すべての中に宇宙(真理)はあるのだから

今年最後のタロット大学の初級コースがこの土日で終了しました。
毎回講義のためのアイデアで頭がいっぱいになるとどうもブログに文章をまとめることが難しくなるようで、更新が滞ってしまいまして、見に来てくださる方に申し訳なく思っていると同時に、心から感謝しております。

・ ・ ・

タロットの世界には地水火風の四大元素がちりばめられています。宇宙は地水火風の要素で成り立っているという考え方です。地=形のあるもの、水=感情・愛・心、火=エネルギー・燃焼・やる気、風=知性・論理というのが極めて大まかな分け方ですけれどもこれらのバランスがとれ、一つに統合されるということが私たちの目指すところといったらいいでしょうか。

たとえば「料理」の中も地水火風があります。材料(地)と心(水)と作るエネルギー(火)、そしてどうやって作るかという知性(風)の部分です。それらが一つでも十分になかったら本当に美味しいものは作れません。

そう考えると「料理」の中にも地水火風という宇宙があることが分かります。つまり「料理」を極めるということは宇宙の真理を知るということとつながってくるのです。

料理だけではありません。アクセサリーをつくること、歌をうたうこと、会社に勤めること、子供を育てること、フラワーエッセンスやタロットを学ぶこと、すべての中に地水火風があるのです。

自分が今やっていることが宇宙の真理とどのようにつながっているのか。それを地水火風という考え方を元に観察してみる。徹底的に観察し、どうすればバランスよく統合できるのかを考えれば自分がしている日常生活の中で魂の旅を続けることができます。

観察し、問いかける。その繰り返しだとタロットは語りかけてきます。それには簡単でお手ごろな合理性だけを追求した世の中からは少し距離を置かなければならないかもしれません。

私にとっては一つには如何に質の高いクラスやセッションをするか、そう問いかけ、観察し、実行し、観察し・・・それが真理を求める魂の旅そのものになっていくのです。
by m_alchemia | 2005-12-19 12:39 | 日々の想い