愛あふれる人に

今日、十数年ぶりに高校時代の友人から電話をもらいました。卒業してからは1度しか顔をあわせておらず、年賀状だけの間柄になっていましたので本当に嬉しくて声を聞いているだけでワクワクしてきました。

その内容が「明日、2度目の成人式を皆でやろうという企画があるのだけれど、来られないかしらと思って・・・。」というものだったのです。

40歳ですから2度目。
ちょうど昨日、子供が10歳の時に2分の1成人式をしたことを思い出していたのですが、まさか自分自身が「成人式」を迎えているとは思いもよりませんでした。(笑)

私が嬉しかったのは友人の声が聞けたことももちろんそうだったのですけれど、なかなかつながらない我が家の電話にもめげず、イベントの前日になってもダメもとで連絡をくれたその友人の思いの方でした。

実際私は都合が悪くてその「ダブル成人式」には参加はできないのですが、そうとわかっていても私のことを気にかけてくれる人がいるのだということが本当に嬉しかったのです。

このことと似た気持ちをつい先日も感じていました。
やすらぎの部屋にお越しくださっているMさんから、「今月が誕生月だとはわかっているけれど、日にちが分からないので全然ちがっていたらごめんなさい」というようなメッセージつきで
グリーティングカードをいただきました。

この時も本当に心を動かされました。
私自身はこういうときにまず、「よくわからないから今回はいいわ♪」というようにして人間関係を希薄にしてきたように思うのですが、違っていても、ダメもとでもそれでもあなたのことを思っているという気持ちがこんなにもあたたかいものだということを、私はたくさんの方から教えていただいています。

2度目の成人式を迎えた私はもっともっとあたたかく、大きな愛を出し惜しみせずにいられるような人間になりたいと思っています。

本当にありがとうございました。
by m_alchemia | 2007-03-31 00:21 | 日々の想い