ほんわかこたつ

めっきり寒くなりました。鍋のおいしい季節です。(笑)
我が家にはリビングにこたつがあって、冬の間はそこに皆が集まって過ごしています。

話は変わりますが、伊勢神宮にお参りに行った翌日に札幌にお住まいの霊能者の方にお会いする機会をいただきました。

家族のこと、先祖のこと、仕事のこといろいろとアドバイスをいただきましたが、最後に「あなたの家ね、カーテンを取り替えた方がいいですよ。言っている意味は分かりますね」といわれました。

それはもう明確に分かっていて、というのも今かかっているカーテンは私たちが(彼の実家に)引っ越してくる前からずっとかかっているものだったからです。「カーテンを変えるとね、気分もとても変わるし目にもいいですよ~」

そういうわけで家のカーテンを取り替える作業にとりかかっています。仕事場のカーテンも含めて合計20枚の(!)買ってきた既成のカーテンの丈を直す作業を、先のこたつにすわって一枚一枚行っています。

そうやってひと針ごとに縫っていたら、あるとき彼(コオ)が「美保がそうしていると家の中がほっとする」といいました。

本当にそうなのだなぁと思います。家の中に女の人がいて、繕い物でもいい、もやしのひげ根とりでもいい、そういうことを家の中心でやっている空気というのは本当に家の中が落ち着くのだと思いました。

家の中をあたたかくするのは暖房器具だけではないのですね。
by m_alchemia | 2006-12-07 21:26 | 日々の想い