<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

夏本番

湘南は朝から夏らしい暑さになった。近くの小学校のプール解放で、元気な声が響いている。今朝は家の前を箒で掃くだけで汗まみれになった。

本当は爽やかな早朝に気分よく箒とちりとりを持って一日を始めればいうことがないのだろうが、もともと朝が苦手で(夜も苦手な)私にはそれは無理なようだ。目を覚ました時にはすごく高いところまで太陽が上がっている。

・ ・ ・ ・

昨日読んでいた本に「欠点は一生直らないから欠点なのだ」とあった。

そうか。直らないものは直らないんだ。(すごく納得)

であって、「欠点がないことを目指すのではなく、欠点があってもいい人(会社)だなぁと思ってもらえるようにすることの方が大切」と続きが書かれていた。

簡単に書いてあるがこちらは少し難しい。つまり、欠点があっても人に喜んでもらうことはできるのであって、たぶん小さなことでたくさん喜んでもらうことができたら、「この人は欠点だらけだけど一緒にいて心地よいなぁ」と思ってもらえるということかと思った。

結婚する前に実家にいた頃、今と変わらずにすごく寝ていたときに父に言われた。「お前はいいなぁ。いくらでも寝られて。そのうち年をとったら嫌でも目が覚めるようになるぞ」

本当に私でもそうなるのか?にわかには信じがたいが、とりあえず今は早起きの義母に対して「いつまでも寝ている嫁でごめんなさい」と心の中であやまりつつ、汗をかきながらばたばたと日中を過ごしている。
by m_alchemia | 2006-07-29 10:28 | 日々の想い

アロマクラフト

今日は新月。シルバーアーチのイベントにも出展してくださったアロマ・ディ・ブルージュの深井あゆみさんが開いている「アロマスタジオ・ラグーン」におじゃましてきました。毎新月・満月ごとに開催、今日はその初日でした。

スキンケアやボディケア、ハウスキーピングに使うグッズを好きな精油で自由に作ることができます。

私は今回迷いに迷って、美肌ローションと虫さされジェルと歯磨き粉を2種類つくりました。ローションにはローズのオイル、ジェルはレモンティーツリー、そして歯磨き粉はペパーミント&グレープフルーツ味とクローブ&オレンジ味です。

他にもリップクリームやクレンジングローション、バスソルト、消臭スプレー、おまじない香水などメニューはたくさん。(1つにつき700円~1000円)

初回に3150円を払えばあとは開催時間に自由に来て、自由に作って、質問して、皆で楽しんでというワクワクがいっぱいの空間でした。都合のつく新月、満月の時があったらまた参加しようと今からとても楽しみにしています。

アロマスタジオ・ラグーン

場所:藤沢産業センター6F(JR藤沢駅より徒歩5分) 
    ミーティングルーム1または2

日時:毎月の新月及び満月 13:00~16:00の時間内でいつでも(日によって時間帯が変わることもあります)

お問い合わせは アロマ ディ ブルージュ 0466-29-0096 まで
by m_alchemia | 2006-07-25 22:42 | 日々の想い

ビビアン

ビビアンが家に来て一週間。桂の友達が見に来たり、見せに行ったり、家のなかでも何かとビビアン中心にまわっていてそれはそれでなんだか楽しい一週間でした。

散歩は他の家族が積極的に行ってくれています。私はといえば随分まめに掃除をするようになりました。基本的に家の中の乱れが仕事にも現われるという気持ちが私には強くありますが、ビビアンが来てからの方が余程家の中が整っているように思います。これは完全にビビアンのおかげです。

明日は実家にお披露目に行く予定です。
父は桂に「犬はアカいやつがうまいんだぞ~。」ととんでもない冗談を相変わらずさらりと言ってのけ、けれども桂はそんな父を軽く鼻で笑って終わりにするあたり、ああ桂も大きくなったなぁとちょっぴり感動したりしています。
by m_alchemia | 2006-07-23 21:08 | 日々の想い

「今までは」

私は人と打ち解けるのに時間がかかるんですよね・・。
どうも一歩踏み出すのが大変で・・
初めのうちはいいのですが、いつもだんだんとやる気がなくなっちゃうんです・・・

人にはいろいろな「(いつも)こうなんです」というものがありますが、
私はお越しくださる方には「今まではそうだった」ということですね。とその都度表現の仕方を修正します。

これから自分を変えていきたいのだというときに「私はいつもこうなんです」という言葉はもったいないなぁと思うからです。

  私は人と打ち解けるのに時間がかかった、今までは。
  私は一歩を踏み出すのが大変だった、今までは。

過去がそうだったからといって、これからもそうであるとは限りませんし、そうである必要は全くありません。

だから「今までは」と文の終わりにつけましょう、とお伝えしています。

そして不思議なもので「今までは」とつけると、なんとなくこれからは変わっていきそうな気がしてくるものです。体からふっと力が抜けるような感じを持つ方も多いようです。

そんな時、言葉の力って大きいなぁと思うのです。
by m_alchemia | 2006-07-18 21:15 | 日々の想い

犬が来た♪

d0011725_7563873.jpg昨年から「今度犬を飼うことにしたんです」と話していた犬がようやく我が家に来ました。推定2歳のミニチュアダックスで名前をビビアンといいます。

犬を飼うならミニチュアダックスで、ペットショップではなく保護された犬の里親になるという線は彼(コオ)が堅く決めておりましたので、そういった経緯で今回ビビアンに出会いました。

待っている間、桂はミニチュアダックスのしつけ方を本で読んで勉強し、私と彼はサークルやリードなどを用意して楽しみにしていました。

ビビアンは吼えもせず、元気になじんでくれて嬉しい限りです。

今朝は早速、彼と桂と桂の友達が早朝から散歩に連れ出し、そのついでに畑の無人販売で枝豆ととうもろこしを買ってきてくれました。おいしそう~♪そちらもかなり嬉しいかぎりです。
by m_alchemia | 2006-07-17 08:11 | 日々の想い

ついてる日

産経新聞に掲載された朝の詩です。

      幸福磁石     

  時々 僕は磁石で
  道すがら そこら中の
  不幸をひきよせ
  くっつけて歩いているんじゃないかってくらい
  ついてない日がある

  時々僕は それでも
  僕のうしろを来る人が
  そのぶん幸福なら
  それでもいいんじゃないかって思う

・ ・ ・ ・

五日市 剛さんの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の小冊子をいただきました。困った時ほど「ありがとう」と「感謝します」を口にすること。最近、書店でも五日市さんの本がたくさん並んでいるようです。

詩にあるような心持ちでいたら困った時でも「ありがたいなぁ~」「ついてるなぁ~」と思えるかもしれないなんて、そんなことを考えました。今我が家でも少しずつ「ラッキ~!ついてる♪」という言葉が増えてきています。
by m_alchemia | 2006-07-12 21:33 | 日々の想い

なんということ!

今日は満月。メルマガ、フラワーヒーリング日記の配信日でした。

実は今回のメルマガは予定していた原稿と違うものを配信してしまったということを後から知って愕然としました。

そのことに気づいたのは「本日のメルマガを読んで感動しました」というありがたい感想をメールでいただいたときでした。何かがおかしいと思って確認をしましたところ、全く予定のなかった文章を送ってしまったことに気づき、横浜元町を一人で歩いていて一瞬あたりが真っ白になり、しばらく自分がどこを歩いているのかもわからないくらいでした。

7年もメルマガを配信していて、こんなことは初めてだ・・・・

どっと冷や汗が出て、心臓がバクバクして、ああ!どうしてこんなときに手元にフラワーエッセンスがないのだろう!!と思ったりもしました。

けれど、今日はそのメルマガに感想メールもたくさんいただきました。いつもはそんなにいただかないのに不思議です。きっと何か意味があってそうなったのだろうと思いました。いや、そう思うことにします。。

う~ん、さすがにちょっとへこみぎみ。。

本来の原稿は「イースターリリー」についてだったのです。ということで来月のメルマガは季節外れのユリの花のお話になります。
by m_alchemia | 2006-07-11 22:11 | 日々の想い

できること


これはできないけど
できることは全部しよう!
できることまで放棄しちゃダメだって。

私案外ものごとをあきらめてたんだなって気付かせてもらいました。

  ・・・

Mさんからいただいたメール。
出来ることまで放棄しない。ああ、全くその通りだなぁ、と。

Mさん、ありがとうございました。
by m_alchemia | 2006-07-10 19:31 | 日々の想い

見えない力に導かれて

新しいタロットクラスが本日より始まりました。遠いところから藤沢まで足を運んでいただき、心から感謝しております。

平塚の七夕祭りは今日まで行われていて、東海道線はなんとなく華やいだ空気が立ち込めていました。雨もなんとかもったようで、よかったなぁと思います。

その七夕の日に過去生リーディングとヒーリングを受けに出かけてきました。今生で私が解消しようとしているカルマのことと、社会の役割としての仕事について何かヒントをいただけるかしらと思ったためです。いくつかの過去生を教えていただきましたが、その中に目の不自由な女性がいました。

難産で生まれてきたために脳に障害が出て目が見えず、左足も不自由だったとのこと。

「ご両親が神様の天罰が下ったのかしらとショックを受けているわ・・・敬虔なクリスチャン・・ではないわね。何か別の宗教・・マリア信仰を熱心にしているようだわ。でもこの女の人は別に不幸だとは思っていなかったみたい。自分は皆に見えないものが見えているし、神様の声も聞こえているからって。とても霊感があったようね。お花も大好きだって。柔らかくて、いい香りがするって言っているわ。」

タロットの深い部分を流れているものにマリア信仰があること。そして私は花が大好きだけれど、ユリやバラやフリージアや水仙など香りがある花に特に惹かれること。自分の直観が冴えてくるにしたがって、左足が冷えて痛みを覚えるようになったことなど、私としては自分の女性性に問題があるのだろうか?と考えておりましたが、どうやらそうではないらしいことなど、いろいろなことに思い当たるようになりました。

この方は若くしてなくなった方のようでしたが、神様のもとに戻れることを喜んでいたようでした。今もその人が傍にいてタロットやフラワーエッセンスのセッションにかなりの力を貸してくれているようですよ、というお話だったのでなんだか強力なバックをいただいていることにとても安心したことと、ああこれからも真面目に謙虚に続けて行こうと心新たに決意しました。

もしかしたら、私にオーラやビジョンが見えない(色や姿などは「感じられる」のですが「みる」ことはできないのです・・・)のもこの霊感の強い女性が目が見えなかったからかなぁ、などと思ったりもしていろいろと大発見の刺激的な体験でした。

その他プライベートの問題についてもたくさんの「納得!」がありまして、今年の七夕は大きな節目となりました。

しかし、当然のことながらリーディングによって明確になったことは今後私が自分の力で試行錯誤をしながら解決の道を探らなければなりません。毎度のことですが守護天使たちは「どうすればうまくいくのか?」については「その方法は自分で考えてください」とあっさりとしたものです。(本当はそれが知りたいのよ~!と泣きついても天使は意に介せず、といった感じです。苦笑)

私もなんだか大きな「宿題」をもらったなぁという感じでおりますが、とにかく時間は限られているので誠意をもって取り組んでみたいと思っています。そのうち見るに見かねて助けてくれる時もあるでしょう、きっと。
by m_alchemia | 2006-07-09 21:44 | 日々の想い

いかに生きるか

先日産経新聞に掲載された投書です。少し長いですがそのまま書いてみます。

「母は難病で施設にお世話になっており、ケアスタッフに大変良くしてもらって、不自由ながらも前向きに生活しておりました。4月下旬に胃に穴を開ける手術のために入院しましたが、順調に回復していました。退院を前に容体が急変し、私たちが到着したときには心肺停止状態。前日にも話をしていたので信じられませんでした。

母を送る一連の行事を通じて驚いたのは施設のケアスタッフのおそらく全員が弔問に訪れ、泣いてくれたこと。告別式は若い男女で埋め尽くされ、席が足りなくなりました。来てくれた人たちから、母に相談事や愚痴を聞いてもらったりして助けられたと入所中のエピソードを聞きました。母の部屋はスタッフの癒しの部屋だったそうです。

寝たきりで頭すら自分の意思で向きを変えられなかった母ですが、若いスタッフの皆さんの‘おかあさん’だったのかもしれないと思いました。いかに生きるかを教えられた気がします。」

辛いこと、どうにもならないことも世の中にはたくさんあるけれど、だからといってそれが自分が幸せでない理由にはならないということなのでしょう。我が身に降りかかったものを嘆くことなく、人の幸せを願える自分でありたいと思いますし、そのように生ききったこの方のお母さまのような人に私も近づきたいなぁと思いました。

いいお話をいただけたことを感謝しています。
by m_alchemia | 2006-07-06 23:16 | 日々の想い