<   2005年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おかげさまで

本日38歳を迎えました。今日はパートナーである彼の父の命日でもあるので、結婚以来、自分の誕生日には必ずお墓参りに行きます。お墓の前で手を合わせるとき、自分がここに生かされていること、彼と息子の桂が元気でそばにいてくれること、たくさんの方に支えられて「やすらぎの部屋」を続けていかれること、あらゆることに対して感謝の気持ちがいっぱいにあふれ、とても幸せな気分になります。私にとって、この日のお墓参りは大好きな誕生日イベントになっています。「おかげさま」とは「神様、仏様、お陰様で目に見えないものの力のことをいう」と聞きました。私は例えば、自分のことをどなたかから褒めていただいたときなどに、「いえいえ、それほどでもありません」というよりも「はい、お陰様でありがとうございます」と答えるときの爽やかさがとても好きです。自分では気づかないたくさんの力によって自分が支えられていること。今日も、これから「おかげさまで」と墓参りをしてくる予定です。

これまで「フラワーエッセンスセラピー」としていた個人セッションを「タロット&フラワーヒーリング・ナビゲーション」と名称を変更いたしました。気持ちを新たにして、皆さまをお待ちしております。

本日より4月1日までやすらぎの部屋はお休みをいただきます。ブログも一緒にお休みをいたします。
by m_alchemia | 2005-03-28 08:12 | 日々の想い

菜の花につつまれて

新聞の一面に掲載されていた写真に引かれるようにして、浜離宮の菜の花を見てまいりました。薄曇りではあったけれども、本当に写真のままだわ・・、と思ったのもつかの間、そのむせ返るような春の香りに圧倒されました。その時まで菜の花が香る、ということに思い至らなかったのです。ああ、そうだった。確かに菜の花ってこんな香りだったわ・・と、子供の頃の記憶に懐かしさがこみあげてきました。決して、何か具体的な場面が思い出されるわけではないのですが、ただただ懐かしい。香りにはそんな感覚を引き起こす作用があるように思います。これからたくさんの花が咲き乱れ、たくさんの香りがさまざまな心の扉をたたいてくれることでしょう。菜の花の鮮やかな黄色が目に焼きついて、香りの余韻を残してくれています。

メールマガジンのスタイルを変えても、こういう形で個人の日々の軌跡を綴れることはやはり大変嬉しいことです。フラワーエッセンスのこと、タロットのこと、家族のこと、自分のことなどを少しずつ書いてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
by m_alchemia | 2005-03-25 22:16 | 日々の想い