フィンドホーンの光

フィンドホーンの創設者の一人であるアイリーン・キャディーさんが先日12月13日に逝去されたと知りました。89歳とのことです。(訂正してくださったNさん、ありがとうございました!)

「フィンドホーンの花」を読んで一人の人間としての姿に感銘を受けた時のことが強烈に思い出されました。私が影響を受けた一人に間違いなくあげられる人物であるし、その著書「心の扉を開く」は私の大切な一冊になっています。

『「悪に抗うのではなく、善で克服せよ」という言葉を、生きる中で実践するのです。言うは易く、行なうは難しですが、これが行われ体現されない限り、すべての人類に平和と善意が訪れることはありません。・・・人類が、人生についてただ語るだけでなく、実際にいきることを学び、このすべらしい言葉が生命を持って毎日の生活に響きわたるようにすることを学ぶまで、それは存在し続けるでしょう。』  (「心の扉を開く」 アイリーン・キャディ 著)

心から御冥福をお祈り申し上げます。
by m_alchemia | 2006-12-18 21:06 | 日々の想い