自分が見ているもの

d0011725_1994732.jpg

手元がよく見えないと自分の字が雑になります。私はフラワーエッセンスの郵送のご依頼を受けたときに必ず手書きの手紙を同封するのですけれど、その字が綺麗に書けていないと感じたことも眼鏡を作り変えたいと思った理由の一つでした。

人が年老いてくると、部屋の中がなんとなく汚れた感じになることがあるのは、目がよく見えなくなるからということもあるのだろうと思います。小さな汚れに気がつかない。うっすらと埃が積もっていても気にならなくなる。ものを見るのが面倒になって、いろいろなことが少しずついい加減になっていくのかもしれません。

母から、掃除をするときにはきちんと眼鏡をかけなさい。そうしないと埃や汚れがよく見えないからと言われたことがあります。そんな大げさな、と以前は思っていたのですけれど、今は実感できます。気をつけたいところです。

眼鏡をかけると、自分が思っていた世界と事実は若干違うということがよく分かります。世の中や他人の心に関しても同じように自分が考えているものと事実は違うということがきっとあるのでしょう。適当に見て、適当に考えるということのないようにしたいと思っています。
by m_alchemia | 2015-05-24 19:20 | 日々の想い