成長の季節

半袖一枚でこの冬を過ごしていた桂が熱を出した。モコモコとしっかり着込んでいた昨年とは打って変わって風邪ひとつひかずにここまで来ていたのだが。どうやら入塾テストを受けるために一週間必死で勉強した分、気が抜けたらしい。マラソン大会や音楽発表会などの緊張する場面が重なったこともあって、とにかくこういうストレスには薄着効果は効かないということがよく分かった。

結局学校を2日間休んだけれど、その間ベラドナなどのホメオパシー薬を使い病院にはいかずに元気になった。やれやれ、である。

私は約10年ぶりに(塾で教えていた時以来ということだが)真剣に子供にテスト勉強をさせてみた。問題を予想し、子供の性格を加味して1週間で何が出来るかを考え、手書きのプリントを毎日作り、決して怒らず、けれども適当にプレッシャーをかけるということをやった。

ああ、私はかつてこんな毎日を送っていたのだったなぁ。いや、昔はもっともっとキリキリして怖かったと思う。若さゆえ・・(苦笑)

やり出して感じたことは、子供の吸収力、そして成長力のすごさである。まず意識が変わるにともなって、顔つきがどんどん変わる。そして言葉の表情が変わる。これには本当に驚いた。

結果としてたった10日あまりで人間的に非常にたくましく成長した姿をそこに見た。私もくたくたになったので、まぁ本人が熱を出すのも無理はないか、という感じである。今だからこそできる成長のしかただなぁと思った。熱は勘弁したいものだが、ちょっとうらやましいなぁと思ったのである。
by m_alchemia | 2006-02-25 23:58 | 日々の想い