大人になる

中級クラスが今月からスタートする中で第一回目のテーマとしてとりあげたものが
「新しい習慣を身につける」であった。
これは昨年の初回も同じである。

この初回のクラスが始まった頃から、自分のために引くカードのメッセージは
「新しい習慣を身につけるときです」とか
「今の自分を脱ぎ捨てて新しい自分になるときです」などが続いている。

ふむふむ。。
つくづくクラスというものは半分はいらしてくださる参加者のため、そしてもう半分は自分のためだと思う。

この「習慣」といういうキーワードと前後して私の中に入ってきた言葉があった。
それは「大人として恥ずかしい行為をしてしまった」である。

草薙くんが会見の中で語ったことで新聞やTVでしばらく目にしたが、
私は何故だかこの言葉が自分のものとして響いてやまなかった。
自分が「大人として恥ずかしい行為」をしている、という感覚がずっとしていて、
それが何だろうとこのところ考えていた。

ふっと湧いた答え。それは「わがまま」だった。
思った瞬間、確かにこれはいい大人がすることではないな、と。反省。。

私は自分が我がままであることを薄々気づいていたが、
人から指摘されるととても嫌な気持ちになる。
もうそんな子供じみた我の通し方をやめなければいけないな、
とそんなふうに思ったら気持ちが落ち着いた。

クラスにいらしてくださる方がお一人タバコについてお話くださったことがある。

自分はもう1年ちかくもタバコを吸っていないけれども、いつも頭の隅にタバコのことがある。
だからいつまでも自分は禁煙者であって、非喫煙者になれないと。
いったいいつになったら自分はタバコから解放されるのだろう、非喫煙者になれるのだろうと。

私は我がままを一生懸命我慢してきたタイプだな、と思った。
だから傍目にはそれほど我がままをしているようには見えないかもしれないが、
どこかでいつも緊張している。
だから一日の終わりになるとどっと疲れがでるのかもしれない。
(彼(コオ)は私の睡眠のとり方は不自然だという。エネルギーを相当ロスしているとしか思えない・・と)

だからといって我慢をやめて我がままになりたいとは思わない。
それは禁煙者が我慢をやめて喫煙をするのと同じことになっていまう。

そうではなくて、非喫煙者の方、つまり我慢をしなくても
我がままにならいような「大人の」自分になりたいなと思ったのだ。

タバコのお話をしてくださった方は約一年後、禁煙者から非喫煙者になった。

そんな習慣をつけられるだろうか?
そうしたら倒れこむような睡眠の仕方からも解放されるだろうか・・・



*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-05-02 20:38 | 日々の想い