<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

準備をすること

雨が続いて急に肌寒くなりました。
小学校の運動会はこの雨で延期となり、たたんであるテントがなんだかとても寂しく寒そうに映りました。

さて、昨日無事にフラメンコライブを終えてきました。
他の皆さんは来週末の発表会を控えておりますが、私は仕事があるので発表会は不参加なので一人で早々に一年の締めくくりを迎えたわけで、ちょっと一息ついています。

終えて思ったことはある程度納得がいくまで準備に時間をかけたことが、結果的には未来につながるという実感でした。

メイクの練習(!)も一人で自信をもっててきぱきと描けるようになるまでおこないましたし、部屋をレンタルして自主練習をおこなうことも何回もしました。そのうちの一回は彼にビデオでとってもらい、それを何回も検証して踊りの調整をしました。衣装の点検から、細かいフリのチェックまで、いつもなら「まあ、その時になったらなんとかなるかも。こんな感じでいいんじゃない?」と思ってしまうことに関して可能な限り準備をして望んだこと、それ自体が一番の勉強になった気がします。

私はフラメンコをライフスタイルの最優先にはしておりませんが、その中でも考えうる限りのできることをすべてやってイベントを迎えようという思いでそれを十分に楽しんできたのですが、準備をきちんとするということがこんなにも自分を安心させてくれるものだということはやってみて初めて知ったことです。

このくらいでいいかなぁ・・・と思う、1.2倍~1.5倍の準備をして望むとものごとはとても楽しくなるように思います。仕事も遊びも何かをやるときには準備をする。準備如何でものごとは随分変わるように思います。

もっとも準備には時間がかかるもの。なので、たくさんやりたいことがある場合は準備をそこそこやってそれらをやるか、あるいはやりたいことを厳選して準備に時間をとるかの選択をせまられます。が、私は可能な限りやることを厳選してでも準備の手を抜かないというというライフスタイルをとってみたいなと思うようになりました。習慣を変えるには少し時間がかかりそうですが。(^^)

それは年齢の変化、でもあるのでしょうか。もしそうだとすれば、年を重ねるのもいいものだなと思います。
by m_alchemia | 2007-09-30 20:47 | 日々の想い

明日は!

明日は極楽寺・稲村ガ崎のアートフェスティバルでフラメンコのライブがありまして、出かけてまいります。いつも仕事と重なって発表会などには出ないことが多いので本当に久しぶりです。生のカンテ(歌)やギターにあわせて踊るのでちょっとドキドキしていますが、楽しんでこようと思っております。

なんだかこのイベントが終わるまでは先のことが考えられないなぁという気持ちでいるのですけれど、気がついたらもうすぐ10月になりますね。

今日お越しくださったYさんが、「私はあんまり忙しいっていう言葉は使わないんですよ。忙しいって言うと、それだけで忙しい気持ちになっちゃうじゃないですか」とおっしゃっていました。

「その代わり、時間が経つのは早いなぁ・・とは思います。気がつくとあっという間に一日がたっていますね。」、だそうです。

「忙しい」というのと、「時間が経つのが早い」というのは同じようで随分違う印象があります。時間を大切にしたいと思います。

時間を大切にするということが、効率よくものごとをおこなうということにもなるでしょうし、あるいは一つのことをじっくりゆっくりと味わうということにもなるでしょう。

「忙しい」というのは「心を亡くす」ということですね。気をつけて過ごしたいものです。

さて、一つお知らせです。
現在やすらぎの部屋のタロット基礎クラスは日曜日と平日に開いておりますが、来年1月以降は平日クラスのみとさせていただくことになりました。

ですので、もし来年以降の週末クラスを予定されていらっしゃるという方は恐れ入りますが銀座のタロット大学へお越しいただくか、もしくは10月開催の日曜日クラスにお越しいただけましたらと思います。

どうぞご理解の程をよろしくお願いいたします。
by m_alchemia | 2007-09-28 23:15 | 日々の想い

知識の延長に知恵はない

昨日、タロット大学での第9期手品師コースが修了しました。お越しくださった皆さまお疲れ様でした。やすらぎの部屋でお目にかかった何人かの方ともご一緒でき、大変楽しく、また充実した時間を過ごさせていただきました。

ところでその初級コースの反省会の席にて。
「知識の積み重ねの延長線上に知恵はないってことを、もう一度みんな確認しておいてほしい」と言われました。
今回はその言葉が自分の中に重く響いております。

たくさんの興味あるものを学ぶのはいい。
けれども、手広くやっていたらいつかそれが一つになっていくと思っていたらそれは違います。
霊的なことを学ぶというのはいくらノートに書き込んだって、身につかないものです。
ノートに書かなきゃ忘れてしまうようなことは、結局その人にとって必要ないことなんですよ。

だからその場、その時間に意識を集中することだけを講師のあなたたちにも心がけていてほしい、と。

その場の空気の中だけでしか学べないものを学ぶためにここにいるのだから、あとで本を読み返せば理解できるようなものはあとから家に帰ってやりなさい。そして、そう言えるだけの人間になれと言われたのでした。

知恵は知識の積み重ねの上でなく、経験の積み重ねの上にあるものです。
丁寧な、基本的な経験の積み重ねをたゆまず行うこと以外に
知恵を得る方法はありません。

出来ないのなら、出来るようになるまでただそれを続けるだけのこと。
言い訳をせず、自分も他人も恨まず、
ただそれを続けることだということを、今回もまた言われて戻ってまいりました。

毎度毎度の厳しい、高い要求だなぁと思います。(^^;)

けれど、高い要求をしてくれるというのは
相手が自分をそれだけ信じ、期待してくれているということなのだと
前向きに受け取っていきたいと思います。

結局はその結果は自分に帰って来るものなのですから。
by m_alchemia | 2007-09-17 23:42 | 日々の想い

日々を楽しむ

久しく更新をしておりませんでしたが、
その間にフラワーエッセンスクラスとタロットクラスの平日クラスがスタートし、
そして子供の期末試験が終わって一段落をしているところです。

昨夜、パートナー(コオ)と話をしていて

楽しいことをするんじゃなくて、ものごとを楽しむんだよ

といわれて、ああそうか、と思いました。

分かっているつもりでも、いつのまにか勘違いをしてしまうということが
よくあります。

先日お越しくださったOさんが、
「友達から好きなことは仕事にしない方がいいよって言われたんですけれど、どうなんでしょうか?」と聞かれました。

これにはひとそれぞれ考え方があると思いますが
私は「どんなことにも楽しい部分と辛い部分があるのは当たり前。そのことさえ理解していれば好きなことを仕事にすることは素敵なことだと思いますよ。逆に好きだからこそ乗り越えられるということもたくさんあるでしょう」とお伝えしました。

人間関係でも好きな人の中にいやな面をみることも当たり前です。
ものごとにはすべて陰陽がありますから、好きなこと、好きな人とは嫌な側面のないことだと思い違いをしていると、葛藤がおきるように思います。

だから「楽しいことをやるのではなく、すべてのことを楽しむという姿勢で臨むこと」がとても大切なのだと思いました。楽しそうなことを探すのではなく、どうすれば今やっていることを楽しいと感じられるのか、その工夫と頭の切り替えに力を注ぎたいと思います。

私は今、自分の生活の見直しを図ろうと考えております。
いろいろとやってみたいこともあって手を広げすぎた部分を整理して、逆に日々のとりとめのない生活のシーンを楽しむ心をもう一度大切にしようと思っています。
今しばらく、剪定の日々です。
by m_alchemia | 2007-09-15 23:55 | 日々の想い

The Next One

チャップリンは「一番好きな自分の作品は何ですか?」という問いに対して

The next one (次のもの!)

と答えたと本に書いてありました。

今がだめというわけではないけれど、次はきっともっといいものができる。
だからあなたも楽しみにしていてください・・という意味も含んでいたのでしょうか。

北海道の旅行中はホテルのTVで世界陸上を見ていました。
一流のアスリートのアップにされた表情はなんて美しいのでしょう。
記録もさることながら、その美しさに惚れ惚れしてしまって、その点でも楽しんでTVをみておりました。

どうしてこんなに美しい表情なのだろう。
不安や緊張はあっても、自分のすべてを出し切ろうという矛盾なき思いがそこに表れているからかもしれません。

今あるものの、さらにその先を、真っ直ぐみつめる姿に感動しました。
来年のオリンピックがとても楽しみになりました。
by m_alchemia | 2007-09-03 20:47 | 日々の想い

夏の終わりに

d0011725_22332762.jpg
数日前はうっすらと秋の気配を感じていましたが、今朝は家を出た瞬間に秋のにおいを感じて夏の終わりを知りました。
季節の移り変わりの早い時期となりました。



本来なら2学期が始まっているときなのですが、9月1日が週末であったため、暦が変わったことに気づきませんでした。。。この2日間で心の中の夏の整理をしております。そして明日から、中学校も新学期が始まります。

夏の終わりに北海道へ旅行に行ってまいりました。今回は道東・・・知床~屈斜路湖~阿寒湖~釧路のルートで森林と湖と川と湿原と牧草地の旅でした。

ちょうど皆既月食を北海道で見ることができました。
私はその日が月食に当たることを知らず、たまたまドライブ中のラジオで知ったのです。美幌峠で満天の星空と満月を見上げてきました。そして残りの月食はホテルの露天風呂から見上げるという、なんとも贅沢な夜を過ごさせていただきました。

d0011725_22344759.jpg

私は旅行に行く前に、どんなに美しい景色でも同じようなものばかりを見ていたら飽きてしまうのではないかしら・・と思っていたのですけれど、実はそんな心配はまったくありませんでした。
そのことに自分自身が一番驚いています。シンプルな中にある豊かさというものを非常に感じさせられた4日間でした。日ごろの自分の生活を振り替えさせられるような時間であったと思っています。

星とともに嬉しかったことは釧路川をカヌーで下ったことでした。2年前に富良野の空知川をみたときに護岸工事をされていない川をゆっくりと下って見たいという思いがずっとあったのです。釧路川は非常に美しい川でした。また違う季節、違う時間帯にゆっくりと川をただよって見たいと思っています。

帰宅して翌日、体が非常に軽くなっていることに気づきました。
自然の力に癒されるということはこういうことを言うのでしょう、いい時間をいただけたことに心から感謝しております。
by m_alchemia | 2007-09-02 22:57 | 日々の想い