パラシュート

 ・ ・ ・ ・

           あなたのパラシュートを詰めるのは誰?

アメリカの海軍兵だったチャールズはジェット・パイロットとしてベトナム戦争に参戦していた。優秀なパイロットだった彼は数々の作戦をこなしたが、75回目の出撃で敵の地対空ミサイルに撃墜された。そして堕ちていく中危機一髪、パラシュートで脱出に成功した。

しかし、敵地のど真ん中であったため、その場でつかまり、投獄されて苦しい6年を監獄で過ごすことになる。やがてベトナム戦争が終結してチャールズも無事に解放された。そして彼は自分の経験から学んだあることを講演して歩くことになった。

それはある日のこと。彼が妻と二人でレストランで食事をしていると、別のテーブルにいた男が彼のもとにやってきてこういった。
「あんたチャールズじゃないか!空母キティホークからジェット機で出撃して行っただろう。撃墜されたんじゃなかったのか?」

チャールズは驚いて、「いったい全体あんたは、なぜそんなことを知っているんだ?」

すると男は「あの時、おれがあんたのパラシュートを詰めたんだよ」

チャールズは深い驚きと感謝で思わず息をのんだ。
そして男は嬉しそうに言った。

「どうやらちゃんと開いたようだな」
「もちろんだ。もしあの時あんたのパラシュートが開かなかったら、私は今ここにこうしていられるはずがない!」

その夜チャールズは一睡もできなかった。あの男のことが頭から離れなかったのである。

彼は自分に問いかけていた。あの男は空母でどんな格好をしていたのだろうか。おそらく、ほかの水兵と同じように白い帽子を被り、背中に四角い背襟を付けて、ベルボトムのズボンを履いて・・・
同じ海軍とはいえ、あの男は一水兵で自分は間違いなくエリートパイロットだった。彼とも何度か顔を合わせていたに違いない。しかし、「おはよう」とか「元気か」と自分から声をかけたことが一度でもあっただろうか。
あるいは彼らの仕事に対して感謝の気持ちを伝えたことが、果たしてあっただろうか。

チャールズは今まで考えることすらなかった、ある光景を思い浮かべていた。何十人という水兵が、船底に近い作業場の長いテーブルに向かって、毎日何時間も黙々とパラシュートを折りたたみ、丁寧に詰めている姿を。

言葉を交わすことすらないパイロットたちの、しかし間違いなくその運命を左右する仕事を、彼らは黙々とやっていたのだ。

チャールズは言う。人は皆、気づかないうちに、誰かに様々なパラシュートを詰めてもらっている。物理的なパラシュートだけでなく、思いやりのパラシュート、情緒的なパラシュート、そして祈りのパラシュートも・・・

チャールズは思い返していた。堕ちていくジェット機の中で、必死の思いでパラシュートを開いたこと、そして投獄されてからの苦しい年月のあいだ、家族のことや友人たちのことを思うことによって。どれほど自分の心が勇気づけられたのかを。

「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間」より引用

 ・ ・ ・ ・

どうしてだか涙がこぼれてきました。
歯医者の待合室だったので、ちょっと困りましたが・・・
ちょっと長いけれども、そのまま引用させていただきました。
by m_alchemia | 2006-12-11 21:16 | 日々の想い