花粉症とフラワーエッセンス

久しぶりにいいお天気となりました。
お日さまを拝めると体ごとなんだかほっとします。(^^)

このところ花粉症対策としてのフラワーエッセンスに関してのお問い合わせを
多くいただいております。

フラワーエッセンスは症状にあわせて処方をすることはなく
あくまでもご本人の全体のバランスを調整するために選びます。

ゆえに、自信がなくなったらラーチをあわただしい毎日にイライラしているようでしたら
インパチエンスを、というように使っていきます。

それを踏まえたうえで、ということになりますけれども
一般に花粉症に効果があるといわれ、なおかつこちらでお使いいただいて
実際に皆さまから効果の実感を伺っているエッセンスには以下のようなものがあります。

バッチのフラワーエッセンスより

・クラブアップル(浄化)
・ウォールナット(外側の環境に対して影響を受けにくくします)

FESより

・チャパラル(浄化)
・ヤロー、ピンクヤロー、ゴールデンヤロー(エネルギーの保護膜を強化します)
・デザートリリー(リサーチエッセンスです。もともと繊細であったり、
 アレルギー体質の傾向がある方にはあっているようです)

またクラスにご参加のHさんより、
『すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉』(ルイーズ・ヘイ著)の中では
・・花粉症で考えられる原因は、「精神的混乱」「時間的な不安」「被害妄想」「罪悪感」であると述べられていると教えていただきました。

時間に追い立てられるように生活をしていく状況が
花粉症の増加を引き起こしているのであれば
バッチのフラワーエッセンスであるインパチエンスやあるいはビーチなども
効果があるのではないかと感じております。
そして、まずは少しゆったりしたリズムの生活を心がけることも
大切かもしれませんね。

クラスやセッションではこれらのエッセンスからOリングを使って、
またメールやお電話でのご相談の場合はペンデュラムを使ってさらに絞り込んで
おりますが、これらのエッセンスのサポートを得て、心地よい春を満喫できることを
心から願っております。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
セッションはこちらにお越しいただくことを原則としておりますが、遠方であったり
諸事情によりこちらにお越しいただけない場合はお電話などのセッションをお受けしております。
どうぞお問い合わせくださいませ。
by m_alchemia | 2009-03-02 18:12 | 日々の想い