掛け値なしの世界

d0011725_20305929.jpg今日はマンドリンアンサンブルの一日練習でした。朝から夕方まで昼食を挟んで引き続け、おしりと手首と指が痛くてくたくたです。

くたくただけれど、掛け値なしの楽しさがそこにはあって、うまく弾けないことのもどかしさやうまくいったときの嬉しさが自分の中から素直に湧いてきて、頭は完全にそこだけの世界になります。そういう世界を自分がもっていることを非常にありがたいことと思っていますし、大切にしたいと常々思っています。

ギターも不思議なもので、こちらが真剣になればなるほど、心を入れれば入れるほど音がなるようになります。その意味ではまだまだ今年はギターが鳴ってくれないのですね。

練習をつまないと本当の意味で自由になれない。自分の体が自分の思うとおりに繊細な部分まで表現できるようになるためにはやはり忍耐と努力以外にはないと感じます。とはいうものの、来月の定期演奏会までに間に合うんだろうか・・。あとはひたすらギターを抱えて練習するのみです。

写真は八ヶ岳の友人宅の庭で撮ったススキです。湘南でもあっというまに季節は変わっていくことでしょう。のんびりムードに活を入れられた本日の練習でした。
by m_alchemia | 2005-09-03 20:52 | 日々の想い