奇跡のコース翻訳者・田中百合子さん講演会

d0011725_10211550.jpg

読書は私の人生の一部となっていますが、もし一冊だけ手元に残せるとしたら、あるいは今後一冊だけしか本を読むことができないとしたら、私は間違いなく「奇跡のコース」をあげると思います。

私にとっての「奇跡のコース」とは恐れを手放すためにあるものです。そして「奇跡のコース」には恐れとは何か、罪とは何か、ゆるしとは何か、奇跡とは何か、人生の唯一の目的とは何かということが明確に書かれています。

そして「奇跡のコース」という本は「読む」ものではなく「生きる」ものです。ですから、私がそのように生きられるようになるまでは、忘れないように傍に置いておきたいと思うのです。

私とパートナー(コオ)がこの奇跡のコースを読むことができたのは田中百合子さんの翻訳版があったからでした。現在はいつくかの翻訳本が出ていますが、やすらぎの部屋のクラスでは現在も田中百合子さんの翻訳版(書籍として販売されておりませんが)を使っています。

7月20日(月・祝)にその田中百合子さんを広島からお招きして講演会を開催いたします。百合子さんの講演会を主催させていただくのは4年ぶり2回目となります。田中百合子さんにお会いすると「奇跡のコース」を生きるとはこういうことなのだな、ということが感覚的にわかります。本当に素敵な方です。一人でも多くの方に会っていただけたらと思いまして、今回また主催をさせていただきました。

これから「奇跡のコース」に触れるという方にも是非いらしていただけたらと思います。会場で皆さまとご一緒に百合子さんのお話を聞かせていただくことを楽しみにしております。

奇跡のコース翻訳者・田中百合子さん講演会の詳細はこちらをクリックしてください。
by m_alchemia | 2015-06-21 10:14 | 日々の想い