祝福される愚かな者でありたい

d0011725_859462.jpg


考え過ぎて気持ちが落ち込んだときの私のやり方の一つに書店の自己啓発系の棚の前に立つというものがあります。時としてシンプルで前向きな言葉が役に立つことが多くあるからです。最近は立ち読みで済ませることが多いのですが、新刊がいくつが出ており、数冊を買って帰りました。今回、私を励ましてくれた言葉は以下の「フランシスコ会の祝福の言葉」でした。大事に心にしまっておきたいと思います。

   ・ ・ ・ ・ 

 安易な答え、半分だけの真実、うわべだけの人間関係を不快に思う者に祝福あれ
 心を深く掘り下げて生きていけるように。

 不正、弾圧、搾取に怒れる者に祝福あれ
 正義、自由、平和のために働けるように。

 苦痛、排除、飢餓、戦争に苦しむ人を見て涙する者に祝福あれ
 慰めの手を差しのべ、彼らの苦痛を喜びに変えられるように。

 この世を変えられると信じるほど愚かな者に祝福あれ
 他人から無理だと言われることを成しとげることができるように。
by m_alchemia | 2014-03-28 09:07 | 日々の想い