人の期待に応えるということ

Rishの言う、人の期待にこたえる、について引き続き考えている。

他人に何かを強く期待したり、コントロールすることはすべきではないのだろうが
反対の立場になったら他人の期待や気持ちにめいいっぱい応えることには
努力したい、と思う。

何か矛盾するようだけれども、それはどちらも愛の表現であるという点で
一致している。

その際には結果が出せたらもちろん最高なのだけれども
期待にこたえられるかどうかが問題なのではなく
期待や気持ちにこたえようという思いが大切なのだろうと思うから。

愛に基づく行為といえばよいのか。

自分に特にやりたいことがなくて、気力も体力も時間も余っているのなら
愛の行為に使ってみてはどうですか?ということなのだろうと理解した。

私はパートナーの気持ちに応えて家の中でゆっくりすごしたいと思うし
(いつもバタバタしていて家の中が落ち着かないので・・^^;)
子供の気持ちに応えて、疲れた顔を見せずにいたい。

ビビアン(我が家のペット)の期待に応えてたまには遊んであげたいし、
植物の気持ちに応えて水をあげたり、話しかけたりしたい。
物たちはそれぞれをきちんと役割が果たせるように活用してあげたいし、
部屋は空気が淀まないようにとその声をきいて整えてあげたいと思う。

それらは確かに何をおいても自分がしたいことではないけれども
愛を表現するという意味ではなかなか素敵なことのように思うのだ。


*本日もお読みくださってありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-04-14 21:13 | 日々の想い