部屋も、記憶もクリーニングをする

連休中にオーストラリアン・ブッシュのフラワーエッセンスのディレクターであるイアン・ホワイト氏の講演会にいらした方、ホ・オポノポノのヒューレン博士の講演会にいらした方にお話を伺う機会があった。

どちらも医療関係者の方が多かったということと、特にヒューレン博士の講演会には男性が多かったと伺って時代が変化してきたことを実感する。

今日のクラスの参加者のお一人は蕁麻疹が出て、
向かった先の病院でやはりブッシュフラワーのムラムラを処方されたとお話くださった。
そういったお話もこのところ珍しさがなくなってきた感がある。

ところで、ヒューレン博士の「ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています」の4つの言葉によってとにかくクリーニングをしつづけることですべてが変わるというお話を改めて伺っていて思い出したことがある。

それはRishがもう何年も前から「きれいにすること」「クリアにすること」「掃除をすること」それ以外にする必要はないと言っていることだ。

これは私が何か新たに始めることがあるかどうか、何かするべきことがあるかどうかを尋ねたときに、必ずといって良いほど返ってくる答えなのだ。

「ひたすらクリーニングをすること。それ以外にすることは何もありません」というヒューレン博士の言葉を聞いて、Rishが言おうとしていたことがようやく分かってきた感じである。

いろいろなお話を聞かせてくださる皆様に心から感謝しています♪


*今日は満月。月がとても綺麗です。 
 月に一度、満月の日に「フラワーヒーリング日記」というメールマガジンを発行しております。クラスで取り上げられないテーマや、ブログで書ききれないことなどを思いつくままに書いております。
よろしければ、是非「やすらぎの部屋」トップページよりご登録をいただいた上、ご感想などいただけるとありがたく思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。(^^)
by m_alchemia | 2009-05-09 22:11 | 日々の想い