「できるだけ」は、なし。

桂のテスト勉強のタイミングもあったのだが、
桂が家にいる時間にPCに向かうのをやめようと思ってチャレンジをしている。

これまでも家族が家にいるときは「できるだけ」PCに向かわない、としていたのだけれども、この「できるだけ」というものがなかなかの曲者で結局それは無理だということが分かったので、「できるだけやらない」ではなく単に「やらない」に切り替えたのだ。

そういうわけで、たった今もそろそろ桂が学校から帰ってくるはずと時計をにらみながらPCに向かっている。

最近こそテスト勉強のために塾を休んで桂はずっと家にいるのであわただしいが、塾に行っているときは10時過ぎまで帰ってこないし、私も寄り道をせずに家に帰ってくれば意外となんとかなるものだというのが取り組みはじめての実感である。(週末や私が終日仕事の時は、桂が朝起きてくる前ということにしています♪)

むしろPCに向かえないとなると、家事しかすることがなくなるので、家の中は片付くし、ご飯も丁寧に作るようになるし、仕事は短時間で処理できるようになるし、といいことずくめで、私も嬉しいし、家族も嬉しい。(^^)

どうしてこれが今までできなかったのだろう、というより、どうしてこれができるようになったのだろうと改めて振り返ってみる。

行き着いたところは「ブログを毎日かけるようになったから」だった。
たどり着いた自分が、へぇ~とビックリした。(^^;)

ブログを毎日苦もなくかけるようになったということが、どんなときでも短時間でPC作業を処理できるような回路を自分の中に作ったようだった。

多分、毎日ブログを書こう!ということを思い立って習慣づけることができなかったら、
この「子供が家にいるときはPC作業をしない」ということは、私にとってもっとハードルの高いものになっていたに違いないと思う。何が功を奏するか本当に分からないものだなぁと思う。

一つ一つの行動の習慣は、思いもよらないところで別の行動に影響を及ぼしているということを発見してちょっと嬉しいこの頃である。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪ 
by m_alchemia | 2009-06-17 15:22 | 日々の想い