ちょっと寄り道、回り道

先日漢字検定の話を書いたが、おそらく私の場合は実学的でないものを吸収したいという気持ちが強くなっているのだろうと思う。

実学といっても私の場合の実学はたとえばフラワーエッセンスのこと、タロットのこと、心理学、精神科学、あるいは料理やお菓子作り・・・その他もろもろといったことだ。

実学的ではないものとは直接自分の日常に生かされるわけではなもの。古典を読むとか歴史を学ぶとか、そういったことだ。

今に始まったことではないが、自分の底が浅いなぁと感じることがよくある。時として自分の底の浅さが自分を不安に駆り立てることがある。その不安に対処するには2つの方法しかない。底を見ないようにするか、時間をかけてでも少しずつ底に深みを持たせる努力をするか、である。

最も私は小学生の桂よりははるかに年をとっているので、実践的な部分も一緒に学んでいかないとこの先の人生に間に合わなくなるのだけれど。(苦笑)

本当は子供たちも英会話やPCの操作などの実学的なことに慣れる学習ばかりでなく、人間としての底が深まるような学問を社会に出る前にたくさんできたらよいのになぁと思う。けれども今の世の中は時間がかかるものを好まない風潮があるので、ちょっとやってすぐに役立つものを大切にする。もちろんその「世の中」には私も入る。

そのようなわけで少し回り道をしてみたくなったのかもしれないと思っているのだ。
by m_alchemia | 2006-04-11 15:43 | 日々の想い