「凡人には天才にないものが見える」

「そこに真心がなければ、生きていてもつまらない」  つんく♂ 

・ ・ ・ ・ ・

かつてミリオンセラーになったシャランQの「シングルベッド」という歌をはじめて聴いたとき
この人は(見た目と違って・・)綺麗な歌詞を作る人だなぁ、と思ってそれ以来私の中で気になる一人になっているつんく♂。

昨年出版されたつんく♂「一番になる人」を読み終えた。
私が仕事を通じてずっと考えていたこと、試行錯誤をしながらそれを信じつつやってきたことが
そのままに書かれていて、結果私にとってはかなりの勇気をもらえた本となった。

うん、多分大丈夫だ。このまま頑張っていこう(^^)

プロとして仕事を立ち上げてしばらくしてから、必ず訪れる
「プロとしてこの先やっていけるのか」という不安。

それに対して彼はこう言い切っている。

「才能がなくなったのではありません。
最初から才能などなかったのです。
それを認めることでしか、次には進めないと僕は思っています。

才能はない。天啓といわれるものが降りてくることもない。それなら、いま現在自分がもっているものを総動員して仕事に立ち向かっていくしかありません。

才能はない。凡人である。
そう思ってきた僕は、だからこそ、音楽家として成功した人に一歩でも近づくために何をすればいいのだろうと必死で考えてきました」

私は自分がこのヒーリングと呼ばれる仕事をこれまで続けてこられたのは
自分が特別サイキックな能力を持ち合わせていない「凡人」の必死さだったろうとずっと思ってきた。

今でも、その意味では不安がゼロではないけれども、
やるしかないし、やれることはまだまだたくさんある、と
そんな風に思う毎日なのである。

ミリオンセラーを4枚出し、モーニング娘。のプロデューサーとして成功を収めた人の
言葉というのはなかなかに深い。


*本日もお読みくださってありがとうございます。
 家を出たら、どこからか沈丁花の香りがしてきました。花の香りが大好きなので
 それだけで幸せな気持ちになれたあたたかな一日に感謝。
by m_alchemia | 2009-03-07 19:37 | 日々の想い