神の島、宮島

d0011725_2337421.jpg 中学校の秋休みを利用して、1泊2日で宮島へ行ってまいりました。晴天に恵まれて清々しい空気を堪能しました。 今回は厳島神社に行くことと同時に、弥山(みせん)の山頂へ上ることがメインの旅でした。そして牡蠣と広島風お好み焼きといろいろな味のもみじ饅頭を食べるというのが目的です。(^^)

d0011725_23374567.jpg紅葉谷はまだ色づくには早い季節でしたが、緑は美しく、何より空気が柔らかで、宮島が神の島と呼ばれているのが分かるように思います。

弥山は空海が開創してから山岳信仰の霊峰と言われて崇められてきた・・とガイドブックにあります。頂上付近に1200年間燃え続けているという霊火堂があり、真言密教の三大道場の一つと言われる弥山本堂があります。距離は短いけれどもかなりな急勾配で思いもかけず、いい運動になりました。

ロープウエーから下を覗いていると、たくさんの種類の植物が密集しているのが分かります。あらゆる形の葉がみえるのです。こんな小さな島に、どうしたらこれだけの種類の木が育つのか、それが不思議でなりませんでした。これは本当に驚くべきことです。

宮島は人口2000人、野生の鹿が400頭、そして野生の猿にもたくさん出会いました。神の島はすべてを優しく包み、守ってくれているかのようです。
by m_alchemia | 2008-10-16 00:01 | 日々の想い