<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神と悪魔と2

私はフィリップ・カモワン氏が言っていた「神は犠牲を喜ばない」(表現は正確ではありません)ということが非常に印象に残っている。

ここで言う神も悪魔もそれぞれ自分の心の中の2面を象徴しているものであり、自分の外にそういう存在がいるといっているわけではない。

片方はこの世界は2つに分けられると信じている意識である。何かのためには何かの犠牲が必要であるという考えは、見方を変えれば「私の幸せは誰かの犠牲の元に成り立っている」という考えにたどり着く。そう思ってしまう。心の中の悪魔がそうささやくからである。

だから幸せであり続ける以上、常に罪悪感がついてまわる。
けれども、不幸せを感じたら感じたで、自分がなにかいけないことをしたからではないかと
罪悪感がついてまわる。

ああ、これは私のことなのだけれども(^^;)
こうして考えてみるに人間というものはとかくめんどくさい生き物だなぁと思うのだ。

「誰かが得をするということは誰かが損をするということだ」「仕事のためには家族を犠牲にしてもしかたがない」「家族のためには自分を犠牲にしても仕方がない」・・・そうして連鎖していく考えのベースにはこの世界には2分されているという考えがある。が、悪魔のささやきをベースにしている以上、いくらそれを繰り返しても出てくる答えは真実にはたどり着かず、ただただ不毛なだけなように思う。

そうしてもうひとつの意識はすべてはひとつであり、すべては愛であるというもの。
ここには犠牲は存在しない。

すこし話が変わるが、
努力という意味を取り違えている人が多い、という文章に目が留まった。

努力とは順応することなのだと。
寒い日に体を温めるように「努力」をする。風邪をひかないような体をつくるように「努力」を
する。そうすれば寒い日に「順応」することができるようになる。

寒い日にただ歯を食いしばって耐えることは「努力」とは言わない。
それは単に我慢かあるいは罪悪感から来る何かか、勘違いの犠牲だろうと思う。

私は「恭順」という言葉が好きだ。
宇宙の、自然の摂理に心から従って生きること。
その摂理に「順応」するべく努力をしたいものだと思う。
by m_alchemia | 2008-03-25 13:59 | 日々の想い

神と悪魔と

タロットの上級コースに参加してまいりました。
メールなど返信が遅くなりました皆さま、ご迷惑をおかけいたしました。
4年ぶりの参加でしたが、本当に充実した6日間でした。
来年もあったらまた行きたいくらいです。

その中で、「何かを犠牲にしなければ得られないというものは
悪魔が差し出すプランなのだ」というお話がありました。
90%は希望通りなのだけれど、残りの部分は妥協しなければならないというような
そういうプランのことです。
もちろん、ここでいう悪魔というのは意地悪をしているわけではなく、
その人がどれだけ真剣なのか、本気なのかを試す役割をしている
存在だということです。
神のプランは本当に完璧で、そして予想以上にいいものだったりすることが
あるので、それを受け取るには逆に勇気がいることもある、と。

自分は10でいいと思っているのに、神さまから100をあげるといわれたとき
その責任の重さにしり込みをしてしまうのが人間だということでしょうか。

悪魔の試練にはNOという勇気を。
そしてそれを通り抜けた人には神からの計画に対してYESという勇気を。

それが15悪魔のカードと16の神の家のカードのテーマなのだろうと思いました。

タロットリーディングは人の人生を変容させるものだ、とフィリップ氏。
ゆえにこれは「魔法」なのだと。

このカードを手にする人は魔法を手にするのと同じことだというのは
私も実感しています。
私もタロットに出会って、本当にタロットが自分の人生を変えてきたと思うからです。

6日間通っている間に、家の花たちがたくさん咲き始めました。
私の心の中にもちいさな花たちが芽吹き始めています。
by m_alchemia | 2008-03-19 22:06 | 日々の想い

4月より新しくなります♪ その2

私がクラスを通じてお伝えしたいと思っていること。
それはフラワーエッセンスの使い方でもタロットのリーディング方法でもありません。

もちろん使い方もリーディングの方法もお伝えします。とても丁寧に、どなたにでも
分かるようにお伝えします。(^^)

私がクラスを開く理由はフラワーエッセンスやタロットの中に流れる
「人が自分や他人を本当に大切にして生きていくため」の「智慧」を習得することに
にあります。

もっと正確に言えば、その「智慧」を真剣に学びたいと望んでいる人と共に
私自身もまた霊的な学びを弛まずしていきたいと思っているのです。

フラワーエッセンスの世界では
「フラワーエッセンスはプラクティショナーの手の中で花を開かせる」
といわれます。

プラクティショナーが日々何を感じ、どんなことを大切にして、あるいはどこに向かって
生きていこうとしているのか。
そのプラクティショナーの生き方がそのままフラワーエッセンスの効果を
どこまで深く引き出せるのかを左右すると私は考えます。

料理人のよしあしはその包丁さばきにもあるでしょうが、究極的にはその人の心であり
生き方だろうと思います。それがすばらしい料理という形になって現れてくる
のでしょう。

だからこそ、その包丁の使い方と共に生き方の姿勢にも真剣に取り組んでいきたいと
そう思うのです。

生き方がツールの使いこなしに反映されるし、同時にツールを使いこなすことに
よって、生き方も変わってくるのです。
実際フラワーエッセンスやタロットに触れることによって、これまでとまったく違った
視点で自分や他人を見ることができるようになったという方は大勢います。
私自身もその一人です。

それはクラスとして非常にやりがいのあることだと私は感じています。
フラワーエッセンスのクラスにも、タロットのクラスにも
私自身はそれを目指していきたいと思っているのです。

そのことを共感して来てくださる人と真剣に目指せることは本当に本当に
すばらしいことだと思っているのです。
by m_alchemia | 2008-03-12 00:57 | 日々の想い

4月より新しくなります♪

まず、最初にお知らせです。

*4月スタートのフラワーエッセンス中級クラス(FES)木曜日クラスを増設いたしました。あと1名ですが、空きがございますのでご希望の方はお早めにご連絡くださいませ。

今回フラワーエッセンスの中級クラスをスタートさせることもあり、フラワーエッセンス初級クラス、カモワンタロットクラスの開催時期を以下のようにさせていただくことになりました。

*フラワーエッセンスクラス(初級・Bach)は年1回の募集となります。

これまで年3回あったクラスの募集を年1回といたします。
今年度は5月スタート(12月まで。全8回)です。次期クラスは2009年5月スタートとなります。今年フラワーエッセンスクラスの受講をご希望の方は次は来年となりますので、是非この機会にご検討くださいませ。

*カモワンタロット・クラスは年2回(4月・10月)の募集となります。

こちらもこれまで年4回の募集を年2回とさせていただきます。4月のクラスはもうすぐですが
まだ空きはございますので、こちらも一緒に学んでみようと思われる方は是非どうぞ♪

いずれのクラスも3人以上集まった場合に開講する形とさせていただきますので、ご了承くださいませ。受講料の変更はございません。

開催回数が少なくなりますので、皆さまには多少ご不自由をおかけいたしますが、その分エネルギーを集中してより充実したクラスにしていこうと思っております。
ゆくゆくはタロットも中級クラスを行いたいと考えています。ちょっと先にはなると思いますが、目指してはいきますので。(^^)これにつきましては、私自身が何より楽しみです♪

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

このところ、中級クラスを意識していることもあって積極的にフラワーエッセンスを使っています。今はオレゴングレープやプリティフェイスといったところです。

今回はペンデュラムによって選びましたが、プリティフェイスは初体験なので
ちょっと楽しみにしています。
自分ではあまり意識はしておりませんでしたけれども
40歳という年齢に達したことで、自分の外見への思い(もう若くはないという!)気持ちが
現れているなっているのかもしれないなぁと思いながら使っております。

ペンデュラムによってエッセンスを選ぶということはクラスの中では実践することは
ありませんが、それによって選ばれたエッセンスを深く考察するだけの
知識を持ち合わせている場合はなかなか興味深いものがあります。

今日はセッションの中でも勉強になる体験をさせていただきました。
これまで何回かいらしてくださっているKさんが久しぶりに
沖縄から東京へいらっしゃるということで、こちらのセッションルームまで足を運んで
くださったのですが、セッション前の時間を使って
ペンデュラムでKさんのエッセンス候補を選んでおりました。

その結果オークやオリーブ、ダンデライオンやインパチエンスなどが
選ばれたのでどうやらかなりお忙しくお仕事をなさっているらしいと推測しておりました。

そして実際お話を伺ってみるとやはりご本人にも思い当たるところはあって、
Kさんは仕事が忙しいのではなく、仕事の内容が難しいのだとおっしゃっていましたが、
ただそれらのフラワーエッセンスが選ばれたということは
ご本人が認識している以上に、現在のお仕事の状況がプレッシャーになっているのかもしれないというお話になりました。

このあたりは実は自分でも難しいところであって
セッション前にエッセンスの見当を何らかの方法でつけておくということは
いらしてくださるお客様に対して先入観をもつことになって
結果としてニュートラルにお話を伺えなくなる可能性も秘めているからです。

(Kさん今日は本当にありがとうございました♪)

花の写真をみて惹かれるもの、Oリングで選ばれるもの、ペンデュラムで選ばれるものはそれぞれ違うことは珍しくありません。私の感じではそれぞれ意識の層が違っているように思います。まだしっかりとした臨床はできていないのですけれど、そのあたりもきちんと明らかにしていけたらと思っています。
by m_alchemia | 2008-03-11 23:58 | 日々の想い

3月になりました

暦も季節も変わり、花粉がちょっと気になる方もいらっしゃるかと思いますけれど、
やはり「春」という言葉が象徴するものには非常に心うきたたせるものがあります。

今月は中旬にタロットの上級コースがありまして、数年ぶりに再受講を
してまいります。
前回はフランスに行って、現地の空気に触れながら、フィリップ・カモワン氏からの
講義を受けるという形でしたが、
今回はフィリップ氏が来日をするということで日本での開催となりました。

以前にはまだまだ私の理解の範囲を超えたことがたくさんありましたが、
今回はより深く受け取ることができるかもしれない。
私がタロットを教える機会をいただくようになって、3年が過ぎましたが、
その間に私もまた多くを学んできたからです。

今回上級コースを受けることがタロットリーディングにきっといい形で反映されていく
だろうと願っております。

また4月からやすらぎの部屋の新規のタロットクラス(金曜日13:30~16:30)
もスタートしますが、私の成長とともにクラスも少しずつ進化していくことだろうと
思っています。

私の上級コースを受講しての感動(きっと♪)を共有してくださる方は、
是非いらしてくださいませ。(笑)

この春も多くの方とお目にかかれますことを、心より楽しみにしております。
by m_alchemia | 2008-03-03 18:02 | 日々の想い