冬の朝

何だかあわただしく日々を過ごしておりますが、仕事場に向かう最中に信号待ちをしておりましたら、なんて静かなんだろう!人も車も通らず、ただ鳥のさえずりとどこかで箒を掃く音以外はただただやわらかな陽射しの冬の休日の朝でした。

こんなに静まり返った世界で、私はなんてあわただしい気持ちでいるのだろう、そのことがとても不思議でした。信号が青になった瞬間、私はまた急いで自転車のペダルをこぎ始めたのですが、ああ実は本当はこんなおだやかな日だったことを私は気づかずにいたんだなぁと、何か大事なものの前を通り過ぎているような感じがしました。

あと少ししたら私はあの静けさのなかに戻るぞ!と強く思って今日も一日頑張った私です。(笑)
by m_alchemia | 2006-12-23 23:19 | 日々の想い