マグリット展

d0011725_2148555.jpg

昨日ですが、半年前から楽しみにしていたマグリット展を見に行きました。ルーヴル美術館展は6月1日までとあって、入場者が多かったですが、マグリット展は比較的ゆったりとしており、ソファーに座って絵画を眺めることが可能なほどでした。

マグリットを知ったのは中学1年の美術の教科書でしたが(ポスターの絵)、その実物をこうして眺める日がくるとは、あの時は考えもしなかったなぁと絵の前に立って不思議な思いに捉われました。

ルーヴルの方はフェルメールの「天文学者」が初来日とあって、人だかりができていました。やはり美しい絵です。先月NYに行った際、メトロポリタン美術館にてフェルメールの5つの作品が展示されていましたが、それらをゆっくり堪能してこられたのはつくづく幸せなことだったと思っています。
by m_alchemia | 2015-05-26 22:05 | 日々の想い