ゆとりをもつということ

今週末はイシス学院の初級コースでした。
イシス版マルセイユタロットにカードが変更になったことをきっかけに
この4月より初級コースの内容もよりふさわしいものに変更して講義を行なっております。

その課程でこれまで1時間に4枚のカードを説明していたところを
同じ時間内で2枚ないし3枚のカードとじっくり向き合うこととなりました。

これまでは限られた時間内で如何に効率よく、無駄なく、かつカードのイメージをそこなわないように受講者の皆さまにお伝えするかという方向で努力をし、またそのことに慣れてきていたので、今日はこれまでとは違った思いで講義をしてまいりました。

結果的には今まで工夫をしなければできなかったことが、時間的ににゆとりをもてるということだけでカードを深く理解していただけることを実感した2日間でした。

時間にゆとりがあるというのは大事なことなんですね。
それは思っていた以上のものでした。
リーディングもより安定感のあるものになったように思います。

限られた時間の中で効率を求めるのか、
それとも思い切って項目を整理しながら、ゆとりをもってことにあたるのか。

これは今の私のひとつのテーマでもありますが
実感をともなった体験はひとつの方向性を見出してくれそうな気がしております。

楽しい充実した一日でした。(^^)


*本日もお読みいただきありがとうございました。天候が不順で風邪が流行っているようです。お気をつけてお過ごしくださいませ。
by m_alchemia | 2009-05-17 23:01 | 日々の想い