雨やどり

5月8日の新月の前後からとにかく眠かった。はじめはシルバーアーチのイベントの緊張と疲れかとも思っていたけれど、いろいろな人の日記やブログをみるにどうも皆で眠く、重たくなっていたらしい。ちなみに私は13時間寝続けた。

こういう時期がたまにある。私がそのことに気づいたのは数年前だが、地球自体のバイオリズムなのか、あるいは何らかのエネルギーシフトなのか、自分の状態とは関係なくそれは起こり、少なからずそれに左右される。こういうときにはただじっとしているのが最善の策だという結論に今のところ達している。

以前はそれができなかった。往生際が悪いというのか、なんとかして自分の状態をポジティブにもっていこうとあがいていた時期があった。けれどもこの眠気やだるさが私のせいで起こっているのではないと理解した時点でそれはやめた。

以前同じような状態の時にTVで、ボルネオのジャングルで雨宿りをするゴリラを見た。大きな葉の下でひたすら雨が上がるのを待つ姿はまるで私みたいだな、と思ったことがある。そうやって私は地球のバイオリズムの変わり目を待つのである。じっと待っていると「雨が上がる気配」」を感じる瞬間がある。これがまた結構嬉しい。

今回は彼と二人で塩が欲しくなり、キッチンで料理の合間に「おいしい」といっては塩を舐めた。私にしてはめずらしくFESのYESフォーミュラのスプレーにもお世話になった。これはかなり効果があり、手元にあったことに感謝している。もうだいぶその波は抜けてきたのではないかと思うが、こういう波の後というのはかなりエネルギーがクリアになっているように感じる。

ちなみにここに書いていることは私の感覚だけを前提にしていて他になんの根拠もない。しかし、経験上こういう波の後の時期は意識してことを起こせばさほどエネルギーを使わなくても結構ものごとがはかどる。

そろそろ雨が上がるだろう。雨上がりの景色はいつもより輪郭がはっきり見えるように思うのは気のせいだろうか。
by m_alchemia | 2005-05-12 21:24 | 日々の想い