明日からまた

今日は今年前半の最後の日、夏越し大祓(なごしおおはらえ)の神事が行われる日でした。午前中に地元の鵠沼伏見稲荷へ半年間の感謝を込めて参拝にまいりましたが、今年は家族分の人形(ひとがた)も置いてきました。

夏越の大祓は半年間の穢れを祓い清めて一新し、明日からまた清らかで明るい心持ちで過ごしていくための行事です。

午後に「やすらぎの部屋」にいらしてくださったお客様のテーマもまさに同じで、「今日は今年前半の最後の日なので、明日からの後半をどのような心持ちで過ごしていけばいいのかをタロットで聞いてみたい」ということでした。

今年も半分が終わりました。年の最初に立てた目標をもう一度見直して、また気持ちを新たに生活を楽しんで参りたいと思っております。
by m_alchemia | 2006-06-30 22:13 | 日々の想い