調和が取れていないもの)が付いている。
だからその汚れだけを取ればいいのだと。
そして実際には掃除をするという作業によって調和が取り戻せるのであって、つまりは汚れを取る以外にする必要があることは何もないのだと。

なあんだ。だったらあせることはないじゃないか。
だって、掃除だけしていればいいのだもの。(^^)
そう思ったらこれまでにもまして本当に気持ちが楽に、楽しく掃除をするようになった。
これだけしていればいいなんて♪

掃除をしていて思うことが一つ。

「なんでこんなに時間をかけて掃除をしたのに、すぐ汚れるんだろう!」

人間の心も同じなのかもしれないな、と思う。
綺麗にしてもあっという間にすぐ汚れる。

だからずっと綺麗にし続けていかないといけないのだろうな。
でも汚れたら、掃除をすればいいんだ。それだけなんだ。きっと。

もしかしたら「奇蹟のコース」の文章があんなに大量なのは、
(よく「言っていることはシンプルなのになんであんなに長いんですか」とため息混じりに尋ねられるが・・・確かに。^^;)
ずっと心を綺麗にするために流し続けているシャワーの水のようなものだからかもしれない。

「奇蹟のコース」の文章は何かを得るためのものではなく、「掃除」のためのものなのかもしれない。そういう視点で見ると読み方が少し変わってくるだろうか。

ふとそんなことを思いながら、この間磨いたばかりのキッチンの前に立っている。
by m_alchemia | 2008-05-19 18:23 | 日々の想い

たくさんの方にお越しいただきました♪

お礼が遅くなりました。
今回のシルバーアーチもおかげさまで和やかな空気の中で行わせていただきました。
当日は雨であったにもかかわらず、午前中からたくさんの方がいらしてくださいました。
関西などの遠くからこのためにいらしてくださった方もあり、とても感謝しております♪

出展者の皆さま、ボランティアスタッフの皆さま、そして会場に足を運んでくださった皆さま、さらにシルバーアーチの成功を祈っていてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

シルバーアーチはおかげさまで第7回を迎えました。
初回ちかくからずっと参加をしてくださっている方、初参加の方、私のようにずっと同じ内容で出展をしている人、新しい内容の人、今回もいろいろな方の出展がありました。

そんないろいろが混ざり合いつつもいつもと変わらない一つであるという感覚、またそれでいていつもどこか新鮮なシルバーアーチです。(^^)

普段は別々に活動をしている人たちが集まってのイベントですし、大まかなルールがあるのみで細かな規制がない中で行っていますが、それでもそこに生まれる一体感というものがシルバーアーチにはあって、それは本当に嬉しいことと思います。

出展をしていると自分のブースのことで頭がいっぱいになるのですが、その陰で会場全体を見回しながらいろいろなことに気を配ってくださっているボランティアのスタッフさんたちがいらっしゃいます。今回はあらためて、その方たちの安定したサポートに救われていたような感覚がいつにもましていたしました。

移り変わっていく中の決して変わらない部分、華やかな中の目立たない部分。
そういう部分がどれだけ安定しているのかということが実はとても大きなことなのだと思いました。

おかげさまで、今回もたくさんの寄付をさせていただきました。
ありがとうございます。

次回は11月24日(月・祝)です。
また多くの皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。
by m_alchemia | 2008-05-15 22:18 | 日々の想い

第7回シルバーアーチ

5月11日(日)にニュー向洋にて、チャリティイベント「シルバーアーチ」を開催します。
第7回目となりました。ありがたいことです。

今回は会場案内図を手書きで素敵に書いていただきました。
それ以外も、受付やチラシなどもすべてご好意で手伝っていただいています。

お越しくださる方にははじめての方にも、何度か足を運んでくださる方にも楽しんでいただけるようなものでありますように。

出展者やボランティアスタッフの方とは個々の楽しみを超えた全体が一つになっていくような
やわらかで、あたたかな感覚を今回もまた共有できたら素敵だなぁと思います。

私はいつもどおりのタロットリーディングを、そして彼(コオ)はコーヒー屋さんです。(^^)
皆さまにお目にかかれますことを大変楽しみにしております。
by m_alchemia | 2008-05-09 00:02 | 日々の想い

たくさんのエネルギーをいただいています♪

時間をかけて丁寧に食事を作ろうと心に決めたら、立派な筍をたくさんいただきました。
手にしたときにその生命力に圧倒されました。
私と同じ生き物とはとても思えないくらい、思いっきり生きてるなぁ。。。
大なべで茹でる作業を、実は私は初めてしました。
おいしい春の味覚に喜びいっぱいです。

食事もそうなのですけれど、この季節は庭に出て土や植物からエネルギーをもらうのが本当に嬉しい。(^^)

今はシクラメンやパンジーがそろそろ終わりを迎えておりまして、玄関先でスズランが元気に咲いております。エビネやホスタもいつの間にか顔をだし、にぎやかになってきました。

このエビネやホスタたちは一昨年に植え変えたものですが、去年まではどこかとってつけたような心もとない咲き方をしていたのですけれど、3年目になる今年は何故か堂々としたたたずまいに見えます。ようやくその場所が自分が咲くべき場所であるという自覚をもったかのように見えます。おもしろいものだなぁと。

「まいた種」が「定着」するには何にせよ、3年くらいはかかるものなのかもしれません。

私は今、自分の生活スタイルを少しずつ変えたいと思って新しい習慣を身に着けようとしているのですけれども、それが本当に私の一部になるには3年後くらいなのでしょう。

人から、自然から教えていただくことがたくさんあって、本当にありがたいなぁと思います。
by m_alchemia | 2008-05-01 22:51 | 日々の想い