春になるまで

先日録画をしたハリーポッターを見ていてたら、校長のダンブルドアがハリーにたいして「人生は能力で決まるのではない。何を選択したかできまるのじゃよ。」と言っていた。

桂が横でバイオリンを弾いている。もう自然な光景になってしまったけれど、彼がバイオリンを習い始めたのは今年になってからのことで、去年の今頃には考えられなかったことだったなぁとふと思った。

今年、私は何を選択したのだったか。
このあと私は何を選択していくのだろう。

このところ周囲は精神的な意味での「冬ごもり」をしている人が多い。あたたかい春になるまでのしばらくの間、自分が本当に大切したいものを選択できるように気持ちの中を整理し、あたためている人が多いように感じているこのごろである。
by m_alchemia | 2005-12-10 21:38 | 日々の想い