毎日の中で目にするものが自分を創る

今日は義母が誕生日のお祝いにといって歌舞伎に招待してくれました。
結婚して自分の世界がいろいろと広がったと思う部分は多いのですけれども、
歌舞伎の面白さに出会わせていただいたのは義母のおかげです。

新しい歌舞伎座に建物が変わる前に是非もう一度と思っておりましたので、
とても嬉しく観て参りました。

歌舞伎の世界は無駄なものが一切なくて、
刀をもった立ち回りも、
亡くした子供の前で泣き崩れる場面も
どれも本当に美しさを大事にしていて、
何気ない所作ひとつひとつに気持ちが入っていることがよく伝わってきます。

綺麗なものを目にするとなんだか自分がその分綺麗になったような感じがします。

日常で目にするものがあなた自身を作ります、という言葉に
つい先日出会いましたが、こういう日はその意味がとてもよく分かるように思います。

自然界にはもちろんですが、
人の手が加わったものの中にも美しいものはたくさんありますね。
そんな綺麗なものに触れるための時間は時間効率とはまた別のもの。
工夫しながら多く取り入れていきたいな、と思います。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-04-17 20:45 | 日々の想い