読み書きができるということは

今日は2回目の占星術の勉強の日。(^^)
月に1度なのでスローペースで進んでおりますが、内面を見つめる作業というのはヒーリング作用があるのが、何故かとても眠くなります。不思議。。。

夕方からはアジアに学校を建てる件で担当の方にお会いして話を伺いました。

ベトナム、ラオス、カンボジアというのは地理で習ったときから一緒くたになっていて
違いも分かりませんでしたが、その様子の違いなどを興味深く聴かせていただいております。

学校がないということも、字が読めたり書けたりしないということも
私には実感がなく、どういう感じなのかよく分かりませんし、1000人の村に10数人しか読み書きができる人がいないということが何を意味するのかもイメージがつかめません。

けれども読み書きというのは単に情報を伝え合うものではなくて、自分の思考を深めたり、想像性を働かせることにとても大きな役割を果たしているのだと伺ってなるほどと思いました。

抽象的な考え方をする。自分の将来についての可能性を広げていく。自分の思いを整理する。何かを創造していく。それらは文字を使うことによって成り立っているのだということを、担当スタッフの方も現地の人とのやり取りの中で感じ取ったというようなことをおっしゃっていました。

できれば寄付をするだけではなくて、実際にその場所に立ってみたいし、立ってそこでいろいろなことを感じ考えてみたいなぁというのが今の望みです。

今回5月10日のシルバーアーチより収益の一部をこの学校建設プロジェクトに当てさせていただくことになりました。皆様のご理解とご協力に心から感謝をしております。
by m_alchemia | 2009-04-30 20:40 | 日々の想い