しあわせな始まりを♪

シルバーアーチが終わり、久しぶりにビジョンクエストのカードを引いたら、彼(コオ)も私も1のメディスン・マンでした。78枚もあるのに、不思議です。

けれどももっと不思議なことがあって、それは先月宮島の厳島神社でおみくじを引いたときにも、私も彼も1番だったということです。はじまりの1です。というか、やっと「始まり」にたどり着いたのだなぁという気持ちです。

もっともビジョンクエストのカードから受けたメッセージで印象に残っている部分は私と彼では違います。

私の方は「あらゆる事態をややこしくすることにふける癖をすてれば、新しい理解ができる」ということでした。

1らしく勇気をもって、進んでいきたいなぁと思っています。

話は変わりますが、昨日まったく別のルートで二人それぞれのPCで「しあわせ牛乳」をネット上で見ていました。これもホントにビックリです。

私が「しあわせ牛乳」にたどり着いたのは完全放牧を行っている酪農家の中洞さんのインタビュー記事が目に留まったからです。使っていない山で牛を放牧し、人間が手を加えられない草を食べさせ、365日の自然放牧、自然出産で牛を飼い始めた方ですけれども、

そのインタビュー記事のなかに
「酪農は工場を建設するために何億円もの投資をしなくてはならないという考えがあります。ところが、小規模な工場であれば、一千万円弱でも造ることができるんです。大規模農場のように百頭や二百頭もの牛を飼わなくとも、二頭や三頭の牛でもちゃんと経営がなりたつ仕組みがある。少ない頭数でも、健康な牛を育て、牛乳や乳製品を作って販売すれば、一人で経営しても、一千万円や二千万円の売上を上げられるんです」

と書いてありまして、そのことに驚いたのです。
私はもちろん農業には全く疎い人間ですが、それでも酪農には多額なお金が必要だという印象がありましたから。酪農に限らず、もしかしたら、この社会は当たり前のことを当たり前の規模で健康的に行っていけばゆとりをもって暮らしていけるように十分成り立つ社会なのではないかと、そんなことを思った次第です。

というわけで、検索してみた「しあわせ牛乳」でした。一度飲んでみたいなぁ・・と。(^^)

ちなみに彼の方はといいますと・・
シルバーアーチで完全菜食お弁当を販売してくださった方がおりまして、そのお弁当が本当においしかったので、その食材をあたっていて偶然にも「しあわせ牛乳」を見かけたようでした。

今年は「食」が大きなテーマの一年でした。
私は個人的にも2時間かけて夕食を作ることを、どこからか言われておりましたし・・・^^;
それは自分たちの生き方の土台が問われていて、もしかしたら視点の大転換を迫られているのかな、という気持ちでおります。
by m_alchemia | 2008-11-26 15:23 | 日々の想い