思い込みをはずしたい

確かな事実と思われている「思い込み」はたくさんある。

「毎日コツコツと積み上げなければ成功しない」

「何事も成功するには時間がかかる」

「お金を稼ぐのは大変なことだ」

ある意味でライブドアの堀江氏などはこの「思い込み」をはずしてくれた人物として周囲に与えた影響は大きいのかもしれない。彼が違法行為を行ったという点にいたっては到底評価できるものではないし、その言動に関しては首をかしげる部分も多々あるけれど、大学生に行った最近のアンケートで尊敬する企業家の4位に堀江氏が入っていることをとってもそれは大きいことだったと感じている。(ちなみに1位は松下幸之助氏)そして、この「思い込み」にすがって生きる人々にとっては堀江氏のような存在はとうてい許しがたく感じられるだろうな、とも思う。これは私が堀江氏のような経済的成功を治めたいかどうかということとは全く別の次元の話だ。

「思い込み」の話に戻そう。

「人間は歳を重ねるごとに脳も体も衰え、そして醜くなる」

「人は常に世の中の役に立っていなければ価値がない」

「現代はとても生きにくい時代だ」

「戦争は決してなくならない」

この「思い込み」が築き上げるのは個人の健康だけでなく、集合無意識そのものだったりする。だからこそ、自分の「思い込み」をはずすということは世の中を幸せにするための立派な社会貢献だと私は思っているのである。
by m_alchemia | 2006-06-28 15:42 | 日々の想い