とても快適になりました。

d0011725_18524184.jpg

私は近視と乱視と老眼が少しずつあって、普段は眼鏡もコンタクトもしていないのですが、目が疲れてくると近くの字が読みにくくなります。それでPCの作業をするときに乱視用の眼鏡の上からさらに老眼鏡をかけるという、我ながら素晴らしいワザに出ていたのですが(^^;)、いくらなんでもその格好は酷すぎると思い、眼鏡を新しく作り直しました。眼鏡の上半分をPCに合わせ、下半分を手元に合わせてあります。そのおかげでとても楽になりました。

眼鏡を作り変えようと思ったきっかけは、ものを見て判断するというのは目そのものではなく脳が行っていて、よく見えないとそれだけ脳を酷使することになると聞いたからでした。きちんとピントが合うだけで脳に余裕が生まれ、その余裕を他のことに使えるようになり、それで体の免疫力が上がったり、思考が明晰になったりするそうです。

自分の頭はただでさえ働きがよいわけではないので、ものを見るのに苦労していると余計に脳のワークスペースが減るように思えて、それだったら快適にものを見えるようにして、もっとクリエイティブな方向に頭を使えるようになりたいなぁと思ったのです。その思惑通りにうまくいくかは分かりませんが、ストレスが減ったのは嬉しいことです。
by m_alchemia | 2015-05-23 18:56 | 日々の想い