痛!

朝、庭に水を撒き、神棚に添える榊を切ろうと手を伸ばした途端にビリビリと電気が走るような痛みが左手を襲った。あっ!と思ったときには遅く、綺麗な緑色をした虫に刺された後だった。

あまりにも痛みがひどかったため、ファイブフラワーを飲み、ファイブフラワークリームをつけ、そしてさらにハイペリカムのホメオパシー薬を飲んでタロット大学に向かう。

行った先でそのことを話すと「それはきっとオコゼよ。あれに刺されるとすっごく痛いのよね~」ということだった。

初めて聞く虫の名前だったが、オコゼというのはイラガの幼虫らしい。いろいろと調べてみると10センチくらいに赤く腫れて痛みがひどいのが数週間続くと書いてあった。

しかしフラワーエッセンスとホメオパシーのおかげか腫れはまったくなく、たまにチリチリと痛むだけですんでいる。こういう薬たちがそばにあって本当によかったと、今日はほっと胸をなでおろした。

オコゼに刺されたことは災難だったけれど、そのことでオコゼのことを知ることもできたし、榊には注意をすることも覚えたし、またフラワーエッセンスやホメオパシーの力も再認識できたという意味では、今日もまた非常にラッキーな、ひとつ勉強になった一日だった。
by m_alchemia | 2006-08-20 22:37 | 日々の想い