気がつけば読書の秋

d0011725_19251150.jpgもうとっくに花は終わってしまったのですが、満開の時に咲いていた金木犀の花です。ブログにアップするのを一日延ばしにしているうちに、時期が過ぎてしまいました。

今、図書館から「タリズマン」の上下巻、「エジプト神話の図像学」といった本が届いています。タリズマンは「神々の指紋」を書いたグラハム・ハンコックとロバート・ボーヴァルの共著で、中世ヨーロッパのカタリ派、フリーメーソン、薔薇十字といったグノーシスの系譜をたどった本です。

もう一冊は上野のエジプト展で見かけた書物で、古代エジプトに関する自分の知識を少し整理したくて図書館にリクエストしていた本でした。

どちらも私にとってはじっくりと腰を据えて読みたいと思って前々からリクエストをしていたのですが、こういう本に限って重なって手元に届くのですね~。(苦笑)

たまには学生のように勉強モードで本と向き合ってみるのも錆ついた頭には必要だと言い聞かせながら、けれども楽しくページをめくっております。
by m_alchemia | 2005-10-26 19:44 | 日々の想い