緊張感を心ゆくまで味わう

d0011725_20493047.jpg

 めったにない緊張感を味わうために
 一年間練習してきたんでしょう?





先週末に無事に定期演奏会を終えた。今回はパートトップとしてほんの少しだけれどソロもとらせていただいた。

本番が始まる直前の舞台袖で、70歳を過ぎているメンバーの方にすごく緊張していてうまく弾けるか分からないと弱音を吐いた。そうしたらその方は「皆多かれ少なかれ緊張していますよ。でもね、このめったに味わうことの出来ない緊張感を味わうために私たちは一年間頑張ってきたんでしょう?」といってくださった。

本当にその通りだなぁと思った。私は緊張からなんとかして逃れたい、緊張さえしていなければ・・・と、もがいていたけれど、(もちろんレスキューレメディーを何度も口に運んだりもした。)そうではないのだと。この緊張感を存分に味わわせてもらえばいいのだと。

だから間違っても良いから堂々とした音で演奏をしよう。きっと大丈夫だと思った直後に本番の時間を知らせる第2ブザーが鳴った。

結果的に今年は本当に悔いのない演奏会になったし、聴きにいらしてくださった300人ほどのお客様にも満足をしていただけたのではないかと思っている。

本当に感謝でいっぱいの演奏会だった。
by m_alchemia | 2006-10-24 21:06 | 日々の想い